1. HOME
  2. ブログ
  3. 見てもらってなんぼ!コンテンツマーケティングとは

見てもらってなんぼ!コンテンツマーケティングとは

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『ますだ』です。

本日12月7日は、
2個下の妹の誕生日です。

お祝いに、
妹の好きな曲しか
歌ってはいけないカラオケ大会が
妹主催で企画されています。

母と私は、
普段歌わない曲を必死で
練習中です(笑)


今回のテーマは
「コンテンツマーケティング」です!

-目次-
1.「マーケティング」とは
2.「コンテンツマーケティング」とは
3.見つけてもらわなきゃ意味がない!

まず、
コンテンツマーケティングの前に、
マーケティングについて、
ご説明いたします。

そして本題、
コンテンツマーケティングとは何か、
どういうものがあるか、
メリット・デメリットを紹介します。

最後に、
コンテンツマーケティングをする上で、
意識していただきたいことを、
お話させていただきます!

1.「マーケティング」とは

マーケティングという言葉の意味

そもそも「マーケティング」とは、
どういうことを意味するのでしょう?

調べてみると、
次のような意味があるそうです。

”消費者の求めている商品・サービスを調査し、
供給する商品や販売活動の方法などを決定することで、
生産者から消費者への流通を円滑にする活動。”
参考:「三省堂 大辞林 第三版」

つまり、
こういうことです。

お客様が求める商品・サービスを作り、
その情報を届け、
お客様がその価値を効果的に
得られるようにすること。

それがマーケティングです。

もっと簡単に言います。

マーケティングは、
商品・サービスの情報を
適切なターゲットに発信し、

お客様が自然に買いたくなる状態を作ることです。

ドラッカーのマーケティング論

経営学者ドラッカーが
マーケティングについて述べた、
有名な言葉があります。

”マーケティングの理想は、
販売を不要にするものである”

「もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『マネジメント』を読んだら」、
通称”もしドラ”のあのドラッガーです。

商品やサービスの情報を
適切なターゲットに発信し、
お客様が自然に買いたくなる状態を作れば、
販売行為は必要なくなります。

お客様が自ら買ってくださるので、
「買ってください」とお店側が
わざわざ働きかける必要はありません。

こういった状態を作れたら、
マーケティング大成功!
というわけです。

2.「コンテンツマーケティング」とは

では、
「コンテンツマーケティング」とは?

先ほどの話を当てはめると、
こうなります。

”コンテンツを使って、
商品・サービスを、
適切なターゲットに発信し、
お客様が自然に買いたくなる状態を作ること”

コンテンツの種類

では、
「コンテンツ」とは?

下の図をご覧ください。


参考URL:「コンテンツマーケティングとは?潜在顧客に「見つけてもらう」仕組みをつくる」

コンテンツマーケティングといえば、
ブログやメルマガが一般的ですが、
他にもこんなにたくさんあります。

どれも、
お客様に情報を届け、
自然に買いたくなってもらうために
活用されるものです。

どのコンテンツも、
「ちょっと見てみようかな」と
お客様が思いやすいものだと
思いませんか?

コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

コンテンツマーケティングには、
次のようなメリット・デメリットがあります。

まずはあえて、
デメリットからご紹介します。

デメリット
・手間と時間がかかる
・即効性が低い
・リーチ力が弱い

ブログで考えてみましょう。

まず、
ブログを書くのには、
手間と時間がかかります。

さらに、
ブログを書いても、
すぐには効果が出ません。

しかも、
ブログがバズらない限り、
効果の範囲は狭いです。
(リーチ力が弱い)

このようなデメリットによって、
なかなかコンテンツマーケティングに
手を出せない店舗様も
いらっしゃるかもしれません。

しかし!
コンテンツマーケティングには、
それ以上にメリットがあります!

メリット
・潜在顧客と接点が持てる
・マイナー商材を広めやすい
・双方向コミュニケーションで、顧客の本音が聞ける
・顧客のニーズが育てられる
・顧客のロイヤリティが高まる
・専門家としてのブランディング
・長期的な費用対効果が高い

大きなメリットとしては、
まだ見ぬお客様にアプローチできること、
顧客ロイヤリティが高められること、
長期的にコスパが良いこと…ですね。

再び、
ブログで考えてみましょう。

まず、
ブログを更新することで、
商品・サービスを購入する前の
お客様と接点を持てます。

また、
お客様のニーズに合った情報を
提供することで、自社に
信頼感・安心感を持ってもらえます。

これが顧客ロイヤリティが
高まるということです。

顧客ロイヤリティについては、
こちらの記事をご覧くださいませ!

さらに、
記事を蓄積していくと、
検索ワードに引っ掛かりやすくなり、
検索エンジンからの評価も上がります。

手間も時間もかかりますが、
こんなにメリットがあるのだから、
長期的なコストパフォーマンスは
高いですよね!

どうでしょう?

コンテンツマーケティング、
できる気がしてきませんか?

しかし、
コンテンツマーケティングは、
やるだけでは意味がありません。

一生懸命コンテンツを作っても、
お客様に見てもらわなければ、
全く意味がありません!

3.見つけてもらわなきゃ意味がない!

思い出してください。

マーケティングは、
商品・サービスの情報を
適切なターゲットに発信し、

お客様が自然に買いたくなる状態を作ることです。

お客様に発信して、
見つけてもらわなければ、
お客様が自然に買いたくなる状態は
作れません。

では、どうすれば、
コンテンツを見つけてもらえるのでしょう?

次のような方法が考えられます。

お客様にコンテンツを見つけてもらう方法
1.ペルソナでターゲット絞る(適切なターゲットに発信)
2.カスタマージャーニーを活用(自然に買いたくなる状態をイメージ)
3.SEO対策(検索で見つけてもらいやすくする)
4.発信する(メール・SNS・ホームページ)

まず、
作ったコンテンツを誰に届けるか、
ペルソナを考えてみましょう。

ペルソナ分析については、
こちらの記事をご覧くださいませ!

次に、
カスタマージャーニーを活用しましょう。

カスタマージャーニーとは、
”「お客様が顧客化するまでのプロセス」のフレームワークです。

どうすれば、
お客様が自社商品やサービスを、
自然に買いたくなるかを考えます。

カスタマージャーニーについては、
こちらの記事をご覧くださいませ!

さらに、
見つけてもらいやすくするために、
検索されやすくしましょう。

SEO対策です。

SEO対策については、
こちらの記事をご覧くださいませ!

最後は簡単。

作成したコンテンツを、
メールやSNS・ホームページなどで、
ターゲットのお客様に向けて、
発信しましょう。


さて、いかがでしたか?

コンテンツマーケティングで大事なのは、
見つけてもらうこと!

そしてできれば
作る本人も楽しみながら
作れるのが理想です。

みなさまもぜひ、
コンテンツマーケティングに
チャレンジしてみてくださいね。

コンテンツマーケティングに
関する、過去の記事を
こちらにまとめましたので、
興味がある方はぜひご覧ください。




今回もお読みいただき、
ありがとうございました。

「ますだ」でした!
それではまた!

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031