1. HOME
  2. ブログ
  3. 『プロジェクト』に、必要な三つの条件とは?【前編】

『プロジェクト』に、必要な三つの条件とは?【前編】

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『きだ』です。

関西でも緊急事態宣言が出て
一週間とすこし。

飲食店の閉店時間が早まり
“夕食難民”と呼ばれる人々が
続出しているようですが
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
(この呼ばれ方は物議を醸しているようですが……)

かくいう私は、近隣のスーパーに寄ると、
少し遅くなったなぁという日には
惣菜等を買い損ねる日が増えており、

中々、大変な最中ですが、
EC市場の更なる拡大には
追い風だと信じて日々を過ごしています。

さて、今回は、基本に立ち返り
『プロジェクト』に必要な三つの条件について
前編・後編に分けて、ご紹介させていただきます。


 

-目次-
1.そもそも、『プロジェクト』とは?
2.必要な三つの条件は、コレ!【完了条件・協力条件編】

1.そもそも、『プロジェクト』とは?

プロジェクトとは?

仕事をしていると、
かなりの頻度で接することのある“プロジェクト

「……みんなが使っている言葉だけど、いまいちピンと来てない」
「そもそも、どういうこと?」

そういう方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

ここでの“プロジェクト”は、
ビジネスだけではなく、プライベートにも潜んでいる
目標を達成する為にしなければいけないこと」として捉えてください。

例えば、

〇誕生日を祝うためにおいしいケーキを作る
〇好きなアイドルのコンサートがあるから痩せる
〇ご飯を作るためにスーパーへ行く

生活の中の小さなことかもしれませんが、
実はこれらも全て“プロジェクト”です。

▼目標の立て方については、下記をご覧くださいませ


2.必要な三つの条件は、コレ!【完了条件・協力条件編】

完了条件《ゴールの設定》

◇そもそも、どういうこと?

まず、「ゴールを設定していない」という状況は、
どういうことだと思いますか?

例えるなら、
“暗闇の中を目的地もなく旅している”ような状況です。

そのせいでどこへ行けばいいかを迷ったり、
一体どこまで続いているのか分からない道を
延々と歩き続けなければいけなかったりしてしまいます。

けれど、街の明かりや灯台などの目印があれば、
誰でもそこを目的地にすることができますよね。

目的地”ができることで、
そこに辿り着くという“目標”ができ、
辿り着くつくためにどうすればいいか“計画”を練ることができます。

その過程を得るためには、
完了条件《ゴールの設定》”が必要です。

◇ビジネスでいうと……?

ビジネスでいえば、
「その事業を通しての最終地点は、
一体どこにあるのか?」ということです。

社会の役に立つため、
お客様に喜んでいただくため等、様々な目的があると思います。
ただ、“プロジェクト”には欠かせない日々の仕事でも、
目的地が分からない・見失っているということもあるかと思います。

仕事をしている際に、
あなたの仕事は目的を見失っている
そんなことを言われてしまった経験はありませんか?

なぜ、そういうふうに言われてしまうのか?
それは、“目的”が自分でも気が付かないうちに
変わってしまっているからです。

例えば、

「サービス向上」という“目的”のために、
社内で情報共有を徹底するという“目標”を立て、
日々の業務をシートへ記入するという“計画”があるとします。

……けれど、仕事に追われ、
一刻も早く帰りたくてシートを記入している。

この時点で、『サービス向上』という目的が『早く帰ること』になっています。
そして、それは目の前のことを、
ただ処理しているだけになってしまっているんです。

(もちろん、早く仕事を終わらせることが悪いわけではありません。)

目の前の業務にどういったバックグラウンドがあり、
今後どうしていくためにこの作業をしているのか?
この考えを念頭に置いておけば、
仕事への取り組み方も変わっていきます。

そうして明確化することで、
より一つ一つの仕事の意味合いも変わっていきます。
なので、

旅の目的地=完了条件を決めることです。

協力条件《チームが前提》

◇そもそも、どういうこと?

「チームですることが、なぜ前提なの?」
「1人じゃダメなの?」
と、思ってしまいがちですが……

例えるなら、
「RPGゲームで仲間を集めてパーティを組んだ状態」のほうが、
余程の猛者でもない限り、
“勇者一人だけ”よりもクエスト(=仕事)は進められますよね。

敵からの攻撃(=リスク)が続いてHPが削られれば、
そのままゲームオーバー(=案件失敗)になってしまうかもしれません。

けれど、魔法を使える“僧侶”がいれば蘇生ができたり、
交渉が得意な“商人”がいれば欲しい武器が安く手に入り、
弓の名手がいれば中・長距離戦に対応することができます。

それぞれ得意・不得意をもった仲間がいることで、
死角が狭くなり、さまざまなクエストを受けることができるようになります。

◇ビジネスでいうと……?

ビジネスの場面でも、一緒ではありませんか?
プロジェクトチーム組む際も、
それぞれの役割が重要になります。

チームで取り組み、尚且つ、チーム力を最大化すれば、
一人よりも心強くありませんか?

チーム維持に必要な4つのポイント

AAP

安心(A)・安全(A)・ポジティブ(P)
の場にすることをチーム全体で心がける。

反対にいえば、
不安(F)・危険(K)・ネガティブ(N)
にならないように個人でも気を付けていきます。

言葉の定義をすり合わせる

例えば、「今日中に資料をお願い」と
Oさんが、Aさん・Bさん・Cさんに頼んだとします。

A:「今日中ですね(じゃあ、今日の23:59までか)」
B:「今日中ですね(業務終了は18:00だから、17:00には渡そう)」
C:「今日中ですね(業務が詰まってるから、明日の業務開始前まででいいかな)」

Oさん「え、なんでこの時間!?」

Cさんは極端な例かもしれませんが、
コミュニケーション不足によって実際に起こりえる問題です。

もちろん、人それぞれの価値観や考え方が違うことは、チーム外でも起こりえます。
100%、考え方の一致している人間に会うことは稀ですよね?

だからこそ、チーム内での認識のすり合わせと
コミュニケーションは欠かせません。

共感とゴールの共有

船を漕ぐとき、
みんながバラバラの方向を向いていたら
一向に船は進んでくれませんよね。

もちろん、別の視点のアプローチも必要な時はありますが、
目的地に辿り着くために何が必要か?
前述したコミュニケーションも、もちろん大事ですが、
共通した“やりがい”を持つことです。

共通した“やりがい”を持ってチームで動く限り、
本気でやっていくぞ!と足並みをそろえるキッカケになります。

相手への尊敬(リスペクト)

価値観考え方が違うからこそ、相手への尊敬は欠かせません。

シャットアウトをして、
他者を締め出してしまうことは思いのほか簡単ですが、
これまで挙げた3つのポイントも、尊敬がなければ成り立ちません。

立場の違いや年齢差、性別の違いはあっても、
同じチームの仲間を大切にすることは他に比べようがないくらいに、
一番大切で、チームのために欠かせない軸といえます。

このような条件が、
前提にあることを考えると
普段携わっている“プロジェクト”について
徐々に方向性が見えてきませんか?

【1月25日更新の回にて、後編はご紹介させていただきます!】

さて、いかがでしたか?

今回は、プロジェクトを進める上で、
欠かせない条件(完了条件・協力条件について)を
まずは、2つご紹介させていただきました。

是非覚えていただいて
お仕事に役立てていただけましたら幸いです。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031