1. HOME
  2. ブログ
  3. コロナ問題で爆発的に売れたもの -前年比と比較してみよう-

コロナ問題で爆発的に売れたもの -前年比と比較してみよう-

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『おかもと』です。

新型コロナウイルスに悩まされた
2020年の上半期ですが
少しずつ収束の兆しが
見えてきておりますね(^^)

ECショップにおいては
外出自粛が要請された中
売上は前年比に比べると
伸びたショップが多いようです。

この騒動で商品入荷が遅延したり
配送がパンク状態になったり…と
様々な問題も出たようです。

今回はコロナ問題で
特に実店舗やECショップで
爆発的に需要が伸びたもの
ご紹介させていただきます!


 

-目次-
1.2020年需要が伸びたもの
2.需要が伸びたワケとは?
3.同ジャンルでも売れるお店と売れないお店の違いとは?
4.まとめ

1.2020年ECショップで需要が伸びたもの

早速ランキング形式
確認してみましょう!

こちらのランキング
4月27日に公表された
4月13日~19日分」のデータとなります。

(引用元:東洋経済オンライン)

ランキング
第1位:うがい薬(前年比359.1%)
第2位:製菓材料エッセンス類(前年比251.9%)
(バニラエッセンスなど)
第3位:プレミックス製品(前年比245.5%)
(ホットケーキミックス、唐揚げ粉など)
第4位:ビデオテープ(前年比233.1%)
第5位:殺菌消毒剤(前年比228.3%)
第6位:小麦粉(前年比210.8%)
第7位:ホイップクリーム(前年比205.6%)
第8位:石鹸(前年比204.6%)
第9位:家庭用手袋(前年比202.3%)
第10位:住居用クリーナー(前年比195.3%)

ランキングを見てみると
ドラッグストアやスーパーなどでも
品薄となっている
コロナ特需品」と呼ばれるものが
上位にあがっております。

逆に以下の表は
消費が落ち込んだランキングになります。

(引用元:東洋経済オンライン)

上位にあがっている
口紅」や「日焼け止め」は
外出が自粛された影響
マスクをつけることから
需要が落ち込んだようです。

実際に私自身も
緊急事態宣言が出てから
このランキングに入っている
商品を使う頻度が
大きく下がりました。

現在はだんだんと外出の自粛も
緩和されてまいりましたが
まだまだ日常ではありませんので
時事情報をしっかりと確認しながら
今後の販促の仕方を考える
必要がありますね。

2.需要が伸びたワケとは?

需要が伸びた商品の理由は
もちろん「コロナ問題」が
大きく関わっていますね。

コロナ問題が広がってからは
コロナ特需品」だけでなく
巣ごもり消費」として
自宅でお菓子作りをするのに
製菓材料なども需要が高まりました。

また、自宅トレーニング用品や
自宅で味わえる本格グルメなど
自宅時間のグッズが大きく伸びたようです。

実際にグルメ商品を扱われる店舗様も
前年比と比べる時間もないくらい
受発注業務に追われているという
お声も伺いました。

現在は徐々に
落ち着きを取り戻しつつある
日常ではありますが
これを機に
「元に戻る」ではなく
「アフターコロナ」の
過ごし方として
需要される商品も
大きく変わってくる可能性が
ありますね。

直近で言いますと
今年の「父の日」は
「母の日」と同じく
ネット通販を利用される方が
多いと見込まれておりますので
コチラの記事にも注目です!

3.同ジャンルでも売れるお店と売れないお店の違いとは?

コロナ特需品」と言われる
マスク」や「消毒液」などは
高価で販売をしても品切れ状態が
続いていましたが
それでもやはりネット通販でも

・選ばれるお店
・選ばれないお店

はあります。
その違いは

・LPでの商品訴求
・配送までにかかる日数
・梱包や配送対応
・店舗内のページ
・メール対応 等

様々ありますが
全部ひっくるめると

接客対応“です。

コロナ問題」により
ますますこれからの未来は
オンライン」が大きく普及し
私たちの生活の中に
より浸透が増してきます。

既に私はここ数カ月で
大きく「オンライン」の利用が
圧倒的に高くなりました。

今まで実店舗のみで運営していた
企業もこれを機に
ネット通販に出店された企業も
たくさんございます。

ユーザーもこの便利な時代
検索エンジンだけでなく
様々なところから情報収集ができます。

これからの運営のためにも
接客対応“の見直しは
今のうちに行っておくべきポイント
です。

ぜひこちらの記事もご参考くださいませ(^^)/

4.まとめ

今年の春は需要された商品が
大きく変わりましたが
これを機に様々なことが
見直される期間でもありました。

アフターコロナ
向き合っていくには
同じ運営状態ではなく
しっかりと自店の見直しをして
運営をしていく必要があります。

ネット通販はますます需要が
求められる業界となりますので
今からしっかりと土台作りを
見直してみてくださいね(^^)


最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)
それではまた次回★

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031