1. HOME
  2. ブログ
  3. ユーザーの利便性と環境問題に考慮。LOHACO Water

ユーザーの利便性と環境問題に考慮。LOHACO Water

みなさんこんにちは。

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト運営での黒字化を支援する

もなか」です。

本日はグッドデザイン賞を受賞したECならではの商品についてご紹介します。

-目次-
1.グッドデザイン賞受賞【LOHACO Water】
2.評価の理由とは?
3.ECショップが取り組む社会問題

1.グッドデザイン賞受賞【LOHACO Water】

LOHACOについては以前も新商品LOHACO BREADでご紹介したのでご存知かと思います

今回はLOHACOが2018年7月から販売している【 LOHACO Water 410ml 】が
グッドデザイン賞を受賞しました。
スリムなボトルが特徴で、バックに入れてもかさばりにくく
持ち歩きに便利な女性が飲みきれるサイズとなっています。

水のモチーフをエンボスで表現し、
ブランドのクリアなイメージを担保した
EC商品ならではの商品として高い評価を受けています。

2.評価の理由とは?

このペットボトルにはラベルがありません。
ラベルの代わりに必要な情報はボトルキャップの天面シールに記載し、
詳細はQRコードからWebサイトの商品ページを確認できる仕組みに変えています。
Webサイトに誘導すれば自然と他の商品も見ることになりますし
一石二鳥といったところでしょうか。

ラベルをなくすことにより、
ペットボトルを処分する際にはがして分別する手間が省ける消費者の利便性と、
世界的に問題視されているプラスチックごみの消滅を支持する両面性があります。

商品を使い終わった破棄する行動まで考えられているペットボトルは
これまでにもいくつかありましたが、
ラベルをなくしてしまうというのは新しい試みですね。

ボトル本体に水が生まれる過程の
「滝」「雫」「霧」「雪」を4種類8柄をエンボス加工。
女性のオフィスワーカーをターゲットに
自然豊かな群馬県嬬恋村をイメージしています。

1箱に20本入っており、ECでの輸配送を前提に開発。
箱の側面がA4サイズよりも小さく、段ボール箱の底面に収まるサイズにすることで、
一緒に注文した日用品などとともに1箱での輸送が可能
これにより配達効率が改善されco2の削減など
プラスチック以外の環境問題にも考慮した仕組みを作っています。
配送する時の状況や自身のショップの特徴から考えて
まとめて発送ができるサイズを開発する目線は大切ですね。

3.ECショップが取り組む社会問題

LOHACOでは以前ご紹介したLOHACO BREADなど、
ただ新商品を開発するのではなく、
様々な社会問題にも考慮した取り組みを行っています。

LOHACO BREADでは、消費期限が短いパンを届けるサービスを開始するにあたって、
フードロス」問題に言及し、
注文分だけを配送日当日に解凍して 届けるサービスを採用し、
利用者と一緒に「廃棄ロスゼロ」に取り組んでいます。

こういった環境問題などに取り組むことでクリーンな印象を与えることができ、
ブランドに対するイメージ自体が
プラスなものであると認識されるようになります。
まだまだECショップにおいて環境問題について考慮した運営は少ないです。

今後のネットショップ社会で利用者が増加していくことを考えると、
環境問題など社会問題への取り組みの姿勢で商品自体の魅力だけではなく
どういった理念や考え方をもっているのかなども
マーケティングとして活用していくべきポイントとなるのかもしれませんね、

それでは、また。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031