1. HOME
  2. ブログ
  3. シニア世代のネット通販事情

シニア世代のネット通販事情

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『おかもと』です。

ネット通販と言えば
若い世代が利用すると思われがちな
ところがありますが、
現代は【 シニア世代 】の利用も増えてきております。

各スーパーでも
ネットスーパーを実施しているところは
たくさんありますよね。

それだけ今や需要があるということです!

先日、下記の記事でもシニア層について
取り上げられていました。

今回は【 シニア世代 】
(こちらでは60代以上をシニア世代とさせてもらいます)
のネット通販事情について調べてみました!


 

-目次-
1.シニア世代向け、インターネットの利用傾向
2.シニア世代のネット通販利用率
3.シニア世代のネット通販での商品の選び方

1.シニア世代向け、インターネットの利用傾向

生活者のさまざまな情報が
【 ID連携 】によりシングルソース化された
インテージの「生活者360°Viewer」から
インターネット利用者のサイト利用について
60代と10代~60代平均のデータ比較をみてみましたところ

利用率上位のサイトの顔ぶれには
下記が並んでいました。

【ポータルサイト】
・Yahoo!
・Google
【3大ECサイト】
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Amazon
【SNS】
・LINE
・FaceBook
・Twitter

また【 シニア世代 】は
3大ECサイトの中で
Yahoo!ショッピング 】の利用率が
高いようでした。

これは、ポータルサイトから直接アクセスができる手軽さ
多くの人が親しみを持っているという点で
高い可能性があるようです。

また3大ECサイトの利用率は
全世代の平均以上とあり
今後さらにこの世代の利用率が伸びる傾向にあります。

2.シニア世代のネット通販利用率

総務省の「家計消費状況調査」によると
65歳の高齢者世帯の
ネットショッピング利用率は
2007年の7.0%から11年間で
約3倍にまで伸長しました。

これはスマホの普及化が進み
スマホを使いこなす高齢者が
大きく増えたということも伸長した理由の1つのようです。

インターネットの利用率は
10代から40代でほぼ100%
50代で90%ですが
60代ではまだ70%にとどまっています。

ですが、スマホの利用率は
全世代上昇もしており
高齢者社会が進んでいる時代ですので
将来的に【 シニア世代 】の
【 ネット通販利用率 】が
大きく影響を与える存在になると言われています。

また、現代はスマホ主流の時代ですが
【 シニア世代 】に至っては
ネット通販を利用するにあたり
依然パソコンもスマホと同程度の重要なデバイスであるようです。

ですので、ターゲットがシニア世代のECショップであれば
PCとスマホの両デバイスのページ対策
必要ということになりますね。



3.シニア世代のネット通販での商品の選び方

では【 シニア世代 】はネット通販で商品を購入する際
どのような点で購入を決めるのでしょうか?

【 シニア世代 】は
実際に自分で試すより
良いものを” 自分で選んで発見していきたい “
という意識が強くみられ
口コミへの関心は低いようです。

そして先日、SNSの記事をご紹介した際に
わくわくするような見た目や
SNS映えするデザインなどを考えることも
ポイントとしてご紹介をさせていただきましたが
そういった関心も低い傾向にあります。

またSNSの影響で
商品を購入するというケースもなようです。

【 シニア世代 】が商品に求めているものは
基本的な機能や品質がしっかりと保証されている商品を購入する
ということが調査結果でわかりました。

特徴として
気に入ったものは長く愛用する傾向があるようですので
一度商品やお店のファンになってもらうと
リピーターとして再来店してくださる可能性も非常に高いですね。


 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

これからの日本のECショップは
シニア世代の利用率もどんどん増えていきますので
ターゲットがあてはまる店舗様は
シニア世代向けの対策も必須ですね。

それではまた次回★

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031