1. HOME
  2. ブログ
  3. 販促にも有利?『LINE公式』でユーザーの心をワシ掴み!?

販促にも有利?『LINE公式』でユーザーの心をワシ掴み!?

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『きだ』です。

節分も終わり、鬼のお面と豆が消えて
街でもバレンタイン向けに
チョコレート売り場が拡大してますね。

さて、今回は、
これからの販促に向けて、
『LINE公式』の使い方をご紹介させていただきます!


 

-目次-
1.『LINE公式』ってどういうもの?
2.“アカウントプラン”や“タイプ”は?
3.企業が上手に活用するには?

1.『LINE公式』ってどういうもの?

SNS時代でも、
2000年代に主流となったメールを退け

2010年代から
新たなコミュニケーションツールとして
親しまれるようになった『LINE』を、
今日はおさらいも兼ねてご紹介します!

『LINE』とは?

2011年の東日本大震災時、
家族と連絡を取ろうとする被災者の映像を見た
NHN創業者の李海珍(イ・ヘジン)自ら、プロジェクトを推進し、

既読機能も「生存確認ができるように」という理由で
生まれたと言われています。

2018年ごろを目途に、
二つ折り携帯電話(ガラケー)でのサービスは終了し始めました。

◇機能は?

メッセージ機能 ユーザーとメッセージのやりとりができます。
スタンプ機能 無料/有料でさまざまなスタンプを取得し使用できます。
LINE通話 ユーザーとLINEを使っての通話が可能です
タイムラインとストーリー 日常の出来事の投稿などができます。
LINEウォレット 送金やアプリ決済が可能です
LINEギフト LINEを通じてプレゼントを贈りたい人にギフトが贈れます。

『LINE公式』とは?

LINE公式=ビジネス向けのLINE

LINE公式は、国内最大の
コミュニケーションアプリ『LINE』を通じ、
企業店舗個人が、友達追加したユーザーと
コミュニケーションをとることができるサービスです。

※2020年4月に、
LINE@はLINE公式アカウントにサービスを移行しました。

◇機能は?

メッセージ機能 メッセージ送信数に合わせてプランがあります。
 自動応答キーワード応答などが可能で、セグメント(区分け)配信も可能。
タイムラインへの投稿 お知らせ掲載などにも役立ちます。
LINEチャット LINEを通じてお客様のお問い合わせに答えられます。
リッチメニュー LINE画面下部に表示される大きなメニューが作成できます。
自社サイトへの誘導にも強力に作用します。
ショップカード ポイントカードの作成や発行ができる機能です。
クーポン、抽選機能 来店促進にも使えるクーポン配布などができます。

このように、
使える機能がもりだくさんです!

2.“アカウントタイプ”や“プラン”は?

LINEの利用者数

主要4か国での月間アクティブユーザー数、
約1億6700万人(2020年10月時点)

国内月間アクティブユーザー数は、
約8600万人以上を誇ります。

LINE公式を利用することは、
これだけのユーザーに訴求できる可能性を秘めています。

まずは、『LINE公式』を知るところから!

機能などは先程もご紹介させていただきましたが、
アカウントタイプやプラン、
アカウントの作り方をご紹介していきます!

◇アカウントタイプ

アカウントタイプは、以下3種類があります。

●未認証(灰色バッジ)
●認証済(紺色バッジ)
●プレミアムアカウント(緑色バッジ)

一体どう違うかというと……

認証済アカウントからは、
LINEアプリ内での検索対象になることができ、
販促用ポスターのダウンロード請求書決済が利用できます。

◇LINE公式のプラン

●フリープラン(無料) 月/1,000通 追加メッセージは不可
●ライトプラン(5,000円) 月/15,000通 追加メッセージ5円
●スタンダードプラン(15,000円) 月/45,000通 追加メッセージ~3円

例えば、フリープランの場合、
友達登録者数250人なら、
週1回配信で上限1,000通を送ることが可能です。

そのため、最初はまず無料で試してみて登録者数が増えたら
プランをアップグレードするといった流れでも大丈夫です。

3.企業が上手に活用するには?

アカウントの作り方

1)アプリ“LINE公式”をダウンロード/PCからLINE公式にアクセス

2)認証済アカウントor未認証アカウントのどちらかを選び申請
※認証されるには審査が必要です
※条件を満たせば、あとからでも認証されます

3)LINEアカウントまたはメールアドレスで、LINE Business IDを登録

4)名前、メールアドレスなど必要事項の入力

——–アカウント開設!——–

上手に活用するためのポイントとは!?

《プロフィールの登録》

画像やアカウントID、社名やサービス名を入力>設定します。

《あいさつメッセージの設定》

1.お礼
2.簡単な自己紹介
3.今後配信するコンテンツ
4.登録のお礼(クーポンなど)
5.登録者の方へのお願い
6.スタンプ

以上の6種類は、一番読んでもらえる部分になるので、
デフォルトは“もったいない”です。

更に、さらに……?

!自社専用のアカウントIDを作る 
LINEアカウントをオープン時は、ランダムな英数字です。
しかし、年間利用料(1,296円)を支払うことで@マークを除いて、
半角英数字+一部記号の18文字以内で自由に作成をすることができます。

!検索されそうなキーワードをLINEアカウント内に含める
店舗があるなら「ランチ」「洋食」など関連ワードを含めます。
紹介文にも含めると◎

!ステータスメッセージにも《検索されたいキーワード》を含める
店名や商品・サービスなど一般的なことで大丈夫です

!LINEプロフィールのURLを他のサイトやSNSでも共有する
作成されたページはPC/スマートフォンどちらにも最適化されます

このように、
カスタマイズして使うことで、
お客様に知っていただけるだけでなく、
知ってもらう入口にもつながります!

使い方は、普段使っているLINEとほとんど変わらないですし、
1000アカウントを超える企業が活用中ですので
(特に小売業は全体の29%を占めます!)
見本になる企業も溢れています!


既存顧客様(ファン)だけでなく
潜在顧客様へも投稿をシェアしたり、
「いいね」が拡散することで訴求することができ、

また、分析ツ―ル(PC版)によってリーチ数なども確認がしやすいので、
モチベーションの維持にも繋がる『LINE公式

是非、使われてみてくださいね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2021年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728