1. HOME
  2. ブログ
  3. 自宅用の『宅配ボックス』を検討

自宅用の『宅配ボックス』を検討

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『おかもと』です。

ラグビーワールドカップも
昨日で終わりを迎えましたね。

日本代表もBEST8まで進み
非常に白熱した試合を
毎回楽しく拝見しておりましたので
終わってしまうと寂しい気持ちです。

野球もクライマックスシリーズと
スポーツの秋、楽しく観戦させていただきました(*^^*)

さて、先日はアマゾンジャパンの
置き配サービスの拡大 】についてご紹介させていただきました。


今回はその後の
アマゾンジャパンの動きについて調査いたしました。


 

-目次-
1.自宅用の宅配ボックスサービス
2.【 置き配 】についての消費者の心理
3.今後のアマゾンジャパンの動き

1.自宅用の宅配ボックスサービス

アマゾンジャパンのジェフハヤシダ社長は

自宅用の宅配ボックスの
サービスの検討をしている
と日経新聞の取材で話されたようです。

アマゾンジャパンは現在
自宅の玄関などに荷物を置く
置き配サービス 】を拡大しており
先日、岐阜県多治見市で
大規模な置き配サービスを標準とする
実証実験を行いました。

欧米に比べ
家屋の狭い日本の住宅事情
盗難破損などへの
消費者の懸念の払拭に
繋げたい考えとしています。

2.【 置き配 】についての消費者の心理

置き配については
先日も記載させていただいた通り
まだまだ消費者の不安心理が根強い傾向にあります。

郵便受け最大手ナスターの調査によると
置き配に不安を感じる
とこたえた消費者は74%でした。

盗難の不安はもちろん
配送伝票の個人情報
見られることへの抵抗も大きいようです。

私はまだ【 置き配 】を利用したことが
ありませんが
上記同様【 置き配 】に対して
個人情報の件なども含め
少々不安を感じる部分はあります。

安全に商品を受け渡すことの課題は
まだまだ残るようです。

3.今後のアマゾンジャパンの動き

アマゾンジャパンのジェフハヤシダ社長は
まず【 置き配の利用データの分析 】を
優先させるとしたうえで
【 自宅用の宅配ボックス 】について
考えていかなければならないと取材で話しています。

アマゾンジャパンは
物流への投資加速させています。

9月にコンビニや駅への
宅配ロッカーの整備をはじめ
最新のロボット技術を使った
物流倉庫の設置も進めているようです。

また個人の運送業者に
宅配を委託する
アマゾンフレックス 】も一部エリアで開始しました。

常に先手を打っていく
アマゾンの動きに今後も注目ですね。


最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

それではまた次回★

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930