1. HOME
  2. ブログ
  3. オンラインマルシェを参考に!自店でできる工夫とは?

オンラインマルシェを参考に!自店でできる工夫とは?

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『なべ』です。

8月も今日で最終日ですね!
社会人1年目の夏はあっという間でした…
9月も頑張ります!

さて今回は前回の記事に引き続き
オンラインマルシェ」に
絡めたお話をさせていただきます。

需要が高まっているオンラインマルシェ、
需要が高まっているのにはちゃんと理由があります。

そちらを踏まえて、今回は、
オンラインマルシェを参考にした自店の工夫
についてお話させていただきます!


 

-目次-
1.オンラインマルシェについて
2.自店でできる工夫とは?
3.まとめ

1.オンラインマルシェについて

オンラインマルシェとは、
農家の方や漁師の方が直接食材を
ECで販売するサービスのことで、
新鮮な食材をネット上で買うことができ、
人気を呼んでいます。

生産者の方の顔と名前がわかるので
安心して注文することができ、
それだけでなく
「どうしたら美味しく食べられるのか」
「どう保存するのが一番いいのか」
など、生産者の方にノウハウを教えていただけることも
魅力の一つとなっています。

コロナ渦で外出自粛の世の中としては、
家にいながら新鮮な食材が届くということにも
魅力を感じて利用する方が増えているようです。

人と人とのつながり-ポケットマルシェ-

オンラインマルシェのサービスはいくつかあるのですが、
そのうちの一つである「ポケットマルシェ」をご紹介します。

ポケットマルシェは、
「作る人と食べる人を繋ぐ」サービスとして
消費者の方が生産者の方と
直接やり取りをしながら
食材を買うことができるサービスです。

何か質問があれば
気軽に生産者(出品者)の方に
質問することができ、

届いたものを実際に食べた後は
出品者の方に
「ごちそうさま」を伝えることができます。

オンラインではありますが、
生産者の方と直接やり取りをして
感謝の思いを伝えることができるのが
魅力となっています。

外出自粛に伴い、
人と人とのつながりについて
より重視されているのかもしれませんね。

また、ポケットマルシェは
出品者が農家の方もしくは漁師の方であることを
ポリシー
としています。

趣味で何かを育てている方や、加工や販売を
メインにされている方が登録することは
原則、できません。

だからこそ、より安心して
食材が買えるサービスを提供しているのです。

2.自店でできる工夫とは?

オンラインマルシェを参考にした自店の工夫ということで、
オンラインマルシェのメリットをまとめてみましょう。

・家にいながら気軽に新鮮な食材を注文することができる
・生産者の方と直接やり取りできるので安心
・生産者の方の応援に繋がる
・直接やり取りできるので、ノウハウやレシピなどを教えてもらえる

こうしたことがオンラインマルシェの
魅力となっているようです。

この中で、自店にできる工夫として
参考になるものはなんでしょう?

私の見解では、

生産者の方と直接やり取りできる
ノウハウやレシピなどを教えてもらえる

こちらの二つがポイントになるかと思います!
順番に見ていきましょう。

オンラインでのコミュニケーション

ネットショップはスーパー等とは違い、
出店者の顔や商品を見ることができず、
お客様と直接コミュニケーションをとることは
難しいです。

しかし、
注文の際にサンクスメールを送信したり、
メルマガを配信したり、
いただいたレビューに返信したりと、
お客様への対応によって「もう一度ここで買おうかな」と
思ってもらえる可能性はぐんと上がります。

また、コミュニケーションに関しては
SNSの活用も効果的です。

下記はカゴメ株式会社の
Facebookの投稿の一つですが、
お客様とコミュニケーションをとるための工夫をしています。

それは、コミュニケーションの工夫とは、
クイズやアンケートを通して
お客様とやり取りをするということです。

内容としては、カゴメの商品を使った
料理などに関するもので、上記のオムライスのように
ユーザーが親しみを持ちやすい工夫がされています。

回答に対しては
個別に返信するなどの対応をしており、
親しみやすさを感じるようにされているようです。

ネットでは遠くなりがちな距離を、
コミュニケーションで縮めることで、
信頼度もアップさせています。

Facebookの他にもTwitterやInstagramを利用して、
ユーザーと積極的にコミュニケーションを取ることで
自店に来てくれる可能性が上がります。

SNS関連の記事はこちらで沢山紹介しているので
参考にしてみてくださいね!

ノウハウや情報の提供

生産者の方と同じく、
出店者の方には商品に関するノウハウなどを
発信することも大事になってきます。

例えば、「贈り物でチョコが欲しい!」
と思ってチョコレート専門のネットショップに来ても、
種類が多いと「どれを買えばいいんだろう…?」となり、
「美味しく淹れるにはどうすればいいんだろう…?」
という方も出てくるかもしれません。

そんな時は、
「初めての方はこちら!」
「美味しくいただくための保存の仕方」など、
買いに来た人を導くために、
ノウハウを記載したページを作ると、
始めて自店に来た方でも買いやすいと思います。

また、食材などの商品によっては
「美味しい食べ方」として、
商品ページに調理方法の動画などを
載せるとより効果的です。

他にも、ユーザーが
サイズ感や使用感などを確かめながら
購入を検討する手段としても
動画は効果的です。

情報があればあるほど
安心感は増すので、
自店に合った形で
ご自身のノウハウをページに
採り入れてみてはいかがでしょうか?

3.まとめ

オンラインマルシェの魅力の中でも、
コミュニケーションの部分に
焦点を当てて、自店にできる工夫についてお伝えしてきました。

生鮮ECのクックパッドマートは、
ライブ配信で直接生産者の方とやり取りしながら
新鮮な食材を買うことができる
週末のオンラインマルシェを開催したりしているそうです。

オンラインマルシェを参考に、
自店でできる工夫をしてみてください!


 

いかがでしたでしょうか?
ネットショップは便利というだけでなく、
ユーザーにとってのそれ以上の価値をつけるためにも
どんどん工夫をしていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

『なべ』でした。

それでは、また次回!

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31