1. HOME
  2. ブログ
  3. ホームページのデザイン制作で聞く「カラム」とは?

ホームページのデザイン制作で聞く「カラム」とは?

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『やぎゅう』です。

今回は、
ホームページ制作でよく聞く
“カラム”についてご紹介します!

ぜひ、参考にしてみて下さいね♪


-目次-
1.カラムとは?
2.それぞれのカラムの特徴
3.結局どれがいいの?

1.カラムとは?

ホームページを制作するにあたって、
“カラム”という言葉を聞いたことはありませんか?

カラムが違うと、
ホームページのレイアウトが変わります!

ホームページを大枠で見てみると、
ヘッダーとフッターに加え、
その大部分は、コンテンツとサイドナビで構成されています。

ホームページのレイアウトは、
1カラム、2カラム、3カラム
3種類のカラム数で分かれています。

2.それぞれのカラムの特徴

3種類のカラムについて、
詳しく特徴を説明していきます♪

1カラム

1カラムとは、
サイドナビのない、コンテンツのみで構成されています。

ランディングページなどは
1カラムが適していますね!

コンテンツのみで構成されているので、
訪問者にページを集中してみてもらえるというのが
大きなメリットです。

また、コンバージョン(転換率)を得ることに特化した
情報を集約したページ構成となるので、
販売のページなどで活用されています。

ランディングページについては、
こちらの記事にてご紹介しております♪

2カラム

2カラムは、
1つのサイドナビ(レフトナビ or ライトナビ)
構成されています。

近年のサイトでよく見かける表示方法になっている、
最も一般的なレイアウトが2カラムです。

人の視線は1画面の中でZの形で動くと言われているため、
レフトナビのサイトが一番多く使われています。

反対に広告などの外部サイトに誘導するのが多いサイトでは、
ライトナビが用いられていることが多かったり……!

2カラムはサイトの訪問者にとって、
比較的使いやすいページになるので
ユーザビリティに優れていると言えます。

ユーザビリティ(Usability):
「使いやすさ」「使い勝手」という意味合い。
 使い方がわかりやすく、簡単に使うことができるという意味合いで良く使用されます。

3カラム

3カラムは、
サイドナビがコンテンツの両サイドにある構成をしています。

2つのサイドナビがあることで、
情報の掲載や別ページへの誘導などが充実するという
メリットがあります。

多くの情報量を載せる際に有効的なレイアウトとなるので、
サイドナビを上手に活用しましょう!

3.結局どれがいいの?

1カラム、2カラム、3カラムと
それぞれご紹介しましたが、
結局のところどれにすればいいの?
というところですよね!

どのレイアウトにも
それぞれメリット、デメリットがあります。

結論としては、
制作するホームページの目的や内容に合わせて
選んでみてください!

例えばこんな感じ↓

1カラム:販売ページ、小規模のホームページ など
2カラム:一般的なホームページ など
3カラム:ブログ、大規模のホームページ、他リンクが多いページ など

ぜひ、参考にして選んでみてください♪

とはいえ、先ほどもお伝えしましたが、
それぞれのメリットデメリットを鑑みて、
例にとらわれず
自分の伝えたい内容に合わせて考えてみてくださいね!


今回は
「カラム」についてお伝えしましたが、
いかがでしたでしょうか?

是非、今回の記事を参考にしてみて下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。

前回の記事はこちら↓

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031