1. HOME
  2. ブログ
  3. ECサイト構築にかかる費用はどれぐらい?

ECサイト構築にかかる費用はどれぐらい?

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

にしきたに です。

「サイト構築費用の相場ってわかりにくい」

そんなお悩みの方に、
「ECサイト構築にかかる費用」について
ご紹介します!どうぞよろしくお願いいたします。

1.ECサイト構築の流れ
2.構築にかかる費用の相場について
3.構築する前に準備しておくこと

1.ECサイト構築の流れ

実際に弊社が行っている流れについてご紹介いたします。

①ヒアリング

「楽々通販2 ネットショップ一元管理システム」
URL:https://raku2han.jp/
サイトページからお問い合わせフォームかお電話にて、お問い合わせいただきます。

お客様のお悩みごとや叶えたいことを詳しくお伺いいたします。
※出張の場合でも別途ご相談させていただき
ヒアリング可能です。

お店の目指すべきゴールや叶えたい希望について
お客様の見えない価値を私たちは見出すために
きちんとヒアリングをさせていただきます。

②御見積書作成

事前にお伺いしていた内容を基に御見積書を作成させていただきます。

③デザイン作成

※ワイヤーフレームを元にデザインを作成します。
ここで色味やデザインのテイスト・画像などを反映していきます。

※ワイヤーフレーム…「どこに」「何を」「どのように」配置するかを決める、WEBサイトやランディングページの設計図にあたるもの。

どのような情報を載せれば、お客様にとって分かりやすいのかお客様目線で買い物がしやすいデザインを提案します。

④コーディング

コーディングとは…
ソフトウェアの仕様をプログラムで実現するプログラミング作業の中で、特にプログラム設計を行い導き出された※アルゴリズムをプログラム言語を用いて符号化(code)する作業のことを指す。【引用元:コトバンク】

(※アルゴリズム…問題を解決するための方法や手順のこと。)

デザインをWEB上で反映していきます。
コーディングを開始した後にデザインを変更したい場合は、別途費用をお見積りさせていただく場合がございます。

デザイナーがプロの目線で、お客様のコンセプトや要望に沿ってデザインを作成していきます。

作成したデザインをお客様に確認していただき、
色やイメージなどの全体の雰囲気がご希望に
沿っているか、お客様としっかりすり合わせをいたします。

⑤納品

コーディングが完了し、画像や文章などに不備がないかお客様にチェックをしていただき、問題がなければ納品完了となります。

2.構築にかかる費用の相場について

弊社が行っているページ制作では、
「楽々通販2Lite」のプランを例に
参考見積金額をご紹介いたします。

制作内容、ボリュームによっても異なりますが
平均的にどのぐらいかかるかおおよその相場として
ご参考になれば幸いです。

料金プランは、月額・年払いに分かれます。

さらに、商品点数によって月額費用が異なります。

お客様のヒアリングを行う際に、
商品点数をお伺いしています。

※商品点数は毎月、
月初請求時の商品取込時の点数にて
基本料金を決定させていただきます。

※オリジナルページの作成は1店舗につき20ページまでです。20ページを超えた場合は、20ページごとにオプション追加料金2000円/毎月必要となります。

 

※オリジナルページ…
楽々通販2内で作成したパーツを
ドラッグ&ドロップで動かし
レイアウト作成できます。

PCだけではなくスマートフォンページ作成
にも対応しています。

楽々通販2Lite年払いプラン

初期費用 ¥15,000(初月のみ)
    +
年間基本料金:月額料金の12か月分
(※ご利用期間:契約日より13か月・・・1か月分は無料)

※1000点以上の商品で楽天市場でご利用の場合は、
商品一括登録サービス(月額10,000円(税別))の契約が必要となります。

※yahooショッピングでのご利用の場合は、yahooトリプルサーバー(月額3,000円(税別))の契約が必要となります。

※商品点数は毎月、月初請求時の商品取込時の点数にて基本料金を決定させていただきます。

※基本料金は、1店舗毎に発生します。
(楽天市場・yahooショッピングで同店舗のご利用の場合も、2店舗とカウントします。)

対応モールは、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」になります。

3.構築する前に準備しておくこと

最後にお客様側でご準備いただきたいものを
ご紹介いたします。

①デザインとコンセプトを決める

デザインを考えるとき…
理想の顧客像のペルソナ分析をしましょう。
具体的な顧客像が決まるとお店の方向性も
固まってくると思います。

あなたがお客様としてネットショッピングをするときは、どのようなお店だったら購入したいかという視点で考えてみてください。

コンセプトを考えるとき…
ペルソナ分析で決めた顧客像を元に、
「どのようなお客様に向けて」
「どのように商品をおすすめするのか」
「どのように商品の魅力を伝えるのか」
といったポイントで考えてみましょう。

こちらはサイト構築で最も重要なところです。

お客様の端末は、スマホやタブレットが増えているので、そちらに特化したデザインも併せて考えましょう。

 

▽▼是非こちらもご参照ください▽▼




②使用するコンテンツを決める

ECサイトに必要なコンテンツは次の11個です。

TOPページ
カテゴリページ
商品ページ
会社概要
●特定商取引法に基づく表記ページ
●プライバシーポリシーページ
初めての方向けの利用ガイド
●問い合わせページ
●会員登録ページ
●ショッピングカートページ
●マイページ

特に赤字で表記した5つのコンテンツは
他社との差別化を図れるものとなります。

③ご予算

どれぐらいご予算をかけるか事前に決めていただきます。それを基にお見積り金額をご相談させていただいています。

④熱い想い

お客様に対してどれだけの熱い想いがありますか?

「売れているECサイト」とは
「お客様を大切にしているサイト」です。
いつもお客様目線で考えていれば、
必ず売れているECサイトになります。
お客様は自分のことを大切にしてくれていると感じると、そのお店を評価してくださいます。

私たちは、ネットショップ運営を
されているみなさんの幸せを願い、
ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援しています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829