1. HOME
  2. ブログ
  3. 近年話題の「NFT」とは?仕組みと特徴についてご紹介!

近年話題の「NFT」とは?仕組みと特徴についてご紹介!

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『やぎゅう』です。

近年話題となった「NFT」を知っていますか?

今回はNFTとは何か、
仕組みや特徴、事例とともにご紹介します!


-目次-
1.NFTとは?
2.ブロックチェーン技術
3.NFTの特徴や事例

1.NFTとは?

NFTを簡単に言うと、

作成者や所有者、これまでの取引履歴など
ブロックチェーンという技術を用いることでデータ化されており、
唯一無二である証明書(のようなもの)を持っている
デジタルデータのことを指します。

そもそもNFTとは、
Non-Fungible Tokenの略で、
日本語で非代替性トークンと呼ばれます

非代替性とは簡単に言うと、
代替不可能、唯一無二であるということです。

代替性のあるもので、
一番わかりやすいものと言えば、
お金などが挙げられます。

代替性のあるものは、
同じものを交換しても価値が変わらないので、
交換することが可能です。

一方、代替性がないものといえば、
「CD」と「CDに本人の直筆サイン入り」で
考えると分かりやすいのではないでしょうか。

著名人のサインが入ることで、
代替不可能となり、価値が異なってきますよね。

このとき交換を行おうとすると
価値が異なるので交換ができません。

少し非代替性の説明が長くなってしまいましたが、
非代替性トークンは、
代替が不可能なデジタル資産のことです。

これまでのデジタルコンテンツは
コピー、複製によって大量生産されることが可能だったため、
希少価値を持っていなかったと言えます。

NFTは、
唯一無二であることの証明ができるという技術により、
デジタルコンテンツに対して、
新たにデジタル資産としての価値を持たせたものになります。

仮に、非代替性の「画家の書いた絵画」を
複製したとしましょう。

このときに、NFTがない場合だと
どれが本物でどれが複製したものか分からなくなり、
本物も複製も全て同様の価値となってしまいます。

しかし、NFTでは
唯一無二であるという証明が可能であるため、
本物であることに加え、制作者や所有者まで全てが判明し、
資産として価値の維持が可能です。

そして、アナログな芸術作品に比べて
デジタル作品では複製、コピーが簡単に行われてしまいます。

NFTが登場するまでは、
デジタル作品の価値はアナログ作品に比べ
低いものとなっていました。

しかし、NFTが登場したことで、
デジタル作品にも価値を持たせることが可能になりました。
そのため、NFTはデジタルアートの世界において
革新的ともいえる技術ですよね。

2.ブロックチェーン技術

では、どのように
コピーや複製が行えないような
唯一無二である証明ができるのでしょうか。

冒頭でも少し触れましたが、
NFTはブロックチェーンという技術を使っています。

詳細なところは省かさせていただき、
一部の説明とはなってしまいますが、
ブロックチェーンの仕組みを簡単に説明すると……

ネットワーク内で発生した取引の記録を
「ブロック」と呼ばれる
取引履歴などが保存されているところに格納します。

この取引履歴が記録されている「ブロック」が
取引が行われるごとに鎖のように繋げられていきます。

この鎖のように繋がっていることが、
唯一無二である証明に一役買っています。

取引の履歴が入ったブロックには
ブロックを鎖のように繋げるために、
ひとつ前のブロックの「ハッシュ値」と呼ばれる情報も
一緒に格納されます。

ブロック内の情報に少しでも変更が行われると、
変更を行ったブロックのハッシュ値は変わってしまいます。

もし、どこかのブロックに改ざんが行われた場合、
後続のブロックに一緒に格納されたはずの
ひとつ前のブロックのハッシュ値(正しい値)と異なってしまうため
鎖のように繋がらなくなってしまいます。

後続のブロックを改ざん後のハッシュ値に変更しようとすると、
さらに後続する全てのブロックのハッシュ値も
変えていかなければならなくなる……という仕組みです。
(少し難しいですね……)

再度、鎖を繋げようと思っても
繋げるために直そうと変更するたび
どんどんハッシュ値も変わっていってしまうため
再び繋げるのは至難の業。

だからこそ唯一無二である証明に役立つのですね。

また、ブロックチェーンには
管理方法にも改ざん防止として
特定の管理主体が存在する集中管理型システムではなく、

複数のシステムがそれぞれ情報を保有している
「分散型台帳」という仕組みで管理されています。

ブロックチェーンは台帳としての役割を持ち、
その台帳を複数のユーザー間で共有していることで、
情報の信憑性を確保しています。

上記の仕組みによって
不正な改ざんを行うのは困難なため、
安全性のある取引が行えるようになっているというのも
ブロックチェーンの技術によるものだといえますね!

この技術によって、
NFTは唯一無二である証明ができています。

3.まとめ ~NFTの特徴や事例~

NFTの特徴としては下記などが挙げられます。

・代替不可能で唯一無二である証明ができる
・誰でも作成することができる
・不正な改ざんの心配がなく、安全な取引ができる

 

最後になりましたが、
実際のNFTはどのようなものに使われているのか
というところですが、
例としては下記が挙げられます。

・デジタルアート
・ゲーム
・音楽
・トレーディングカード
・Twitterでのツイート

NFTという技術により、
デジタルにも価値がつくようになり、
資産のひとつとして広まってきましたね!

市場規模も年々増加傾向にありますよ。
ぜひ一度デジタル資産について考えてみてはいかがでしょうか?

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです♪


最後までお読みいただきありがとうございました。

前回の記事はこちら▼

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2022年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031