1. HOME
  2. ブログ
  3. 商品画像に加工はつきもの!~Photoshopの使い方~

商品画像に加工はつきもの!~Photoshopの使い方~

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『いせ』です。

あと少しで7月になりますね。
熱中症対策はすでに行われたでしょうか?
マスクなどで熱中症に陥りやすい季節となってまいりますので
体調管理にはお気をつけください。


さて、今回はPhotoshopについて
ご紹介をさせていただきます!

EC運用するにあたり、商品などの画像の掲載は必須かと思います。
しかし商品を魅力的に見せるには撮影技術だけでなく、
時には加工もして見栄えをよくすることも多いでしょう。

そして画像の加工といえば有名なのは
adobe製品のPhotoshopですね。
しかし使い方はどこからか学ばなければ
中々使いこなせない代物です…..

今回はそんなPhotoshopの主な使い方と
画像加工の際の注意点をご紹介します!

▶adobe公式サイト

-目次-
1.Photoshopの基本的な使い方
2.画像加工の際は要注意!やってはいけないこととは?
3.まとめ

1.Photoshopの基本的な使い方

早速ですが、Photoshopの基本的な使い方として

・解像度+カラーモード
・貼り付け(画像を貼った際の注意点)

について、ご説明していきます!

まず、Photoshopを起動し新規作成ボタンを押すと


画像のような画面になりますが、そこでは画像のサイズ
解像度カラーモードなどを指定します。

解像度とは?

画像における画素の密度を示す数値のことで
数値が大きいほど精密になりますが、
WEBや印刷など制作物によって数値を変える必要があります。

webの解像度は72と決まっており。サイズの単位は
ピクセルで作成する必要があります。
それに対し印刷物では、印刷所によりますが、
解像度300〜600(⼤体300か350)を使⽤します。

カラーモードとは?

次にカラーモードの指定ですが
カラーモードはRGB・CMYKの2種類あります。
この2つの違いはWEBか印刷によって分けられます。

RGBは、光の三原色とも言われており、

R (赤)
G (緑)
B (青)

PCのモニターやデジカメ・スキャナなどは、
このRGBカラーで色が表現されています。

対して、CMYKは、
色料の三原色とも言われており、

C (シアン)
M (マゼンタ)
Y  (イエロー)
K  (ブラック)

印刷する際に、この4色が使われています。

よって、新規作成する際に制作する内容に応じて
選択する必要が出てきます!

貼り付け

次に画像の貼り方をご紹介します。
商品画像の見せ方によって、
画像の上に画像を重ねることはよくあります。

その際は、画面上にドラックアンドドロップ
することによって、画像を貼ることが出来ます!

例えば、左画像の「レイヤー2」に画像を貼り付けましたが
そうすると画像の貼り付け時に、ファイルごと挿⼊しているため
画像右側の「画像1」の赤丸にアイコンがレイヤーに表⽰されます。

拡⼤縮⼩してもきれいに表⽰されますがその分
データが重くなるので注意が必要です!

2.画像加工の際は要注意!やってはいけないこととは?

さて、簡単なPhotoshopの使い方をご紹介しましたが、
次に画像加工によく使われるツール

切り抜き機能

のご紹介をします!
その際に加工において気を付けるべき点も伏せてご案内
しますので、そこだけでも覚えてくださると嬉しいです。

まずは「切り抜き機能」についてご紹介します。

切り抜き機能とは?

切り抜き機能とは名前の通りに画像を好きな形に
切り抜きたいときに使われるツールになります。
例えば、丸や四角はともかく画像に沿った切り方も可能です!

しかし画像の切り抜きを行う際には、
「なるべく元の画像を直接加工しない」
という注意するべき点があります。

なぜ直接加工してはダメかと言いますと、
もし加工を一部中断または変更したい場合直接加工してたら
これまで切り取り作業を戻してすべてなかったことになる
可能性があるからです。

そうなったらこれまでの作業時間が無駄になってしまい、
1からやり直す羽目になるので
直接加工することは避けるべきです。

では直接画像を加工しない切り方として
レイヤーマスク(もしくはベクトルマスク)
がおすすめです!

 

この機能を画像の加工というより、不要な部分を隠す
ような機能となっております。

画像のようにマスク機能を使うことで、直接画像を加工せずとも
画像を好きに切り抜くことができるのです!
これはとっても便利で効率も良い機能となっておりますので
Photoshopをお持ちの方は是非ご活用ください!

3.まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

今回ではPhotoshopの使い方として

・解像度+カラーモード
・貼り付け(画像を貼った際の注意点)
・切り抜き機能

の使い方と注意点をご紹介しました。

またマスク機能はとても便利な機能となっておりますので
画像の加工にぜひご利用ください。


次回はTwitterタグ付け機能についてご紹介します!

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930