1. HOME
  2. ブログ
  3. 新入社員が学んだ🖌デザインで大切なこと ①【目的編】

新入社員が学んだ🖌デザインで大切なこと ①【目的編】

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『たに』です。
日中は汗ばむくらいに暖かい日も増えてきました。
そろそろ衣替えの時季ですね!

本日から数回にわたって
「デザイン研修で得たこと」について
書いていきたいと思います。


 

-目次-
1.デザインとは何か
・デザインの語源
・デザインは何のためにあるのか
2.デザインを考える上でまず行うこと[目的]

1.デザインとは何か

・デザインの語源

デザインという言葉の語源はラテン語の

「Designare」にあるといわれています。

 

「Designare」は「計画を記に表す」

つまり画面に書き表すという意味であったといわれています。

 

これを踏まえると、当初デザインという言葉は

「設計」という意味で用いられていたことが想像できます。

 

・デザインは何のためにあるのか

デザインとは「人」のためにあります。

 

「人」または「人々」が存在し

「その人には何が必要だろうか?そして、何を設定するべきか?」

 

その一連のプロセスがデザインです。

2.デザインを考える上でまず考えること[目的]

デザインを行うにあたって
まず行うことは、3つあります。

1.目的を決める

2.優先順位をつける

3.イメージをつかむ

 

今回は、
1.目的を決めるについて
詳しくご紹介したいと思います。

デザインの「良さ」は、
目的」によって異なります。

Adobe「デザインのいろは」では、
(※出典元については、記事下部に記載)
次のような例で紹介されています。

 

「あさごはん」についての3つのデザインのうち

どれが「良いデザインなのか」。

 

画像出典元:Adobe「デザインのいろは」

 

目的がきまっていなければ、

デザインの良し悪しは決めかねます。

では、次のような目的がある場合

 

・基本的な料理の作り方を理解してほしい

・レシピのバリエーションを楽しんでほしい

・ゆったりした朝の時間を味わってほしい

 

目的に適したデザインを選ぶことができますよね。

 

このように目的を明確にすることで、

デザインの良し悪しを
判断するための
を持つことができます。

 

デザインの制作・選択の際には
参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

参考サイト:Adobe「デザインのいろは」


それでは、

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2021年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31