1. HOME
  2. ブログ
  3. 最近、話題のあの商品も……!『パーソナライズ商品』ってどんなもの?

最近、話題のあの商品も……!『パーソナライズ商品』ってどんなもの?

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『きだ』です。

徐々に
卒業シーズンが近づき
そろそろ防寒具とも
お別れできそうな気温になってまいりました。

さらに、
今週末は、ホワイトデー!
バレンタインのお返しなど
ご準備されてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

時期的にも、
開放感が増してワクワクしますよね。

さて、今回のブログでは、
最近話題の『パーソナライズ商品』について
ご紹介していこうと思います!


 

-目次-
1.『パーソナライズ商品』ってどんなもの?
2.知っておきたい『D2C(DtoC)』とは?
3.巷で話題のあの商品も?【事例集】

1.『パーソナライズ商品』ってどんなもの?

「〇〇様専用」という商品。
最近、SNSで見かけるようになったと思いませんか?

設問に答えていくと、
自分に合った商品がオススメされたり、
自分の悩み/性質に合わせた商品が作り出されます。

その商品こそ、
今回の記事でご紹介したい
『パーソナライズ商品』です。

パーソナライズ(英:personalize)
=個人の専有物とする
という意味があります。

その名前通り、
顧客の属性や行動などのデータに基づいて
提供する最適な商品(おすすめ商品)のことを指します。

ちなみに、

自社で顧客データを収集することができる
D2Cブランド(※詳細は「2.」へ!は、
データ分析して顧客にマッチした商品を提供できることから
パーソナライズ商品との相性も抜群です……!

しかも、
以前『マーケティングの歴史』でご紹介した
「マーケティング4.0」を覚えていらっしゃいますか?

ちょうど、2010年代~現在までを表した
マーケティングでしたが、

『パーソナライズ商品』は、
現代社会の消費者の“ニーズ”と“欲求”に
ピッタリと寄り添っています。

▼マーケティングの歴史について、
詳しくはこちらから!


2.知っておきたい『D2C(DtoC)』とは?

BtoBやBtoCではなく、『D2C(DtoC)』

D2C(DtoC)は、
Direct to Consumer”を省略したマーケティング用語で、
製造者が、直接消費者と取引を行うビジネスのことを指します。

インターネット普及前までは、
卸売り業者を経由しての商品販売が一般的でしたが、

インターネット普及により「通販」が誕生すると、
Amazonなどを介さずとも、
自社サイトでの販売を行えるようになりました。

企業が消費者と直接取引ができるようになったことから、
2000年代後半より、
需要が急激に増加したビジネスモデルでもあります。

ちなみに、ECサイトの出店方法として挙げられる
モール型orカート型でいうところのカート型に当てはまります。

▼カート型について、
もっと詳しく知りたい方はこちら!

“BtoB・BtoC・CtoC”とは?

●BtoB

=Business to Business

企業⇔企業での企業間取引のことを指します。
法人向けとも呼ばれるもので、
ターゲットや取引先が固定されていることも多いです。

そのため、新規顧客様の獲得するには、
キーワード連動型の広告やテレマーケティングなどの方法が挙げられます。

●BtoC

=Business to Consumer

企業から消費者へ商品・サービスを提供する取引のことを指します。
例えば、家電メーカーアパレルデパートなど、
一般消費者に向けてモノやサービスを売る企業で、
消費者への認知度が重要になります。

「家電なら、〇〇」
「携帯電話なら、〇〇」
「化粧品なら、〇〇」

といった形で、イメージを持たせて、
商品を手に取ってもらう“ブランディング”も必要不可欠です。

●CtoC

=Consumer to Consumer

消費者⇔消費者という、消費者間で行われるビジネスモデルです。

例えば、“フリーマーケット”などが
まさしく「CtoC」のビジネスモデルで、
近年では、「メルカリ」などフリマアプリを用いた
オンライン上でのやりとりが活発化しており、市場も急速に成長しています。

3.巷で話題のあの商品も?【事例集】

コロナ禍で、
外出が制限されたことで
「生活に必要な物必要でなかった物」への
区別が消費者の中でもハッキリとし始めました。

そのため、「安物買いの銭失い」ではなく
価格よりもを重要視し、
長く愛用できることに比重が傾いています。

(勿論、安価であっても非常に有用な製品も
 溢れているので、私は百均のヘビーユーザーです)

FUJIMI

出典元:FUJIMI

最近、SNS上では賛否両論ですが、
こちらもSNS広告インフルエンサーを起用したPR
よく見かけるようになった『パーソナライズ商品』です。

Twitterなどでも
クチコミとしてインフルエンサーの方が
マンガなどで紹介しており、

比較的若い世代への
インナーケアに対する欲求へ
ぴったりとフィットしている印象です。

大体20問ほど設けられた質問に答えていくことで、
自分の肌に必要とされる栄養素を補うサプリを教えてくれます。

最近では、サプリだけでなくフェイスマスクの提供も開始しました。

また、こちらのFUJIMIは、
お客様の声をよく取り上げており、
そうした他の顧客様への対応の透明度も
魅力の一つかと思われます。

MEDULLA

出典元:MEDULLA

こちらは、
日本初の“パーソナライズシャンプー”で

10問の質問に答えていくと、
先程の『FUJIMI』のように
自分が求める髪質に合わせた素材などが結果として表示されます。

自分の好みや悩みに合わせることができるので、
沢山あるシャンプー/トリートメントからは
選べない!」「何を選べばいいか迷う
という方にも向いていますよね。

(私もシャンプーに悩まされる民です;;)

基本的に、
上記2つや『パーソナライズ商品』は、
定期購入の場合が多く、
初回で気に入らなければ解約することも可能です。

そのため、ちょっと試してみようと
気軽に購入ができるというのも
パーソナライズ商品』の特徴です!

 


自分専用という響き、
とても魅力的ですよね!

ご紹介した以外でも
様々な製品が出されていますので
調べてみるのもいいかもしれません……!

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2021年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031