1. HOME
  2. ブログ
  3. コロナ問題で働き方はどう変わった? -アフターコロナの働き方について-

コロナ問題で働き方はどう変わった? -アフターコロナの働き方について-

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『おかもと』です。

北九州地方では
第2波の予兆がきているようですが
コロナ問題…まだまだ終息は
難しい現実ですね。

コロナ問題を機に
以前より言われていた
『働き方改革』が
大きく変化をしようとしております。

EC業界ではクラウドサービス
取り入れている企業様が
他の業界と比べると
多いので、今後も情勢に
応じて働き方の多様化
図りやすいかもしれません。

本日は『働き方』に
焦点をあててご紹介してまいります!


 

-目次-
1.コロナ問題で大きく変わった社会
2.コロナ前と働き方はどう変わった?
3.アフターコロナの働き方とは?
4.まとめ

1.コロナ問題で大きく変わった社会

国内外で大きな問題となった
新型コロナウイルス(COVID-19)問題

コロナウイルス感染拡大により
世界経済に大きな打撃となりました。

私自身、1月~2月半ばくらいまでは
中国のコロナウイルス問題の
ニュースを拝見するくらいで
特に身の回りにまだ変化がなかったため
半ば他人事と捉えていましたが
翌月には、日本の小中学校が臨時休校になり
翌々月には緊急事態宣言が発足され
自分自身も初めての
テレワークでの在宅勤務など
目まぐるしいスピードで
身のまわりの環境に変化がありました。

現在、日本は緊急事態も
全面的に解除され
徐々に生活環境も
戻していくかたちで
進んでおりますが

これからは

Withコロナ時代』と
呼ばれているように
元に戻るわけではなく
新しい時代がやってまいります。

今回のコロナ問題を機に
私たちの生活は以下のように
大きく変わりました。

・外出や旅行の外出型消費の激減
・巣ごもり商品の活発化
・働き方の変わり方による時間の使い方

今まで当たり前のようにしていた
外出や旅行ができなくなりましたが
このコロナ問題で
さらにデジタル消費の流れが加速
バーチャルでのオンライン
バスツアー旅行体験なども話題となりました。

また自宅で過ごす時間が増えたことにより
お料理やお菓子作りの
製菓材料などが爆発的に売れたり
ジムなどにも通えないことから
自宅でできるトレーニンググッズの
需要が増えたりとネット通販の
利用率
も増えました。


『引用元、調査対象:』
Petrelの公式Instagramアカウント「@petrel_jp」のフォロワー

今までネット通販を
利用したことがない方も
コロナ問題で
初めてネット通販を利用した方
多いようです。

『引用元、調査対象:』
Petrelの公式Instagramアカウント「@petrel_jp」のフォロワー

2.コロナ前と働き方はどう変わった?

次に『働き方』について見ていきましょう。

4月7日に政府が緊急事態を発足した際
このような呼びかけがありました。

人と人との接触を最低7割、極力8割減らす」

このことから新型コロナウイルスの
感染拡大のリスクを低下させるため
多くの企業がテレワーク勤務体制
踏み切りました。

コロナ問題前からも『働き方改革』という
言葉はよく耳にしていましたが
実際、多くの企業では
まだまだ実践できない問題も
多くございました。

テレワークが実施されるまでは
慣れない環境や
自宅で業務ができる不安などから
オフィス勤務を
希望する人が多かった
ようですが
日経BizGateのアンケート調査によると

コロナ禍が収束しても
引き続きテレワーク中心に働きたい

という回答が約4割に達したようです。

また下記表は4月20~29日
全国の働いている
日経BizGate会員を対象に
インターネットで実施した。
20~70代の有効回答
1951件を集計した結果となります。

n数/全体=1951、20~30代=141、40代=413、50代=815、60代以上=582、大企業=599、中堅企業=556、中小企業=749
(引用元:日経BizGateより)

テレワークをしたいけど
業務内容的にできない企業や
環境整備が整っていないことなどから
出社をせざるを得なかった方々も
調査結果でわかりました。

下記の表はテレワークをして
生産性があがったか
ストレスはさがったか
について調査をした結果となります。

生産性はあがったか

ストレスはさがったか

(引用元:日経BizGateより)

緊急事態宣言が全国的に
解除されましたが
これを機に
在宅勤務を推奨していく企業や
オフィス体制に戻す企業など
様々ですが
新たな働き方モデル
見えてきました。

3.アフターコロナの働き方とは??

上記のことから
アフターコロナの働き方として

・テレワークだけで働く
・テレワーク中心にオフィスでも働く
・オフィス中心にテレワークでも働きたい

これらを含めると約9割の方が
オフィス勤務だけでなく
テレワークを継続したいという
調査結果となりました。

(引用元:日経BizGateより)

今回のコロナ問題で
より働く人々が
働き方の多様化』を
求めていることがわかります。

また企業側もテレワーク環境を
進めたことで
今まで当たり前としていた
フローの見直しなどを図れ
社内の業務改革を行う上で
重要なヒント
たくさん見つかったようです。

日立製作所では
先日5月26日に
今回のコロナ問題を
きっかけに来年4月から
5割程度の在宅勤務
標準とする制度を導入すると
発表しております。

オンライン形式の記者会見で
会見を行った中畑英信執行役専務は
従業員が時間・場所に縛られずに
能力を発揮することで生産性向上につなげていく
と強調されました。

今後ますます働き方の多様化
進むことにより
企業の生産性向上
繋がってくることも
大きく期待できるかもしれません。

4.まとめ

今回の働き方問題は
国内だけでなく
海外でも大きな問題
となっているようです。

英国政府はコロナ問題での
ロックダウンの緩和に向けて
オフィス再開を徐々に始めているようですが
公式ガイドラインはいまだ
可能であれば在宅勤務を
と強く推奨しているようです。
英国の労働者の
76%フルタイムでの
オフィス勤務に戻りたくない
という
調査結果が出ているようです。

ですが、日本と同じく
完全なリモートワークを望んだのも
わずか17%だったようで
理想的は働き方はパートタイムベースで
在宅勤務が可能な柔軟な働き方のようでした。

通勤時間なども削減されることから
自由時間が増えたおかげで
生産性が高まった
という事例も出ているようです。

まだまだ課題はたくさんありますが
アフターコロナの働き方
世界的にどんどん変わっていきそうですね。

私も実際にコロナ問題で
テレワークを始めて経験し
働き方の見直しスケジュールの組み方
オンラインツールを用いての
コミュニケーションの取り方
など
様々な視点で学びが得られました。

不慣れで不便と感じる部分もありましたが
1つの働き方として、新しい体験を
させていただきました!

これからの新しい

Withコロナ時代』の幕開けですね!


最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

それではまた次回★

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930