1. HOME
  2. ブログ
  3. 年末商戦への準備! SEO対策のビッグキーワードと スモールキーワードとは?

年末商戦への準備! SEO対策のビッグキーワードと スモールキーワードとは?

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『おかもと』です。

だんだんと朝晩の気温差も出てきて
『 食欲の秋 』と言われるように
旬の美味しい食材を食べて
パワーをつけたいこの頃です(^^)

さて、2020年の終わりも
近づいてまいりました。

ECショップ運営の方は
既に年末商戦の準備に差し掛かられて
いるところですね!

本日は年末商戦へ向けた
SEO対策 』の一部である
ビッグキーワード 』と
スモールキーワード 』について
初心者の方でもわかりやすいように
簡単解説
させていただきます!


 

-目次-
1.『 SEO対策 』とは?
2.『 ビッグキーワード 』と『 スモールキーワード 』
3.ECショップが狙うべきキーワードとは?
4.まとめ

1.『SEO対策』とは?


ECショップ運営をしていると
『 SEO 』という言葉をよく耳にしますが
そもそも『 SEO 』とは?

今更聞けない方のために簡単に解説します!

SEOとは:
・Search (サーチ)
・Engine (エンジン)
・Optimization(オプティマイゼーション)の略。

つまり『 検索エンジン最適化 』を意味します。

日本の検索エンジンのメインは
Googleと言われております。
Yahoo!の検索エンジンもGoogleを用いて
検索されているのでこちらに含まれます。

最近ではYouTubeで検索利用をする
ユーザーも増えてきておりますが
SEO対策と言えば
Googleのアルゴリズムの構成
理解し、対策をするといいと言われております。

SEO対策は検索エンジンの
検索結果で自社のサイトを
上位に表示させる対策を意味します。

上位に表示されるということは
検索をかけたユーザーが
クリックしてくれる確率も上がるため
自社へのサイトへのアクセスが大きく見込めます。

このGoogleのアルゴリズムの構成要素は
公表はされておりませんが

『 信頼性や信憑性の高いコンテンツを作る 

ことが大事だと言われております。

2.『 ビッグキーワード 』と『 スモールキーワード 』

では次に『 ビッグキーワード 』と
『 スモールキーワード 』をご紹介いたします。

ビッグキーワード

メジャーなキーワードのことを指します。

例として『 京都 観光 』と検索をかけてみると
約180,000,000件の検索結果が表示されました。

この検索結果の1ページ目に表示されている
コンテンツは公式サイトや
旅行会社のおすすめスポットなどの
コンテンツが表示されています。

多くのユーザーが検索をかけるキーワードではありますが
このような公式サイトや大手旅行会社と
一緒に並んで1ページ目に表示させるのは
とても困難ですよね。。

ましてやGoogleアルゴリズムは
信頼性や信憑性の高いコンテンツを
求めているので、これらのサイトよりも
よりクオリティ(質)の高いページを作らないと
いけないことになります。

また『京都 観光』で
検索をする方は

『京都で良い観光スポットはないかな~』と
まだ京都に行くということだけで
具体的なイメージは持っていません。

こういった点からページをクリック
してくれても
アクションを起こしてくれる可能性は
まだまだ低い状況です。

スモールキーワード

いくつかの単語を組み合わせたキーワード
潜在的なニーズがあるキーワード
二ッチな(経済用語では隙間産業を意味する言葉)キーワード

のことを指します。

先ほどの『京都 観光』を用いて
スモールキーワードを例えさせていただきます。

『 京都 観光 隠れ家スポット 

こちらを追加することで
約1,500,000件まで絞り込まれました。

さらに

京都 観光 隠れ家スポット 河原町

こちらを追加すると
約239,000件まで絞り込まれました。

『京都 観光』だけだと
約180,000,000件も表示されていた検索件数が
約239,000件まで絞り込まれると
信憑性のあるページ制作をすると
検索上位1ページに掲載される
可能性も高くなってきますよね。

3.ECショップが狙うべきキーワードとは?

ではコンテンツマーケティングをする上で
ECショップが狙うべきキーワードとは
どちらでしょうか?

ここまで話せばもう決まって

スモールキーワード 』ですよね(^^)

新しい商品やサービスをたちあげるときの
ポイントとして
まずは検索エンジンでヒット件数が
少ないキーワードを探しましょう。

もう1歩言うと

検索エンジンでヒットしない名前 』を
つけると必ず1番になれます!

またスモールキーワードを考える上で
大事なことは

インフォメーショナルクエリ 』を
意識することと言われております。

『 インフォメーショナルクエリ 』とは
情報収集型の検索クエリを意味します。

例えば、今やほとんどの方が
活用しているSNSの『 LINE 』アプリですが
急にログインができなくなって
対処がわからない場合
何と検索をして調べますか?

多くの方が
LINE ログインできない
LINE 急にログインできなくなった
などで検索をかけるかと思います。

実際に『 LINE ロ 』まで入れると
Googleの想定で『 LINE ログインできない 』が
1番初めに出てまいりますので試してみてください(^^)/

このように欲しい時やわからない時に
困っている人が知りたい情報の
ワードを入れることにより
スモールキーワードが活かされてきます

4.まとめ

年末商戦へ向けた
コンテンツマーケティング
準備をされる際は

・ユーザーが欲しいと思って検索をかける
スモールキーワードを意識する
・検索エンジンでヒット数が少ない
キーワードを意識する

こうしたところを意識すると
自店のペルソナさんが知ってくれる
可能性が広がります。

ぜひご参考くださいませ(^^)/


最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

それではまた次回★

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930