1. HOME
  2. ブログ
  3. スモールマス市場が急成長中?!

スモールマス市場が急成長中?!

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『おかもと』です。

早速本題に入りますが
『スモールマス市場』
ご存知でしょうか?

本日は現在急成長中の
『スモールマス市場』について
ご紹介させていただきます!


 

-目次-
1.スモールマス市場とは?
2.急成長を遂げた訳
3.成功事例

1.スモールマス市場とは?

スモールマス市場とは
「私だけの一品」を求める
消費者の需要をつかみ
拡大している市場のことです。

特に化粧品美容製品などの
需要が拡大しており
その生産を請け負う
黒子役の企業が急成長をしています。

日本だけでなく
「日本製」を作りたい
中国企業からも
委託拡大があり
化粧品の受託生産企業は
4年で約4割も増えたようです。

2.急成長を遂げた訳

『スモールマス市場』は
大量生産のマス商品(大量生産商品)では
満足できない
消費者のニーズを
SNSなどで拾い上げ
急成長をしてきました。

中国人などの
訪日客のニーズが拡大したことも
急成長をとげた要因です。

また生産ラインは
少量多品数に対応するため
柔軟な対応ができます。

▽▼SNSの記事についてはコチラ▼▽

3.成功事例

ヤッホーブルーイング

クラフトビールメーカーの
ヤッホーブルーイングは
SNSのフォロワー『ファン』と呼んでいます。

そのファンのニーズや意見をデータ化
商品開発マーケティングに活かしています。

ターゲットを徹底的に深く絞り込むことで
一部のクラフトビール愛好家から熱い支持を得ています。

I-ne

植物由来『ボタニスト』
のシャンプーで有名な会社です。

2015年当時はまだメジャーでなかった
Instagramを活用し
メインターゲットである
20代女性への周知や訴求に成功しました。

さらに購買データを分析
今年3月には
顧客が自分好みの商品を特注できる
『マイ・ボタニスト』を販売しました。

顧客が自分の好みの商品を選ぶのではなく
企業が顧客のニーズに沿った
商品を作るという仕組みになっているのが特徴です。

上記の成功事例をみていると
スモールマス市場の成功の鍵は
顧客のデータを活用するということですね。

EC運営においても
自身のオリジナル商品を販売されている店舗様は
SNSなどを用いて顧客データを分析してみることが
成功への近道ではないでしょうか。

今後も『スモールマス市場』に注目していきます!


 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

それではまた次回★

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930