1. HOME
  2. ブログ
  3. 初心者あつまれ!ECサイトの作り方

初心者あつまれ!ECサイトの作り方

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『ますだ』です。

お正月がとても昔に感じますが、
まだ1ヶ月経ってないんですね…。

まだまだ寒い日々が
続きますが、頑張りましょう。


さて、
今回はこちら!

-目次-
1.ECサイト初心者も安心!ASPサービス
2.こだわりたい初心者におすすめ!ECオープンソース
3.EC初心者がサイトを作るときのポイント

ECサイト初心者に向けて、
今回はECサイトの作り方を
ご紹介していきます。

1.ECサイト初心者も安心!ASPサービス

「いきなり有料ツールを使うのは、
ちょっと不安…」

そんな方におすすめなのが、
無料ASPサービスのECサイト運営です。

ASPとは、
Application Service Providerです。

簡単に言えば、
”インターネットを通じて、
利用者にソフトウェアを提供している事業者”
という意味です。

そういった事業者から
提供されるサービスによって、
私達は無料でECサイトを作ることが
できるんです!

今からご紹介する、
2つのサービスはいずれも無料です。

どちらも有名どころなので、
ご存知な方も多いかもしれません。

1.BASE

好きなテンプレ―トを選び、
ロゴなどの細かい部分をカスタマイズするだけで、
ショップデザインが完成します。

基本テンプレート以外にも、
デザイナーが作った数十種類のデザインから、
選ぶことができます。

もちろん、
HTMLを使って、
オリジナルで作成することも可能です。

BASEかんたん決済や、
ショッピングアプリ「BASE」での集客、
リアルショップでの販売など、
BASEならではのサービスが豊富です。

ショップが成長したら、
あなたのショップに合わせて、
無料で機能を追加することも可能です。

無料ですが、
機能が豊富なので、
初心者にもおすすめです。

詳しくはこちら。
BASE

2.STORES.jp

こちらも無料です。

月額無料のフリープランと
月額1,980円のスタンダートプランがあります。

まずはフリープランで始めて、
ショップが成長したら、
スタンダードプランに切り替える形になります。

デザインは、
先ほどのBASEと同じく、
テンプレートをカスタマイズできます。

STORES.jpの特徴としては、
集客に効果的なInstagramとの連携や、
決済手段の多さ、セミナーなどでのサポートです。

セミナーは無料で参加できて、
商品写真の撮り方や
SEO対策・商品梱包についてなどを
プロから教えてもらえます。

右も左も分からない、
ECサイト初心者には、
とても嬉しいですね。

詳しくはこちら。
STORE.jp

2.こだわりたい初心者におすすめ!ECオープンソース

前でお話したASPサービスは、
誰でも気軽に始められる反面、
ECサイトの独自性が出しにくいです。

「オリジナリティを追求したい!」

そんな方には、
ECオープンソースでの
サイト作成がおすすめです。

オープンソースとは、
中身が無料で公開されていて、
改造・配布が可能なソフトウェアです。

無料で改造ができるので、
ASPサービスでは難しい機能を
カスタマイズでつけることも可能です。

こちらも2つのサービスを、
ご紹介します。

1.EC-CUBE

日本で一番選ばれ続けている
ECオープンソースといえば、
EC-CUBEです。

こちらも、無料で利用できます。

BASEやSTORE.jpに比べると、
カスタマイズの自由度が高いので、
自分のショップに合った機能を
つけることができます。

デザインテンプレートもあるので、
HTMLやCSSが分からなくても
安心です。

また、開発者が集うコミュニティがあり、
コミュニティ内で質問や会話ができるので、
初心者の方はフル活用しましょう。

導入には、この2パターンがあります。
・パートナーに依頼
・自分で作る

1つ目は、
インテグレートパートナー企業の中から、
所在地や得意分野・費用などを参考に
パートナーを選び、ECサイト制作を依頼する方法。

パートナー企業が決まれば、
見積もりやヒアリング・構築・公開は、
パートナー企業がやってくれます。

しかし、企業に制作依頼をするので、
もちろん、費用はかかります。

2つ目は、
自分でECサイトを制作する方法。

サーバーの準備から、
決済方法の導入、カスタマイズ、
商品登録や各種設定・公開など、
すべて自分で行います。

分からないことだらけかもしれませんが、
オープンソースなだけあって、
EC-CUBEの使い方は、
ネット上に散らばっています。

また、先ほどご紹介した
開発コミュニティで、
質問を繰り返しながら進めるのも
良いでしょう。

手間はかかりますが、
パートナー企業への依頼より、
はるかに低コストです。

詳しくはこちら。
EC-CUBE

2.Magento

こちらは、
米国生まれのECオープンソースです。

日本ではEC-CUBEですが、
海外ではMagentoが有名です。

中身はEC-CUBEと似ていますが、
アメリカやヨーロッパでの
越境ECサイトを構築される際は、
こちらがおすすめです。

Magentoは、
各国の税率に対応していたり、
多通貨・多言語に対応しています。

しかし、
やはり海外のサービスなので、
Magentoでのカスタマイズには、
英語を読み解く力が必要にはなります。

もちろん、
日本語サイトもあるのですが、
情報に限界がありますので、
上手く翻訳されたサイトを探しましょう。

詳しくはこちら。
Magento

3.EC初心者がサイトを作るときのポイント

最後に、
どのサービスを使うにしても、
意識していただきたい
ポイントをまとめました。

1.見た目より買いやすさ!

EC初心者の方がやりがちなのが、
とにかく見た目の良いデザインに
こだわることです。

しかし、
いくら見た目が良くても、
お客様が買い物しにくければ、
そのECサイトで商品は売れません。

ECサイトのデザインについては、
こちらの記事でもご紹介していますので、
ぜひご覧ください。

ECサイトを作るとき、
ふと立ち止まって、
お客様目線で考えてみると、
売れるECサイトが作れるはずです!

2.CXを重視する!

こちらも、
簡単に言ってしまえば、
お客様目線で考えることです。

CXとは、
カスタマーエクスペリエンス
(Customer Experience)の
単語の頭文字をとった言葉です。

日本語に訳すと、
「顧客体験」です!

近年は、
価値観が多様化しているので、
商品やサービスそのものだけでなく、
それらに付随する体験も重要視されています。

商品・サービス自体で
お客様に満足していただくのは
もちろん、驚きや感動を与える
体験も提供していくことが大事です。

売れるECサイトを作るには、
このCXを意識しなくてはいけません。

では、どうすればよいのでしょうか?

例えば、
梱包や同梱物を工夫してみたり、
お客様に合わせたDMを送付したり、
SNSやブログを運営してみたり…。

「どうすればお客様が
喜んでくださるか」を考えて、
ECサイト全体を運営することが、
売れるECサイトへの近道です!

こちらの記事も、
ぜひ参考にしてみてくださいね。




3.とりあえずやってみる!

ここまで、
いろいろお話しましたが、
考え込んでしまうよりは、
まずはやってみましょう!

ECサイトの利点は、
大きな先行投資なく、
小さく始められることです。

たとえ計画通りに進まなくても、
リスクが少なく済みます。

ECサイトを作ったからといって、
すぐに売れるサイトにはなりません。

なので、
「最初は売れなくて当たり前」と
いう気持ちで、始めてみましょう。

ただ、
立ち上げたことに満足してしまわず、
しっかり集客しましょう!

ECサイトを知ってもらうことが、
まずは大事です。

広告はお金がかかるので、
無料で出来るSEO対策や、
SNSの活用で、
ECサイトを広めましょう。

ぜひ、
こちらの記事をご覧ください。






いかがでしたか?

この記事が、
EC初心者のみなさまの
背中を少しでも押すお手伝いが
出来ていたなら、幸いです。

こちらの記事も、
ECサイト初心者の方向けに
書いた記事です。

3部作になっておりますので、
ぜひ読んでみてください!



最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。

また次回もお楽しみに!

以上「ますだ」でした。
それではまた!

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031