1. HOME
  2. ブログ
  3. プロジェクトのゴールとは?SMARTの法則で分かりやすい目標を立てましょう!

プロジェクトのゴールとは?SMARTの法則で分かりやすい目標を立てましょう!

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『やぎゅう』です。

明けましておめでとうございます🌅

初めての方も、
いつもご愛読いただいている皆様も、
2022年もどうぞよろしくお願いいたします。🎍

新年が明けたばかりということで、
目標を立てる必要性と
分かりやすい目標の立て方について
お伝えしようと思います!

是非、参考にしてみてくださいね。


-目次-
1.プロジェクトのゴールは目的?それとも目標?
2.目標をしっかりと立てることの重要性
3.SMARTの法則とは?

1.プロジェクトのゴールは目的?それとも目標?

いきなりですが、
皆さんはプロジェクトのゴールは
目的だと思いますか?
目標だと思いますか?

プロジェクトのゴールとは、
目的を達成することです。

では、目的と目標は似ているように
思われるかもしれませんがどこが違うのでしょうか?

目的とは、
最終的に目指す到達点(ゴール)のことを指します。

目標とは、
目的という最終的なゴールに達成するための過程で設定される
通過点(小さな指標)のことを指します。

そのため、
目的は長期的なものになりますが、
反対に目標は短期的なものとして設定されます。

また、簡単に言うと
目的は内容であり、目標は手段になります。

目的が抽象的なものであるため、
目標を立てると具体的にどうするか
という部分が明確になります。

2.目標をしっかりと立てることの重要性

プロジェクトを成功させるためには
まずはじめに、目的をしっかりと決めることが必要です。

しかし、

目的を決めるだけでは、
そのために何からすれば良いのかが曖昧に終わり、
なかなかゴールまで達成することができません。

「モノゴトは全てシンプル」です!

目的を決定したら、
ゴールから逆算していきましょう!

先ほどもお伝えしたところになりますが、

目的という最終ゴールに向けて、
目標という小さな指標を掲げ、
その目標を達成するために計画を練る必要があります。

このようにプロジェクトのゴールから逆算を行うことで、
よりプロジェクトのゴールに近づけます。

また、
目の前の目標を明確にしておくことで実行に移りやすく、
簡単な段階から少しずつ達成していくことができ、
最終的な目的の達成に繋がりやすくなります。

目的を達成するためには、
目標を着実に達成していく必要があるということですね。

言い換えれば、
目標を着実に達成していけば、目的に達成できる
ということになります!

では、
目標はどのように立てていけば良いのでしょうか……?

そこで使うのがSMARTの法則です。

「SMARTの法則」に則って、
より良い目標を設定しましょう!

3.SMARTの法則とは?

SMARTの法則とは、
下記の5つの単語の頭文字からとった言葉になります。

SMARTの法則
S  (Specific)
       :  具体性
M  (Measurable)  :  計測可能
A  (Achievable)   :  達成可能
R  (Relevant)    :  関連性
(Time-bound)   :  期限

これらを指標にして
目標を設定することで
より効果的な目標設定をすることができます。

S  (Specific) : 具体性

言葉のままの意味になりますが、
具体的に分かりやすく
ということがとても重要です。

M  (Measurable) : 計測可能

計測が可能で、
数字になっている目標がしっかりとあるかどうか
というのも結構重要です。

A  (Achievable) : 達成可能

その目標は達成が出来そうであるか、
という部分です。

明らかに達成できない目標をたてても、
絵に描いた餅のようになり、
なかなかその目標に近づこうとしなくなってしまいます。
それでは意味がありませんよね。

頑張れば達成可能である
というラインで設定しましょう。

R  (Relevant) : 関連性

ゴールに関連性があるのかどうかという点です。
なぜ重要かというと、
ただ単に目標をこなしているだけでは
モチベーションも上がりません。

その目標を達成したことによって、
自分が考えている目的が達成できるような目標なのかどうか
ということが大切です。

T  (Time-bound) : 期限

期限を明確に設定しましょう。
この「期限があるか・ないか」の影響力は
意外と大きいものです。

先ほどからお伝えしている内容になりますが、
基本的に、目標の上には目的があります。
目的を達成するためには、目標を達成していかなければいけません。

そして、目標を達成していこうと思うと、
しっかりと計画を超えていかなければいけません。

適切な期限設定を行うことで、
するべきことが明確になり
適度な緊張感を保ちながら目標達成に
向き合うことができます。

こういった仕組みがちゃんとつくれるか
ということが重要になります。

SMARTの法則

上記で説明した5つの要素は、
「その目標が適切かどうか」、「目標は達成できる水準か」など
目標そのもののクオリティをチェックすることに優れており、
効果的な目標を設定する手助けになります。

是非、これら5つの要素を基に
目標を立てていただければと思います。

また、過去記事にて
目標達成の指標となるKPIとKGIについても
ご紹介しております。

是非こちらも併せてご一読くださいね。


今回は、「目標の設定の仕方」について
お伝えしましたが、
いかがでしたでしょうか?

是非、ご参考にしてくださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

前回の記事はこちら

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31