1. HOME
  2. ECサイト運営「事例研究」
  3. お客様訪問記ーエリカ健康道場様から学ぶ「ネットショップの接客はここが大切」

ECサイト運営「事例研究」

ネットショップ運営に役立つ取組み事例をご紹介

お客様訪問記ーエリカ健康道場様から学ぶ「ネットショップの接客はここが大切」

こんばんわ!
新プロジェクトの定期MTGのため
エリカ健康道場さんを訪問してきました。

エリカ健康道場─酵素ドリンク「優光泉」を使った健康法を提案

エリカ健康道場_外観─酵素ドリンク「優光泉」を使った健康法を提案

エリカ健康道場_社内

エリカ健康道場_社内─酵素ドリンク「優光泉」を使った健康法を提案

エリカ健康道場は、
1988年から佐賀県。今は、千葉県で
酵素風呂のある断食道場を運営しております。

ご自宅でも安心・安全なファスティングに
取り組んでいただけることを願い、
30年以上も前に優光泉酵素を開発し販売。

今では、毎月1万人以上のお客様に
優光泉酵素はご愛飲頂いており、
これからより多くの方々に
「安心安全なファスティング」を
知っていただき、たくさんの人が
「より美しく、より健康的に、
イキイキとした毎日を過ごせる世界を
つくりたい」と考えておられる企業です。

エリカ健康道場 北島昭博社長の学生時代。ニックネームは「エリカ」

北島昭博社長-エリカ健康道場

北島昭博さんー楽天新春カンファレンス2018で楽々通販2ブースにて撮影

社長の北島昭博さんは、
学生時代のあだ名は「エリカ」

見ての通り女性ではないですよ。(笑)
幼馴染からは大学にいっても
「エリカ」と呼ばれていたとのこと。

大学時代、北島社長の友人と電話していたら、
彼女から疑われ、電話を替わったことが多々
というエピソードを持っていた。

そんな北島社長の「エリカ」というあだ名。
それは父親が経営していた
エリカ園芸という花屋の名前からきたもの。

そもそもエリカは女性の名前でもなく
お花の名称のようです。

エリカーツツジ科の植物の属のひとつ。

エリカは、一つの枝にびっしりとたくさんの花を咲かせます。『当道場に携わる人々がエリカの花のように1つになって、お客様に満足を提供していきたい』そうした想いから、「エリカ健康道場」と名を継承いたしました。

「女の子の名前みたいと
いじめられてたんですか?」って聞くと、

「毎日ずっと、土ばかり一生懸命触っている
父親を尊敬していたし、誇りに思っていたから」
「嫌だとかは一切思わなかったですよ」とのこと。

父親が開発した酵素も若い時から
今でもずっと飲み続けている。

食生活も基本的に1日1食。

その頃から、
自分は将来、父の後を継いだ商売を
すると決めていたみたいです。

色々とお話をしていると、
こんな話も出てきました。

やっぱり私は商売人でした。卒業式で同級生や後輩から大量のお花の注文を獲得。

高校2年生の卒業式。
自宅が花屋だったということで
お祝いの花の注文を数件とることが
出来たとのこと。

そこで、調子に乗った北島社長は、
自らが卒業する高校3年生の卒業式。

同級生や後輩からお花の注文をとりまくり、
30万円近くの売上げを作ってたとのこと。

「やっぱり商売人の血を引いてるんですよ」
と、笑いながら話していました。

自宅で手軽にファスティングを体験していただきたい。そんな思いでインターネットショップを始めました

2008年、楽天市場で
「断食道場SHOP」を立ち上げた時の
思い出話や苦労話も色々聞きましたが、

優光泉といえば、
定期購入のお客様が全国に10000人超える
沢山の方にご愛飲頂いている商品。

今は、サブスクリプションの時代で、
今でこそ当たり前となった定期購入ですが、
ネットショップ開業当時は
大変だったのではないですか?
という質問に、北島社長は

「絶対にこれはいける!」と信じてました。
「これしかない」とも思いましたので、
当時は本当に貧乏で大変でしたが、

断食道場SHOP-本店

エリカ健康道場が運営する、完全無添加 断食酵素ドリンク 優光泉(ゆうこうせん)公式販売サイト|断食道場SHOP

自社ECサイトに会員ランクと定期購入機能を実装し、
本格的な定期購入販売活動に取り組んでいました。

ネットショップの基本は「売上の方程式」売上=アクセス人数×転換率×客単価

私は、WEB制作をしていたからこそ
本当によく感じていた。

集客は本当に大切です。
ただ、受け口であるサイトが
ちゃんとできているか否かで
集客コストが全く変わる事例を
本当にたくさん見てきました。

アクセス人数獲得(集客)には、
広告、検索対策、SNS発信他
たくさんの方法があるが、
残念ながら、
お金がかからないプロモーションはほとんどない。

要するにアクセス人数(集客)というものは、
かける予算を増大させれば、
比例して増やすことが出来る。
といってもあらかじめ間違いではないだろう。

ただ、商品を買いたくなるページ
(転換率が高いページ)を持たないまま
アクセス人数を増やしても、
購入する人の数はほぼ変わらない。

売上の方程式-売上=アクセス人数×転換率×客単価
一目瞭然にして、わかる気がしませんか?

いくら広告費をかけてアクセスを稼いでも、
ページが悪く転換率が低ければ、
売上には全くつながらない。

ということを。

北島社長は、お客様に対して描くゴールが全く違った。だから、他とは違うサービスが生み出せた。

お客様が商品を発見し、
ネットショップに来店し、
商品を購入し、顧客化するまでに
タッチポイントがたくさんある。

それぞれのタッチポイントで
お客様が離れていかないように、
接客をきっちり行い、
離脱を減らさなければ、
集客が成功しても、
売上や顧客獲得には繋がらない。

北島社長は、
とにかくこの考えを貫き通したのであろう。

当時から、「リピーターが欲しい」と
口にしているショップは
めちゃくちゃあったのですが、

現実は「新規獲得」しか考えれない
ショップがほとんどでした。
ちゃんと顧客と向き合って、
顧客ロイヤリティーを高めようとしている。
ショップは本当に少なかった。

そこが断食道場ショップとの大きな違いと感じる。

「優光泉が大好きで飲み続けたい」という
お客様がいてるはずだから
そういったお客様に繋がる接客をしなければならない。
ということを知らない間に意識していただけと思う。

エリカ健康道場が持っていた、ほかのネットショップと全く違うゴールとは

新規獲得と顧客獲得の違い。
新規購入者の獲得とロイヤル顧客の獲得の違い。

自分も小さな頃から
ずっと優光泉が大好きで飲み続けてきた。
だから、そんな自分みたいなお客様もいるはずだ!

北島さんが今まで経験してきたことと
商品に対しての熱い想いと自信。

それが、
ほかのネットショップと全く違うゴールを持って
ネットショップ接客に取り組めた原点でないかと
思います。

ちなみに私も、優光泉を飲んで、
1日1食をやっていた時があります。
結果、最大23kgも体重が落ちました。

そんな経験をした私だからこそ、
エリカ健康道場の酵素ドリンク
北島社長がお奨めする酵素ドリンクを
僕もおすすめしたいと思う一日でした。

今日も一日お疲れ様でした。

最近のお役立ちネットショップ運営事例