1. HOME
  2. ブログ
  3. 【本紹介】デザインの目的の考え方はどうやるのか!?「簡単だけどすごく良くなる77のルール デザイン力の基本」

【本紹介】デザインの目的の考え方はどうやるのか!?「簡単だけどすごく良くなる77のルール デザイン力の基本」

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『いせ』です。

7月の下旬に入り
暑さもピークを迎える時期となってまいりました。

時期的にアイスがより美味しく感じられるため、
帰宅後にアイスを食べることが
ここ最近の楽しみとなっています。


さて、今回は以前ご紹介した
「新入社員が学んだデザインで大切なこと①【目的編】」で、
デザイン制作する前に目的を決める重要性について
ご紹介いたしました。

今回はその目的の決めるやり方について
「簡単だけどすごく良くなる77のルール デザイン力の基本」
の内容を通してご紹介いたします!

もし、その記事を読まれていないようでしたら、
併せてお読みいただければ幸いです。

-目次-
1.本のご紹介と概要
2.最初のルール「まず、調査から始める」
3.まとめ

1.本のご紹介と概要

「簡単だけどすごく良くなる77のルール デザイン力の基本」の概要
著者:ウジ トモコ
出版社:日本実業出版社
発行:2019年8月10日
詳細情報

本書は
ちゃんとデザインしたつもりでも「残念な感じになってしまう
そんな制作過程を77のルールに沿って改善し
デザインの原理原則を身につける目的で述べられたものです。

たとえデザインを学んだことが無い人でも
この本のルールを通すことで
残念なデザインの制作を防げる内容となっています!

では、その77のルールから
最初のルール「まず、調査から始める」
・急がば回れ。プロは「調査」と「準備」をする
・デザインをつくりはじめる前に

についてご紹介いたします!

2.最初のルール「まず、調査から始める」

以前ご紹介した
「新入社員が学んだデザインで大切なこと①【目的編】」
において、デザインを行う3つの過程、

1.目的を決める
2.優先順位をつける
3.イメージをつかむ

のご紹介しました。

その中でデザインの軸を決める「目的」
一番最初に決めないと何を伝えたいのか、
何を見せたいのか決まっていないため制作に時間もかかり、
結果的にも残念なデザインが出来上がってしまいます。

しかし目的の決め方は大雑把に決めてしまうと、
何を伝えたいか、見せたいかが曖昧のままで
良いデザインというのは出来上がりません。

では、どうやって目的を決めるのか。
そのやり方を本書の内容を通してご紹介いたします。

急がば回れ。プロは「調査」と「準備」をする

デザインの目的を決めるにはまず調査を行い、
どういうデザインにするのか準備を行う必要があります。

調査方法として本書では、

・背景/課題/環境を知る
・現場に行って現状の把握
・「何のために」つくるのか把握する
・「誰のために」つくるのか把握する
・上記の内容を整理して、戦略を考える
(「デザイン力の基本」より抜粋)

上記の内容にて
・どうしてデザインを作るのか
・それを通して何を伝えたいのか
それらを整理するためには、調査というものは必要となります。

私もよく目的から制作を始めても、
中途半端に目的を決めたせいで、結局制作に時間がかかり
完成したと思っても
納得のいくデザインに至れないことがありました。

しかしこの本を参考にして目的を決めるための調査を
実際にやってみたところ、制作時間も減り
デザインも納得のいくものに完成することが出来ました。

最初調査を行うとき、5個もやらないといけないのかと
嫌気がさしていましたが、実際行うとそこまで苦でもなく
制作を進めるときに大いに役立ったので調査は必ずやって
目的を決めねばならないと気づきました。

特に

・「何のために」つくるのか把握する
・「誰のために」つくるのか把握する

は内容によって見せ方も変わっていくので
しっかり決める必要がありました。

では次に調査から得た情報から次の内容を決めていきます。

デザインをつくりはじめる前に

本書では調査で得た内容のまとめ方について記載されてあります。

・与件(課題)を明確にする
・良い・悪いなどの基準を決める
・価値観の事前共有
・材料をできるだけそろえる
・手戻りをなくす
(「デザイン力の基本」より抜粋)

これらをまとめることで、いざデザインに着手する際
どんなことを伝えたいのか明確にすることで
「残念な感じ」のデザインになることは
最大限防げるかと思います!

特に
・価値観の事前共有
ついては誰に何を伝えたいかによって価値観の内容も変わるので
調査をまとめることは大事ですね。

3.まとめ

さて今回はデザインの目的を決めるやり方について
「簡単だけどすごく良くなる77のルール デザイン力の基本」
を通してご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?

デザイン制作を行うために目的を明確にするために、

・背景/課題/環境を知る
・現場に行って現状の把握
・「何のために」つくるのか把握する
・「誰のために」つくるのか把握する
・上記の内容を整理して、戦略を考える

を調査したうえで

・与件(課題)を明確にする
・良い・悪いなどの基準を決める
・価値観の事前共有
・材料をできるだけそろえる
・手戻りをなくす

を決めることがデザイン制作を行う上でとても重要な
目的の決め方だと感じていただけれたら幸いです。


 

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2021年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031