1. HOME
  2. ブログ
  3. ユーザーの目を惹く!印象に残る!ECデザイン2021年

ユーザーの目を惹く!印象に残る!ECデザイン2021年

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『わっしー』です。

お正月からあっという間に2週間経ちましたね。
私は、コロナの影響もあり、気軽に外に出られず
買い物欲が高まっています…!

こんな調子で、今年のネットショップも
需要がどんどん高まっていくと予想されます。

そこで今回は、サイトに訪れたユーザーを
惹きつけるECサイトのデザインを
例を挙げながら、紹介していきます!


 

-目次-
1.2021年のデザインのトレンドは?
2.トレンドを取り入れているサイトまとめ
3.これらのデザインが生み出す効果

1.2021年のデザインのトレンドは?

今や普段の生活には、Webサイトが
必要不可欠な存在になっていますよね?

それを背景に、これからのデザインは
リアル感を前面に出す、新しいジャンルが
注目され始めているようです。

2021年のデザイントレンドが発表されているので
その中から、いくつかデザインの手法を挙げます。

パララックス・アニメーション

普通のアニメーションとは異なり、
ユーザーのスクロール動作によって
様々なパーツを動かすことで
サイトにスピード感や奥行きを演出することができます。

目に優しい配色を使う

最近は、仕事でもプライベートでも、
多くの人が画面を見て過ごしています。

そのため、長時間にわたって画面を見ても
目が疲れにくい色づかいが増えてきているようです。

化粧品や雑貨などの商品であれば
清潔感、ナチュラルな雰囲気を作ることもできます。

ニューモーフィズム

サイトのベース(背景)から
ボタンなどの要素が押し出されていたり、
窪んでいたりするようなスタイルのデザイン手法です。

日本ではまだ使っているサイトが少ないので
新鮮で近代的なデザインが目を惹きます。

昨年のECデザイントレンドはこちら


2.トレンドを取り入れているサイトまとめ

以上のようにトレンドを見ていると
ページに動きをつけたり、
ユーザーがより使いやすいデザインが
この数年で、じわじわと広まってきています。

では、そのトレンドを早速取り入れている
サイトの事例を見てみましょう!

パティスリー銀の森

岐阜県にあるパティスリーです。
パララックス・アニメーションが取り入れられた
独特の世界観に入り込める、細部までこだわっているサイトです。

まるでお店を見に入ったような感覚になりますね!

 

イグニスイオ

自然派スキンケアブランドとして知られる
イグニスの新しいブランドです。

ポップなデザインと
パステルカラーが女性にヒットしそうな
かわいいデザインですね!

また、商品自体がデザインの中に取り込まれていて
とても魅力的に見せられています。

 

mon.cifaka

ロゴや商品が、ぽよぽよと動いて
操作しているだけでも楽しいです。

ナチュラルな雑貨店の雰囲気もあり
お店の商品を見て回りたいと感じますね!

 

みさとと。ーー島根県美郷町魅力再発見プロジェクト

最後は、ECサイトではないですが
スクロールすると、しかけ絵本のように
島根県美郷町の魅力が展開されていくサイトです。

ユーザーがわくわくするような仕掛けで
思わず最後までスクロールしてしまいます。
美郷町に興味を持ってもらえるデザインですね!

3.これらのデザインが生み出す効果

いくつかサイトを紹介しましたが
ただ、これらの真似をするだけでは
デザインの効果を発揮できないこともあります。

最後に、新しいデザインの生み出す効果と
使用する際の注意点についてお話します。

まずは、これらのデザインを取り入れることで
大きく2つのメリットがあります。

①多くの情報をスムーズに伝えられる
長々とした文章や写真だけではユーザーも疲れますが、
動きをつけることで、飽きさせず、
お店の雰囲気や商品の魅力を伝える事ができます。

②注意を引きつける
よく男性にモテるアクセサリーとして
「揺れる」ものが紹介されますが、それと同様に
人は動くものに注目し反応する習性があります。

静止画像のみのサイトよりも、動きをつけることで
強い印象を残すことができます。

しかし、デメリットとして、やりすぎてしまうと
ユーザーがWEBサイトにやってきた目的を妨げたり、
情報量が多すぎてユーザーを迷子にさせたりするリスクもあります。

サイトを通して、ユーザーに何を伝えたいのか
明確にし、それに合ったデザインをすることが
デザインをうまく活用する重要なポイントです。

売れるECサイトについてはこちら


いかがでしたでしょうか?

今までの静止しているサイトではなく
ユーザーが自分で操作することで動きや変化があったり
誰でも使いやすいと感じるデザインが
ますます増えていくでしょう。

ぜひサイト改善の参考になればと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031