1. HOME
  2. ブログ
  3. 今度はなにが流行するの?2021年版、ヒット予測!

今度はなにが流行するの?2021年版、ヒット予測!

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『きだ』です。

新年あけましておめでとうございます。
2021年、新しい年を迎えましたね!

鬼滅の刃』が
世代を問わず話題になり、

任天堂の『あつ森』などで、
オンライン・エンタメの需要が拡大、

遠隔での会議などでは、
ZOOM』や『Slack』などの
オンラインツールがビジネスへ導入されるなど

2020年は、
新型コロナウイルスの流行とともに
さまざまな変化がありましたいね。

残念ながら、
2020年に東京オリンピックは開催されませんでしたが、
2021年は、一体どんな年になるのでしょうか?

 


 

-目次-
1.2021年はどんな年?
2.ランキング発表
3.どうなる、2021年?

1.2021年はどんな年?

延期された東京オリンピックは、
2021年7月23日に開会するそうですが、
引き続き、動向が気になるところですね。

やはり、2020年の流れを汲んで、
「With/Afterコロナ」の世の中は
この先も続いていくと予想されますが、

さっそく、ヒット予測を見ていきましょう!

ヒット予測から見る2021年

日経トレンディから
毎年発表されている『ヒット予測』

2020年はニューノーマル時代の幕開けでしたが、
2021年はどんなものが
流行ると予測されているのか気になりますよね?

▼昨年の予想と評価項目はこちら

2.ランキング発表

1位から5位まで、順に発表!

【1位】大自然、人と離れて「無人駅&辺境グランピング

日本一星空が綺麗な村“阿智村(長野)”をはじめ、
日本一のモグラ駅“土合駅(群馬)”など

“何もない”ことが注目を浴びるようになりました。
(裏を返せば、都会に“無いもの”があるとも言えます)

コロナ禍によって人々が密集を避け、
大自然の中で過ごせるための施設が徐々に増えているようです。

【2位】いろいろな視点で試合観戦!「多視点スポーツ観戦

せっかく行っても声援も遅れず、
現地での観戦が厳しくなっていた2020年から進化し、
(一時は球場にペッパーくんが並んでましたね)

その時々で見たい映像に切り替えて、
視点をいろんな場所へ飛ばせる観戦方法が
「5G」×「Swipe Video」
によって、360度アングル選び放題で見られるといいます。

例えば、
選手交代時にもっと俯瞰してみたいときや
好きな選手をに注目して見たいとき等
活用方法はたくさんありそうですね!

【3位】県を超え遠隔で仕事?「ビヨンド副業

beyond(=超える、向こう)×「副業」
副業の“概念”や“地域”などを超えた副業という意味だそう。

週に数回副業し、
月に1回副業先へ出張するそうで、
リモートワークが浸透し始めた
この時代ならではとも言えますね。

また、調べたところによると、
副業しながら地方貢献ができますよという側面が強いようです。
(登場しはじめなためか、情報が少なめでした)

【4位】“捨てる”という概念を捨てる「Loop

資源問題が取りざたされていますが、
アメリカのテラサイクル社が立ち上げた
循環型のショッピングプラットホーム

「Loop」は、従来使い捨てされていた容器を
繰り返し使える耐久性の高い素材にしたあと、
消費者が使用後に回収洗浄補充して
リユースするというサービスなのだそう。

サステナブルが注目を集めたことで
環境配慮がより進みそうですね。

【5位】昆虫からタンパク質摂取!?「コオロギフード

何年か前から海外では着目されていた昆虫食が、
2年前から日本でも注目されるようになり
(東京・秋葉原には昆虫食の自動販売機があるのだとか)

遂にスナックだけでなくラーメンなど、
環境に優しい新たな“食材”として
今回は満を持して注目を集めるようになったようです!

3.どうなる、2021年?

EC市場は昇り龍化へ

富士経済調査によれば、
2021年における国内の通販・EC市場は、

なんと、
13兆955億円にまで
拡大すると予測されています。

2019年と比較すると、およそ12.3%の増加です。

2020年のコロナ禍で
“巣ごもり需要”の増加が
2021年にも続くと予想されています。

商品カテゴリ別の予想は?

◇食品・産直品

時短調理に特化した商品が増加する一方で、
デリバリーサービスの多様化により、
多種多様な飲食店の出店が進んでおり、

エリア拡充などにより
食品・産直品通販への脅威化が進んでいます。

しかしながら、
楽天市場の2021年の期待株には
ストーリー消費」が挙げられていることなどから、

応援するための購買傾向も
少なからず増えると見られています。

また、2020年は、一時ネットスーパーなど
通販の利用が急増したことから配送システム
パンク状態になるケースもありましたが、

市場は拡大が予想されています。

◇生活雑貨

大手ECサイトによる
価格競争の激化と収益性の低下が見られるものの

2020年に顕著だったマスク消毒用アルコールなどの
需要が急増したことによって市場は拡大しています。

一時は価格高騰品薄も見られましたが、
下半期にかけて徐々に落ち着いたこともあり、

2021年も「Withコロナ」に準じた
多種多様な生活雑貨が市場の拡大を担うとされています。

しかしながら、キッチン用品などの高価格な商品は
消費意欲が落ち込むために、需要の低下
予想されているようなので注意をしておきたいですね。

【+α】決済方法

また、決済方式が現在多様化しており、
様々な会社が非接触式の支払い方法に

力を入れ始めたことから今後も拡大するとみられ、
置き配宅配ボックス等の需要拡大を追い風に、

クレジットカードの利用は
今後も増える見通しとされているようですよ!


さて、いかがでしたか?

まだまだ、
期待と不安が入り混じりますが、
より良い1年が過ごせるといいですよね。

新年最初のブログ更新でしたが、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031