1. HOME
  2. ブログ
  3. ECショップ、売上アップの基本!楽天市場の“タグID”とYahoo!ショッピングの“スペック”とは?

ECショップ、売上アップの基本!楽天市場の“タグID”とYahoo!ショッピングの“スペック”とは?

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『きだ』です。

2月14日!
今日はバレンタイン当日ですね……!
普段は食べないような“ご褒美チョコ”を
自分に買い与えようと思いますが……

ただ外出して買うとなると人混みが気になるので
今からでもネットショップで検索したいところ。。

検索するとなると、
キーワード入力や価格帯や原産国など
絞込検索が肝になってきますよね……!

さて、では今回は、
そうしたユーザー目線の検索方法から
売上アップに役立つ「タグID」と「スペック」をご紹介していきます!


-目次-
1.大事なのは、ユーザー目線の検索方法
2.楽天市場の“タグID”とは?
3.Yahoo!ショッピングの“スペック”とは?

1.大事なのは、ユーザー目線の検索方法

まず、はじめに……

例えば、
あるユーザーが、

楽天市場やYahoo!ショッピング、
又は、その他のECショップで買い物をする際、

レディースのTシャツを欲しい場合には
「Tシャツ レディース」等

大体の人がECショップやモール型ECサイトの
キーワード検索を使って商品を検索していきます。

商品が先程挙げたような一般的なモノの場合、
色々なお店が軒を連ねるモール型ECサイトでは、
検索数は膨大な数に及びます。

そこで次に買い手は、
キーワード追加を行っていきます。

例を挙げると、
「Tシャツ レディース 春夏」
「Tシャツ レディース 長袖」等です。

こうしたキーワードを入れていくことで、
膨大だった商品数がグッと絞られます。

そして、そこから更に、
自分が求めている条件で絞り込みをしていきます。

デバイスによって検索に使う文字数は異なる!

一体どういうことかというと……

パソコンの場合は文字入力がしやすいため
基本的に7文字以上で検索されることが多いですが、

スマートフォンの場合には、
キーワード入力は省きたいというユーザーが大半を占めます。

そのため、パソコンの7文字以上に対して、
スマートフォンを使用した場合には、2~3文字に留まるとされています。

そうした点からスマートフォンで操作する場合、
直感で欲しい商品に辿り着ける
絞込検索」を活用する人々が増えており、

その絞込検索で商品をヒットさせてくれる役割をもつのが、
以前ご紹介した商品ディレクトリと、
今回ご紹介する楽天市場のタグIDYahoo!ショッピングのスペックです。

※それぞれモールごとに呼称が違うだけで、
設定する箇所や役割は同じです。

ディレクトリについて、
もう一度おさらいしたい方・初めて知る方は、
以下で記事を紹介しております。是非、ご覧くださいませ。

適切な設置が、重要!

まずはじめに、
適切なディレクトリ設定によって、
しっかりと必要としているお客様に見てもらえることは
以前もご紹介させていただきました。

また、買い手は欲しい商品を絞り込んでいく上で、
サイズブランド生産国シーズン素材だけでなく、

服飾品などであれば、
肩幅胸囲ウエスト着丈・袖丈
洗濯表示などを見ていきます。

そうして、
より少ない数で購入候補を絞り込むことで
自分にマッチした商品を見つけ、購入していきます。

店舗様側が、タグID/スペックを登録しておくことで
こうした詳細情報を設定でき、
絞込検索で商品に辿り着いてもらいやすくなります。

では、楽天市場とYahoo!ショッピング、
それぞれの違いを見ていきましょう。

▽売上アップの基本「ショップ名」と「ディレクトリ」についてはこちらから!

2.楽天市場の“タグID”とは?

楽天市場の“タグID”

先程例に挙げた通り、
サイズやブランド、生産国やシーズン・柄や素材だけでなく、

服飾品であれば
肩幅や胸囲、ウエスト、着丈・袖丈、洗濯表示など

該当ジャンル内のより細かな属性を
楽天市場では「タグID」と呼んでいます。

楽天市場では、
最小カテゴリの登録が必須となる商品ディレクトリIDと異なり、

タグIDの場合、
登録自体は「任意項目」となっています。

そのため、
そもそも設定をされていらっしゃらない店舗様もいるので、

設定をすることによって
そうした店舗様に差をつけることができるだけでなく、
検索数が上がることもありえます。

注意点があるとすれば、
ひと商品に登録できるタグIDは限られていること。

そして、
ディレクトリIDが古い場合には、
不適切なディレクトリIDとされるだけでなく、
タグIDも見直す必要が出てきてしまいます。

そのため最新のディレクトリIDに設定することを
忘れないように注意が必要です。

また、
一部のディレクトリIDには
登録できるタグIDが決まっている場合がございます。
そのため、試用できるタグIDの事前確認も必要になってまいります。

楽天市場の店舗Navi「全商品ディレクトリ・タグ入力補助ツール」にて、
詳細をご確認いただけます。アクセスは こちら から!
(※要RMSログイン)

3.Yahoo!ショッピングの“スペック”とは?

Yahoo!ショッピングの“スペック”

先程例に挙げた通り、
サイズやブランド、生産国やシーズン・柄や素材だけでなく、
服飾品であれば肩幅や胸囲・ウエスト、着丈・袖丈、洗濯表示など

該当ジャンル内のより細かな属性を
Yahoo!ショッピングでは「スペック」と呼んでいます。

Yahoo!ショッピングの商品ディレクトリである
プロダクトカテゴリ”を設定することにより、
それに応じたスペックの設定が出来るようになります。

注意点としては、
スペックの設定=商品全体に適応されるものです。

そのため、
黒い浴衣であればスペック値に“黒”

それ以外にも絞込みが出来る特徴、
例えば「Sサイズ」であればSサイズと設定していきます。

しかし、その商品自体に、
「S・M・Lサイズ」「黒・白・赤」など
選択肢が複数存在している場合には、設定できません。

ただし……!

具体的に欲しい商品の色やサイズが
確定しているユーザーにはとても有効です。
是非とも、取り入れて商品に辿り着きやすくしてあげましょう!

ストアクリエイターPro「カテゴリ・コード・スペック」で、
詳細をご覧いただけます!アクセスは、こちら から!


検索数を絞りこめることで、
ユーザーが思い通りの商品を見つけられるようになり、
そうしたユーザー目線の店舗運用は
おのずと商品購入へと繋がりやすくなります……!

ぜひ、検索対策として、
タグID/スペックの設定をしていただいて
売上アップを目指しましょう~!

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2022年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28