1. HOME
  2. ブログ
  3. SNSの画像を活用したい!~画像作成のコツや注意点~

SNSの画像を活用したい!~画像作成のコツや注意点~

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『いせ』です。

今回の内容は
TwitterやInstagram・Facebookの、
ちょっとした画像作成のコツをご紹介します!


-目次-
1.各SNSの画像サイズ
2.Twitter画像作成のコツ!
3.Instagram・Facebook画像作成のコツ!

1.各SNSの画像サイズ

初めに、画像を作成する際
どのようなビジュアルにするか
先に考えて作成する方は少なくはないと思います。

しかしその前に
SNSの画像サイズを把握していなければ
せっかく画像を作成したとしても
表示サイズへと再調整する必要が出てきてしまいますよね。

ですので、まずは各SNSの画像サイズを把握しましょう!

Twitter

アイコン画像
・サイズ:400×400ピクセル

ヘッダー画像
・サイズ:1500×500ピクセル

投稿画像
・横1200ピクセル以上
・アスペクト比16:9

Twitterでは、
PC版スマートフォン版によってタイムライン
画像のサイズや見え方が微妙に変わります。

対応としては、
どのタイプから見ても問題ないような
画像サイズが望ましいですよね。

上記の数値では、
PCでもスマートフォンでもタイムラインで
きれいに画像を表示される
最適な画像サイズ・比率となります。

ちなみに
Twitter公式ヘルプには、ファイルのサイズ・形式を除き
推奨される画像サイズの情報について記載が無いそうです……

Instagram

アイコン画像
・サイズ:300~400ピクセル

インスタグラムの
プロフィールに表示されるアイコンですが、
Instagramから推奨サイズは特に指定されていません。
おおよそ300~400ピクセルであれば問題ないようです。

投稿画像
・サイズ:1080×1080ピクセル

ストーリー
・サイズ:1080×1920ピクセル

Facebook

カバー画像
・サイズ:820×312ピクセル

アイコン画像
・PCサイズ:170×170ピクセル
・スマートフォンサイズ:128×128ピクセル

投稿画像
・PCの比率 1.91 : 1 ~ 9 : 16
⇒1.91 : 1か1 : 1がオススメ!
・スマートフォンの比率 1.91 : 1 ~ 9 : 16
⇒9 : 16がオススメ!

Facebookのタイムラインに投稿できる
画像の幅は2048px以内という規定があります。
幅サイズをもとに、上記のアスペクト比を目安にしましょう。

2.Twitter画像作成のコツ!

アイコン画像とヘッダー画像

Twitterではアイコンとヘッダーは
このように表示されます。

良く見るとアイコンの一部
ヘッダーと重なっていますよね。

イメージデザインのように
ヘッダー全体に画像を入れたい場合や
キャッチコピーなど入れたい場合は、
アイコンを意識した配置にしてみましょう!

投稿画像

目次1にて

最適な画像のサイズ・比率
・横1200ピクセル以上
・アスペクト比16:9

をご紹介しました。
このアスペクト比について
もう少し詳しくご説明します。

Twitterでは、投稿する画像の
アスペクト比が極端な場合、
表示範囲(サムネイル)が
自動的にトリミングされる仕様
となっています。

尚、トリミングの仕様として

・人物やイラストの顔
・文字(サイズが大きい場合)

が、表示範囲(サムネイル)に
自動的に写る仕様となっているそうです。

しかし、先ほど程紹介した
アスペクト比16:9」では

PCでもスマートフォンでも
双方トリミングされることなく
全て表示される比率なのです!

そのため
トリミングされたくない画像を投稿する際は
アスペクト比を意識してみましょう!

3.Instagram・Facebook画像作成のコツ!

Instagramのように
画像サイズが指定されている場合や
Facebookのように
画像サイズに特に指定が無い場合でも、

文字の配置やサイズを工夫するだけで
全体にまとまりが出たり
見栄えが良くなったりします。

文字のサイズ変更

例えば
イメージデザインのInstagramに投稿されている
「モチベが上がる映画3選」では

モチベが上がるの「」を小さくすることで
モチベ」と「上がる」が主張される要素になります。

このように、
主張しなくていい文字はわざと小さくすることで
タイトルの主張したい部分を見えやすくすることができます!

文頭と末尾を揃える

他にも文字サイズだけでなく、
文字同士の「文頭」と「末尾」をそろえるだけでも、
画像全体にまとまりを作ることができます。

例として(私が作成したものですが)
各SNSに過去投稿した休業日のお知らせでも
右側の画像にある、水色の枠内に収まるよう
なるべく文字を揃えました。

文字の配置について、
過去の記事で詳しく紹介してますので
良ければこちらもご一読ください!

 


いかがでしたでしょうか?

一見、画像作成は難しいですが
文字や配置など意識するだけで
デザイン性がUPします!

文字以外にも、配色に関して
過去の記事で紹介してますので
是非ご参考ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930