1. HOME
  2. ブログ
  3. EC運営には付加価値が必要な時代

EC運営には付加価値が必要な時代

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『おかもと』です。

先日は私ごとですが、●回目の誕生日を迎えまして
当日は社内スタッフが全員で御祝をしてくださり
今年も素敵な誕生日を迎えさせていただきました(^^)

いくつになっても御祝されるのは
嬉しいものですね!

さて、以前の記事でも
商品の付加価値 について
ご紹介させていただきました。

今回は、ECの世界以外でも
付加価値について
面白い記事を見つけたので
ご紹介させていただきます。


 

-目次-
1.付加価値とは?
2.漁業からみる付加価値の高め方事例
3.付加価値を高めるには?

1.付加価値とは?

付加価値とは

「他と差をつけるために
独自の価値をサービスや商品に付け加える」

ことを意味します。

EC業界が拡大していく中
今や他者との差をつけないと
売ることがなかなか難しい現状です。

そこでECショップだと
商品に付加価値を高めること
考える店舗様が多いかと思います。

付加価値をつけることで
高いものでも売れるものは売れるようになります。

お客様に” 有益 “と感じていただける
価値を見つけることが大事ですね。

2.漁業からみる付加価値の高め方事例

近年、漁業に異変が起きているという
ニュースをよく目にします。

地球温暖化に伴う
海水温上昇などの影響で
これまでとれていた魚が不漁になったり
とれなかった魚が豊漁になったりする異変が
日本海付近で起きているようです。

こうしたことから
産地はとれるようになった魚を
高級魚としてブランディングを図ったり
地元の新たな名産品の開発など
異変の大波の乗り切りに
躍起されているようです。

例えば今年はブリの豊漁が
北海道各地で続いたため
イカの珍味を製造販売する会社は
薫製技術を活かして
ブリの燻製「鰤薫(ブリくん)」を開発。

材料費もイカの4分の1から
5分の1ほど安く
大幅な収益に繋がっているようです。

沿岸漁業は今後
漁業者が協業して

付加価値を高める方向に向かう必要性がある

と感じているようです。

3.付加価値を高めるには?

ではECショップで付加価値を高めるためには
何を考えないといけないでしょうか。

商品やサービスの質を高めるのは
もちろんのことですが
お客様がお金を支払うのは
それがモノやサービスであろうと
ヒトであろうと
何かしらの価値を感じて購入をされます。

同様の商品で悩まれているお客様の
最後の決め手」を考えてみることが
付加価値を高めるヒントが得られるかと思います。

例えば、トップスを探している方で
他店との商品を比較検討されている
購買心理を考えてみると

・サイズ感
・デザイン性
・着こなし参考コーディネートが掲載されている
・素材感
・流行りのもの、話題性

などが比較検討材料の多くではないでしょうか。

一度自店の商品の最後の決め手となるものを
箇条書きであげてみることで
そこから付加価値を高める
良いヒントが得られるかもしれません。


 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

よろしければ参考にしてみてくださいね。

それではまた次回★

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031