1. HOME
  2. ブログ
  3. ネットスーパーとは?小売業界にも変化が……?

ネットスーパーとは?小売業界にも変化が……?

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『やぎゅう』です。

みなさんはネットでお買い物はされますか?

数年前に比べると、
様々な企業がEC進出されていることで
購入する機会も増えているのではないでしょうか。

そこで今回は、
ネットスーパーの登場による小売業の変化について
お伝えしようと思います!


-目次-
1.ネットスーパーとは?
2.なぜ小売業界が変化しているのか
3.まとめ

1.ネットスーパーとは?

皆さんは『ネットスーパー』という言葉を
聞いたことはありますか?

まず始めに
『ネットスーパー』とは何なのかについて
お伝えさせていただきます。

『ネットスーパー』とは、言葉の通りになるのですが、
一般的なスーパーで売られている食品や日用品などを
インターネット上で購入し、
自宅まで配送してもらえるというサービスのことです。

2.なぜ小売業界が変化しているのか

ネットスーパーが現れ始めたのは数年前に遡りますが、
近年のデジタル社会の促進コロナ禍の影響を受け、
小売店にも大きく影響を与えていると言えるでしょう。

外出自粛の影響で、ネット上での購入や
ドライブスルーやオンライン上で予約を受けて
お持ち帰り可能にしたりする店舗も
よく見受けられるようになりましたよね。

ECの進出によって売上を出している店舗も
存在していますが、

反対に、
リアルでの客足は減っているのため
出店に依存している店舗では
大きなダメージを受けている現状もあります。

このような、ECに参入していない店舗では、
EC化を検討せざるを得ないような状況もありそうです。

しかしながら、
今年はコロナウイルスの流行から2年目ということもあり
社会の流れは「ウィズコロナ」から「アフターコロナ」へと
変化を見せています。

アフターコロナに備え、どのような戦略をとるべきか
悩みとなる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

以前の記事にて、
アフターコロナに備えたEC戦略について
ご紹介させていただいておりますので、
是非ご一読くださいませ。

3.まとめ

今回は『ネットスーパー』による小売業界の変化について
お伝えさせていただきました。

デジタル社会に加え、コロナ禍にも入ったことで
これまでより多くの店舗が
EC業界に進出してきているのではないでしょうか。

一方その傍らで、
実店舗での出店に依存している店舗では
EC化を検討せざるを得ないような
事業継続の危機を感じるようになっているようです。

いかに社会情勢に合わせた対策をとっていけるのか、
考える必要がありそうですね。

また、消費行動と言えば
ネットスーパーだけでなく、
『リベンジ消費』という言葉を
最近耳にすることはありませんか?

リベンジ消費についても
先日の記事にてご紹介させていただいておりますので、
是非ご一読くださいませ。

参考サイト:小売業におけるデジタルトランスフォーメーションの現状と課題


今回は『ネットスーパー』について
お伝えしましたが、
いかがでしたでしょうか?

デジタル社会とコロナ禍の中、
どのように事業を進めていけば良いのか
今一度、考える必要がありそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930