1. HOME
  2. ブログ
  3. まだ続くコロナ渦!乗り切るための支援制度

まだ続くコロナ渦!乗り切るための支援制度

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『なべ』です。

8月も気づけばあっという間に後半ですね。
まだまだ新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中ですが、
頑張って乗り切りましょう!

さて、そんなわけで今回ご紹介するのは
コロナ渦で活用する補助金などの支援制度についてです!

前にもいくつかご紹介しているので、
よろしければご参照ください!


 

-目次-
1.自社に合った支援制度を見つけるには?
2.申請期間延長!活用すべき補助金
3.まとめ

1.自社に合った支援制度を見つけるには?

前回は補助金や助成金をいくつかご紹介しましたが、
こうした支援制度は条件が細かく、
自社に合っている制度なのかわからない…
という方もおられるかもしれません。

そんな時、支援制度を
検索できるツールが便利です!

Yahoo!くらし 新型コロナ 対策支援制度まとめ


◆実際のページはこちら◆

Yahoo!くらしとは、2019年8月から開始されたサービスで、
結婚や引っ越しなどのライフイベントに関して、
役所での手続き方法や必要書類を地域ごとに
調べることができることができるツールです。

このYahoo!くらしで、
新型コロナ 支援制度まとめ」が
公開されています。

個人向け、企業向けで検索できるだけでなく、
地域ごとに検索することもでき、
上の画像の下部のように
「気になるワード」をクリックすることで
絞り込みも可能です。

例えば、
「個人事業主・企業向け」、「もらえる・戻ってくる」、「京都府」
で検索すると…

上記のように、
28件ヒットしました。
表示された支援制度のタイトルをクリックすると、
簡単な情報と、公式サイトのリンクが
確認でき、更に関連する制度
表示してくれるので、
目的に合わせた制度にたどり着きやすくなっています。

一般の方も、個人事業主の方も
気軽に検索ができるようになっています。

補助金ポータル

補助金ポータルは、
Yahoo!くらしと違い、企業向けの
補助金・助成金支援のプラットフォームになっています。

上記画像のように、
都道府県に加え市区町村、利用目的キーワードでの
検索が可能です。

企業向けとなっているので、
より詳細に検索することが可能です。

また、補助金ポータルでは
支援制度の検索を含め7つのサービス
利用することができます。

コロナの拡大に合わせて利用率が上がっている
支援制度ですが、検索だけでは不安な方もいるかも
しれません。

そのため、補助金ポータルでは
無料相談を受けることができます。
専用の無料相談フォームから申し込むことで、
「支援を受けるにはまずどうしたらいいのか?」
「自社が対象になる支援制度は何か?」など、
専門家に相談することができます。

自社が対象となる支援制度を調べるなら、
無料診断ページ
簡単な質問に答えることで
対象の支援制度をすぐに確認することができます。

また、補助金・助成金の申請をサポートしてくれる、
補助金コモン」のサービスを、
月額5万円からのプランで提供しています。

補助金・助成金は申請の条件が細かいものが
あるので、相談できるのが安心ですね。

補助金ポータルはこちら

まずは検索ツールを使って、
自社に合った補助金、助成金を探してみましょう。

2.申請期間延長!活用すべき補助金、助成金

新型コロナウイルスの感染が拡大して
しばらく経ちますが、まだまだ活用できる支援制度は
あります。

IT導入補助金

IT導入補助金とは、
テレワーク導入、ITツールの導入の際に
かかる、ソフトウェア費や
ハードウェアレンタル費などの
経費の一部の補助を受けることができる制度です。

IT導入補助金については
下記の記事で詳しく紹介されています!

IT導入補助金は今年から
新型コロナウイルスに伴うテレワーク導入のための
「特別枠」の申請期間を設定しています。

8月31日までの申請が最新でしたが、
通常枠のA型、B型に加え、
特別枠のC型の申請期間が更新されました。

次回の締切は、

2020年9月30日(水)17:00まで

となっています。

通常枠では補助率が1/2となっていますが、
特別枠での補助率は3/4となっており、
最大450万円の補助を
受けることができます。

IT導入補助金の申請の際は
いくつかの必要書類があるので、
締切が一ヶ月先といえど、
公式サイトで確認し、早めに準備することを
お勧めいたします。

弊社のクラウドサービス、楽々通販2
ITツールとして補助金の対象になります。

It導入補助金(C類型)の公募要領はこちら

ものづくり補助金

ものづくり補助金とは、
中小企業・小規模事業者等が今後数年にわたり
相次いで直面する、働き方改革や賃上げなどの
制度変更の際に、
革新的なサービスの開発や試作品開発、生産プロセスの見直し
の際にかかる費用を支援する制度です。

通常では「一般型」「グローバル展開型」「ビジネスモデル型」
に分かれています。

ものづくり補助金も
IT導入補助金と同様に、
「一般型」「グローバル展開型」では
新型コロナウイルスの影響を乗り越えるための
前向きな投資
を行う事業者に対して、
「特別枠」を設けています。

通常枠では補助率が中小企業者の場合1/2、
小規模企業者・小規模事業者の場合2/3のところ、
特別枠ではA類型2/3、B・C類型3/4
補助率となっています。

補助対象は革新的なサービスや
新たな取り組みを開始する際の
機械装置、システム構築費、技術導入費などに加え、
特別枠では広告宣伝費、販売促進費
補助対象となっています。

特別枠への申請要件として、
経費の1/6以上が以下に投資されていることが
要件となっているので注意してください。

・サプライチェーンの毀損への対応
(製品供給継続のための設備投資等)
非対面型ビジネスモデルへの転換
(非対面・遠隔サービスに必要な投資)
テレワーク環境の整備
(テレワークに必要なシステム構築等)

4次の受付が8月4日から開始しており、
2020年11月26日の17時が締切となっています。

IT導入補助金同様、
テレワーク導入も補助の対象になるので
ぜひ活用をご検討下さい。

ものづくり補助金の公募要領はこちら

3.まとめ

補助金制度、助成金制度はまだまだたくさんあるものの、
どれが自社に合っているのかを確かめるには、
専用の詮索ツールでまずは調べて見たり、
補助金ポータルのように
専門家に相談することがより確実です。

上記の2つの制度のように、
新型コロナウイルスに伴って特別枠を設けているものは
更に申請期間を延長している場合があるので、
是非チェックしてみてください。


 

いかがでしたでしょうか?
コロナの影響が続いており、
今まで通りとはいかない状況だからこそ、
補助金や助成金を利用することが大事です。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

『なべ』でした。

それでは、また次回!

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31