1. HOME
  2. ECサイト運営「事例研究」
  3. ブログは自社のお客様の課題を解決するために書く

ECサイト運営「事例研究」

ネットショップ運営に役立つ取組み事例をご紹介

ブログは自社のお客様の課題を解決するために書く

こんばんわ!
今日は、コンテンツマーケティングについて書きます。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、
ターゲットユーザーの課題を見つけ、
ターゲットユーザーの課題を解決できる、
価値のあるコンテンツを提供し続け、
Webサイトへアクセスしてきたユーザーを
顧客化・ファン化することで、
問い合わせや商品購入という行動へと
つなげる仕組みをつくることをいいます。

コンテンツマーケティングの手法で、
すぐ頭に浮かぶのは「ブログ」

今、この黒字ラボを日々更新していて
気付いたことが一つあります。

ブログは「集客ツール」ではなく
「接客ツール」が前提ということ。

そんな発見があったので調べてみると

集客ツールのブログは、
コンテンツSEOといって、
コンテンツマーケティングの
一つの手法としてあります。

コンテンツマーケティングとは、
先にも書いたように

自社が理想とする
お客様の課題を見つけ、
課題を解決できる価値ある
コンテンツを提供し続けること。

自社の理想のお客様は、
もちろん自社の商品をサービスを
利用しているお客様も含まれている
と思います。

その理想のお客様が持つ課題を
解決出来るコンテンツを書き続けていく。

自社のお客様はきっと喜んでいただける
のではないでしょうか??

認知(集客)も大切。でも顧客化の仕組みを作ることが一番大切

私はマーケティングの中では、
「認知(集客)」も大切ですが、
「顧客化の仕組み」を作ることが
一番大切と考えています。

顧客化→シェア→行動(購入)→比較検討→欲求→認知・興味

顧客化、シェア、行動(購入)
までの仕組みが出来てないのに
費用をかけて、集客したところで
圧倒的に「費用対効果」が良くない気がしませんか?

LTV(顧客生涯価値)をという指標を
みることが当たり前になった時から、

顧客との関係性は、
瞬間的なものではなく
継続的なものとしなければならない。

というメッセージを送り続けられて
いると感じています。

だから、ブログを書き始めていくなら
まず、自社のお客様の課題を解決できるだろう
コンテンツを書き続けていく。

そうすれば、
自社のお客様はもちろん
比較検討をしているお客様にも
喜んでいただけるコンテンツが
出来てきています。

もし、比較検討しているお客様が、
喜んでいただけているのならば、
検討した結果、自社を商品をサービスを
選んで頂けるようになりませんか??

と感じませんか??

そうなんです。
要するにコンバージョン(CVR)があがっていく。

ということです。

さらにユーザーにとって
有益なコンテンツが
6か月から1年増え続けると、
Google(検索エンジン)がついに
サイトを認めてくれ始めます。

すると、急激にアクセスが増え始めるのです。

ユーザーにとって価値のあるコンテンツを
提供していく。

それは、集客のためでなく
自社のお客様がいかに喜んでいただける
コンテンツを提供するかがポイントです。

ってことで、
今日は、この辺でまた明日もよろしくお願いします。

最近のお役立ちネットショップ運営事例