1. HOME
  2. ECサイト運営「事例研究」
  3. 私の経営を変えるきっかけになった2つの会社のすごい人

ECサイト運営「事例研究」

ネットショップ運営に役立つ取組み事例をご紹介

私の経営を変えるきっかけになった2つの会社のすごい人

こんばんわ!
昨日、2日間で5年間の経営を体験する研修を
終えてきました。

イマリMG_優秀経営者賞

最終的に自己資本676で
優秀経営者賞を獲得。

研修主催者である、
株式会社イマリの久保さんは
1年9か月ぶりのMG研修ですが、
最後は、圧倒的パワーを出して、
自己資本840で最優秀経営者賞。

さすが「やっぱり強い!」

何が強いかって、
4年目にして理由がわかりました。

株式会社イマリの久保さんの強みはココにあった!?

「市場を自分のもの」にする
圧倒的な場づくり能力がすごすぎる。

市場を自分のものにする
ココというタイミングを知っている。
そのタイミングで絶対に他に負けない。
会社になっている。

その市場を動かす経営者になっている。

自分のやることに自信があるからなのか?
少々のことでは、揺るがない。

最後には必ず、周りを圧倒し、
しっかり結果を残す。

この市場を自分のものに変えてしまう。
圧倒的なパワーこそが、
「久保さんの強み」なんだろう!って
感じる結果でした。

株式会社イマリ_久保雅也

そんな久保さんの会社も大きく改装されていました。

株式会社イマリ

株式会社イマリ WEBサイト

MGの師匠、四ケ所さんに教えてもらった学びとは?

このMG研修ですが、
私も学び始めて早4年。

もちろん、この研修のすごさに気付いた
私もインストラクター免許を持っている。

今は、公開研修ではなく、
社内スタッフと内定者、採用インターンの方対象に
毎月1回~2回研修を開催しています。

私のMGの師匠は、
株式会社NICEONの四ケ所さん。
初MGも、100期を迎えたときも
200期を迎えたときも四ケ所さんに
インストしてもらっていました。

四ケ所さんには、
会社が変わるきっかけをいただきました。

株式会社NICEON

一番刺激が強かったのは、
経営計画の作り方。

Gain(利益)+F(固定費)を決めて、
目標とするMQ(売上総利益)を出す。
Price(単価)-Variable cost(原価)を決めて、
Margin(粗利)を出す。
MQ(売上総利益)÷Margin(粗利)で
Quantity(販売数量)を導く。

PQ(売上)=Price(販売単価)×Quantity(販売数量)
VQ(売上原価)=Variable cost(仕入原価)×Quantity(販売数量)
MQ(売上総利益)=Margin(粗利)×Quantity(販売数量)

で数字を出すということ。

実際の会社では、
商品が複数ありますから、
こんなに単純ではないと思いますが
これが経営計画を立て方の基本です。

お客様のために、社会のために「やらなきゃならないことがある」だから利益を出す。

お客様のために、社会のために
やらなきゃならないことがある。
その投資を行うために、
利益(G)を出す必要がある。

事業を成長させるために、
お客様がさらに満足いただけるために、
スタッフが働きやすい環境を作る為に
必要なコスト(F)がある。

そこから、考えて経営計画を立てる。
ということが新鮮すぎて、
目からウロコの体験をした。

今まで、経営計画を立てた経験は
もちろんあったのですが、
この考え方にとてつもない衝撃を受けたのです。

企業の未来をイメージする。B/S経営計画は、僕が正しくやりたかったこと

もう一つ教えていただいたことがあります。
それは、

B/S(貸借対照表)経営計画。

未来のB/S(貸借対照表)をイメージして
経営計画を立てる。ということです。

これが、また目からウロコで、
本当に経営に関して、自分はなにもわかってない。

そんな自分が独立して、事業を立上げ、
「勘と経験と度胸」だけで一生懸命走ってきた。

ただ、今までたくさんの方に
「申し訳ない」って伝えたいと感じた。

一緒に働いたスタッフ。
業績は伸ばせてはいるが、
思っているほど結果が出てなかったと
言っていたお客様。

本当に、何もわかってなかった
「自分の無知さを痛感した」

経営理念「企業の未来をイメージして、企業の成長軌跡をデザインする」

これが、わたしがやらなければならないことです。

経営計画とは、先にも書いたように
売上、原価、固定費と利益の計画を立て
P/L(損益計算書)を作ること。

そんなことだと思っていたが、
そもそも、それだけではないんだ。

5年後の自社のビジョンは、

どんな仕事している。
どのようなサービスを
お客様に提供している。

その会社を実現するには、どれだけの資産が必要。
ということは、どれだけの資本がなければならない。

それは、自己資本で賄えることが出来るのか??
もし出来ないのであれば借入を行う計画
立てなければならない。

ってことを、
数値で見えるようにすることが大切。

その資本計画と資産計画を実現する為に
今期どこまで成長するのか??を
P/L経営計画を立ててわかりやすくする。

これが本当の経営計画なんだ。

ってことを教えてもらいました。

やらなきゃ始まらない。それがRe:Bornプロジェクト

私が大切にしていること。
それは、まず実践。

今、会社では
Re:bornプロジェクトを
進めています。

私が設定している、
Re:bornプロジェクトのゴールは

未来のイメージデザインをイメージして
スタッフ全員で経営計画を作り
それをみんなで発表する場を作り
1年間、自分たちのイメージした未来を
実現する為に前に進む。

来年度の経営計画をみんなで作る。
それをみんなで実践する。

楽しみでしかないです。

今日も一日お疲れ様でした。

最近のお役立ちネットショップ運営事例