1. HOME
  2. ブログ
  3. 理想の顧客像は何世代?!世代別の特徴と消費行動の違いとは?

理想の顧客像は何世代?!世代別の特徴と消費行動の違いとは?

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『やぎゅう』です。

最近は特に
“Z世代”を耳にしますね。

みなさんは何世代でしょうか?

今回は
世代別の特徴や消費行動の違いについて
ご紹介します!

是非、マーケティングにご活用下さいね♪


-目次-
1.世代別の呼び方
2.世代別の特徴・消費行動
3.ペルソナ分析に

1.世代別の呼び方

まずは
世代別の分け方や呼び方について
まとめてみました。

団塊の世代(1945~1949)
しらけ世代(1950~1964)
バブル時代(1965~1969)
団塊Jr.世代(1970~1974)
ポスト団塊ジュニア世代(1975~1981)
ミレニアル世代(1980~1995)
Z世代(1995~2005)

※分け方は様々あるため、
おおよその年代になります。

2.世代別の特徴・消費行動

世代別の特徴や消費行動についてみていきましょう。

あくまでも、
世代の全員に当てはまるわけではないので、
おおまかな傾向として
マーケティングのご参考程度にしてみて下さいね。

団塊の世代(1945~1949)

仲間意識が高く、競争意識は強く、
自分のこだわりや趣味を大切にします。

消費行動は
新しいものが好きで、
仲間好きであることから
周りを巻き込むものに反応しやすいです。

しらけ世代(1950~1964)

この世代の中でも
1950年からの前半の年代は、
クールで個人主義的なところがありますが、
とりあえず楽しいことが好きです。

消費行動は、
定番やシンプルなものが好きですが、
数ある中から、自分のコレというものを
見つけたい傾向にあります。

しかし1960年ぐらいからの年代になると、
テレビやマンガに影響を受けた初めの世代となり、
ノリが軽く、面白いものや派手好きの傾向があります。

消費行動としては、ブランドを好みます。

バブル世代(1965~1969)

高度経済成長の後半に生まれた世代です。
コミュニケーション能力が高く、
人と違うことがカッコイイという価値観を持っています。

消費行動は、
貯蓄するよりも消費、ブランド志向が高いなどが
特徴として挙げられます。

団塊Jr.世代(1970~1974)

バブル崩壊により、
他の世代に比べて冷め傾向にありますが、
流行には乗ろうと頑張ります。

消費行動は、
バブル世代とは反対でブランド志向が低く、
時短やコスパの良いものなどの効率重視です。

ポスト団塊ジュニア世代(1975~1981)

やりたいことのために
スキル磨きを積極的にする世代です。

消費行動は、
コンセプトに惹かれて購入に至ったり、
知識習得などの自分に投資します。

ミレニアル世代(1980~1995)

プライベート重視な倹約家で
周りの目を気にする世代です。

消費行動は、
モノよりも体験、
高くても質の良いものを長く使います。

Z世代(1995~2005)

情報社会が進んだ時代のため、
デジタルツールはひと通り使いこなし、
プライバシー重視で、社会貢献意欲が高い傾向にあります。

消費行動は
実用性を重視し、
口コミなどの評価を調べてから購入する人が多いです。

3.ペルソナ分析に

世代別の特徴や消費行動を把握しておくことで、
マーケティングを行うにあたり
ひとつの指標にすることができます。

ペルソナ分析の際などに
参考にされてみてはいかがでしょうか。

↓ ペルソナ分析についてはこちら ↓


今回は
世代別の特徴と消費行動について
お伝えしましたが、
いかがでしたでしょうか?

是非、今回の記事を参考にしてみて下さいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2022年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930