1. HOME
  2. ブログ
  3. バズらせる投稿の共通点とは?

バズらせる投稿の共通点とは?

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『おかもと』です。

以前【 バズマーケティング 】の記事を
書かせていただいたのは
ご覧いただけましたでしょうか?

本日は” バズ “を起こしている
投稿の共通点について
調査をしてみましたので
ご紹介させていただきます(*^^*)


 

-目次-
1.バズらせると起こる効果とは?
2.バズらせる共通点とは?
3.まとめ

1.バズらせると起こる効果とは?

現代は、ユーザーが広告塔となる
新しい宣伝方法の時代です。

特に若年層世代には
web広告よりもSNSのシェアや口コミに
信憑性を抱く傾向にあります。

そのため
インフルエンサーマーケティングを
活用して自店の商品をバズらせると
一気に認知度が上がり集客に繋がります。

ECショップですと

バズらせる=認知を多く作ること
を目的としてください。

そこから転換率アップはまた別の戦略で考えましょう。

2.バズらせる共通点とは?

では、バズらせるお店や商品には
どんな共通点があるでしょうか??

インパクトのあるキャッチコピー

今年、話題になった
姫路セントラルパークのキャッチコピー。

『 日本一心の距離が遠いサファリパーク 』

SNSなどでシェアされ
認知度が大きくアップしたのはまだ記憶に新しいですよね。

これは自虐的なキャッチコピーですが
やはりインパクトのある
キャッチコピーはシェアされやすい傾向があります。

キャッチコピーを考える際は下記もご参考にどうぞ。

自店のターゲット層は
今どんなものに反応を示すのか?

SNSやテレビなどの
豊かな情報源から調査してみると
シェアされやすいキャッチコピーが生まれるかもしれません。

接客対応

瞬時の拡散率が最も高い
といわれるTwitterでは
お店の対応や同梱物などが
シェアされ大きく拡散されている光景もあります。


ユーモアある対応や心のこもった同梱物など
自店でできる強みを見つけて、
ユーザーの心に残る対応をすると
思わぬところで拡散されることもありますよ。

3.まとめ

バズらせるにはまず

受け手のユーザー側に響くもの

を考え、配慮もしながら考えてみてくださいね。

またSNSでユーザーが
自店の商品をアップしてくれていたら
リツイートコメント
入れてみても良いかもしれません(^^)

こういった

1人1人に対する接客

を意識することで
思いもしなかったバズが起きることもありますよ!

ただし、リツイートやコメントは
時間を決めて特定の方だけにするのではなく
順番に行うなど対策は考えてくださいね。


 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

それではまた次回★

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031