1. HOME
  2. ブログ
  3. 無意識に意識してしまう カラーバス効果とは

無意識に意識してしまう カラーバス効果とは

皆さんこんにちははじめまして

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

「さとう」です。


前回「カクテルパーティー効果」についてご紹介しました。

今回はカクテルパーティー効果と類似の

カラーバス効果についてご紹介していきます。

-目次-
1.「ラッキーカラーは紫!」 紫を意識する
2.「呼びかけられている」という認識

1.「ラッキーカラーは紫!」 紫を意識する

さて、カラーバス効果とは?

簡単に言うと
ある特定のものを意識し始めると関連情報が自然と目に留まりやすくなる心理効果
のことです。

例えば、占いで「今日のラッキーカラーは紫」だったとすると、
いつもより紫色のモノに目がいく、というような経験はないでしょうか?

これは、「ラッキーカラーは紫」ということで
「紫に意識をむける」という情報が脳内に張り巡らされ、
いつも以上に紫に注意が向いていることから起こります。

このことから、
人は自分が見たいもの・関心がある物に対して無意識に意識するという傾向ある
ということがわかるかと思います。

カクテルパーティー効果の「視覚」バージョンと思えばわかりやすいかと思います。

ちなみに「カラーバス」は英語で「colorbath」。
直訳するとcororは「色」bathは「浴びる」つまり色を浴びるということになります。
意識している事柄に関して、自然とそれに関する情報が集まってくるという意味でもあります。

2.「呼びかけられている」という認識

人は関心がある物に対して無意識に目が行きます。

例えば、ターゲットとしてしるユーザーが求めている情報に
置き換えてみて下さい。

どんなターゲットで、そのターゲットは何を求めているのでしょうか?

この時に大事なのは「自分に向けて呼びかけている」
ユーザーに認識させることです。

カクテルパーティー効果でも紹介しましたが、ここでも3つの属性を活かしていきましょう。

1:ジオグラフィック(地理的属性)   読み手の住所、周辺環境、勤務地を考慮した呼びかけ
例:大阪梅田周辺にお住いのあなたへ


2:
デモグラフィック(人口統計的属性) 読み手の年齢、性別、職業、役職、学歴、家族構成などを考慮した呼びかけ
例:5人家族にぴったりなお家みつけます


3:
サイコグラフィック(心理的属性)  読み手の目標、現状、悩み、信念を考慮した呼びかけ
例:月収300万をめざす方へ

カラーバス効果の活用

また、カラーバス効果を使うとこういったことの他に、多くの場面で活用できます。

カラーバス効果を使うと何かを意識したら、自分の目に映る景色が変わる
といわれています。

例えばユーザーをひきつけるモノを売り出したいとき。
「ユーザーの望む情報は何か」と意識することで、より良い効果を期待できます。

また、新しいアイディアが必要な時も発送方法として活用できますよ(^^)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それではまた( ´∀` )ノ

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031