1. HOME
  2. ECサイト運営「事例研究」
  3. みんなが積極的に活動し、働き甲斐のある会社を作る「Re:Bornプロジェクト」

ECサイト運営「事例研究」

ネットショップ運営に役立つ取組み事例をご紹介

みんなが積極的に活動し、働き甲斐のある会社を作る「Re:Bornプロジェクト」

今、私たちイメージデザインでは
「Re:Bornプロジェクト」
というものを進めています。

イメージデザイン Re:bornプロジェクト

みんなが積極的に活動し、働き甲斐がある会社を作るためのRe:Bornプロジェクト

理由は、
「初めての新卒社員を仲間にしたこと」と
「会社としてお客様に価値を提供していきたい」

いう思いが大きなきっかけになっている。

思い出すのは、
2019年卒_内定者コミュニケーション研修
昨年10月、初めての内定者研修を
行った後の懇親会。

新卒の2人が
期待感あふれるキラキラした目をしてる。
「この目の輝きを曇らせてはいけない」

「もっと、良い会社にしていかないと」
って、スタッフ全員で想った。

お客様にとって、
スタッフにとって、
パートナー様にとって
絶対的によくなるため
会社を抜本的に変える。

今ある課題にスタッフ全員で取り組み
行動を変えて、課題を解決する。

ということを目的とした
今年一番の大きなプロジェクトを
立ち上げることになりました。

イメージデザインは
創業して15年経ちますが
改善しなければならない課題は
まだまだあります。

ここ3年間、
私は相当量の勉強をしてきました。
すると、社内で解決しなければならない
課題がどんどん見えてきます。

一番大切なことは「会社の軸を作ること」

色々考えた結果、
まず一番に手を付けていくことは
「会社の軸をつくること」に決めました。

会社の軸を作ることで

スタッフ全員の
モチベーションの最大化

日々、仕事の中で行う
意思決定の速度と
意思決定のクオリティーを
圧倒的に上げること
出来るようになるのでは?

と、考えたのです。

私の大好きな言葉「人はそもそも善良である」

イスラエルの物理学者
エリアフ・ゴールドラット博士の名言。

会社説明会でも
よくお話ししている内容ですが、

そもそも、会社のお荷物になる為に

給料だけもらえてたら、
仕事の成果が出てるか出てないか?
なんてどうでもいいよね??

なんて思いながら、
一生懸命、就活しないよね。

自分が働く会社が成長する為に
自分も一緒に成長する為に

一生懸命頑張りたい。

たくさんお客様に感謝し、
たくさんお客様からも感謝されたい。

「仕事のやりがい」
ってそんなものじゃない?

まぁ、全員が「うんうん」って
うなずいてくれてます。

人がやりがいを感じるために必要な3つのこと

ゴールを目指し「一生懸命」になる。
目的を達成し「自分の成長」を感じる
そして「感謝」される。

この3つの要素が必要と考えている。

だから、
チームメンバーがやりがいを感じる仕事をするためには

経営理念と
ビジョン(目的・ゴール)、
ミッション(成功基準)

が必要と考えています。

メンバー一人一人が
理念、ビジョン、ミッションを理解し、
理念、ビジョン、ミッションに共感していたら、
圧倒的なパワーが生まれると考えています。

個性がプラスに作用する為には「共通言語」が必要

人が集まると必ずモヤモヤが発生します。
それは「価値観」が違うから

同じ言葉を聞いても、
同じ言葉を使っていても

人によって、全く捉え方が違う。
言葉の定義が全く違ってるんです。

それが個性です。

だからこそ、
言葉をの価値観をそろえるため
しっかり定義した共通言語が必要です。

これが「行動指針」

この行動が正しいか否かは、
行動指針に沿っているかどうか?

全員が判断が出来れば、
意思決定速度は圧倒的に上がります。

また、もやもやした
コミュニケーションストレスも
圧倒的に軽減される。

メンバー全員で自らが共感する共通言語でクレドを策定する

クレドとは
「信条」「志」「約束」を意味するラテン語で、
企業活動のより所となる「価値観」「行動規範」を
簡潔に表現したものです

この時にも書いたように、
きれいなメッセージを残しても仕方がない。
メンバー全員に浸透し、
イメージデザインブランドの柱に
なることが目的としてある。

だから、
「私は出来る限り口出ししない」
ということを決めている。
メンバー全員で考え、コミュニケーションを交わし
全員が納得できるクレドを作っていこうとしている。
クレド策定研修風景

弊社スタッフが書いた記事がこちら

完成は今月末。
クレドカードが出来たら、
また、お配りさせていただきます。

ここまで来るまでにも、
価値観の違いで色々問題もありましたが、
本気で向き合い、伝えていくことで、
すごく前進している気がします。

そうすると、不思議なことに
お客様からのお問い合わせも格段に増え、
ありがたい毎日を過ごしています。

新生イメージデザインの完成は年末。

ワクワクしかしません。
メンバーが前向きにチームを作っていこうと
してくれている姿を見てることで
近い将来、たくさんのお客様が
イメージデザインをもっと必要としてくれている
そんな妄想をしながら、
私は仕事のやりがいを感じています。

ネットショップの黒字化を支援する
イメージデザインの田中でした。
本日も一日、よろしくお願いします。

最近のお役立ちネットショップ運営事例