1. HOME
  2. ブログ
  3. ECショップの広告の種類と使い方

ECショップの広告の種類と使い方

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『おかもと』です。

早速本題ですが
ECショップで、良いページを作り
いくら良い商品を売っていても
お店に来店してきてくれるお客様がいないと
いくら良い商品でも売れません。

集客でまず施策を考えるとしたら
恐らく広告が出てくるかと思います。

今回はECショップでの
広告の種類と使い方をまとめてみました。


 

-目次-
1.ECショップの広告の種類と使い方
2.広告の種類と使い方
3.SNSの広告

1.ECショップの広告の種類と使い方

ショップを運営していると
様々な集客方法で販売戦略をします。

例えばコストをかけずに集客となると

・SNSを使う
・メルマガを配信してみる

などになりますが
時にはコストをかけて広告を出すことも大切です。

広告と言ってもEC運営において
様々な訴求の仕方がありますので
次でご紹介させていただきます。

2.広告の種類と使い方

リスティング広告

最も費用対効果を上げやすいと言われる広告です。
GoogleやYahooで検索した
キーワードにヒットすると画面に出てくるものです。

クリックされて初めて課金となるので
少額予算からの広告運用が可能です。

また、リスティング広告で
GoogleとYahooのどちらかを決める際は
ターゲットユーザーの属性によって決めるべきなのです。

Googleアナリティクスなどを使って調査をすることが大事です。

ディスプレイ広告

サイトを開いた際に
サイドバナーやスマホの下部に出てくる
バナーのようなものが
ディスプレイ広告と呼ばれています。

興味のあるテーマのサイトにバナーが表示されるので
ユーザーとの親和性も高くCV(コンバージョン)
しやすい傾向にあります。

リマーケティング広告

ディスプレイ広告の一種で
自社のECサイトにタグを設置することで、
一度ECサイトに訪れたユーザーをバナーで追い続けます。

ディスプレイ広告とは違い
自分が一度訪れたところが表示されるので
ディスプレイ広告よりも
費用対効果が高い
と言われております。

アフリエイト広告

サイトやブログ
スマホアプリに広告を掲載してもらい
その広告経由で
売上などが発生した場合に成果報酬を支払う仕組みです。

よくフォロワーの多いSNSユーザーが
されているのを見かけますね。

WEB媒体広告

集客力のあるWEBサイトに
自社商品の宣伝をしてもらうページのことです。

関連検索ワードで上位にいるページの場合は
相当のCV数を稼ぐことが可能です。

3.SNSの広告

Face Book広告

特徴としては、
登録ユーザーのプロフィール情報などを
元に広告配信先を細かく設定出来るところです。

詳細な設定ができるので
マッチしたターゲット層だと
高い集客を見込むことができます。

Twitter広告

Yahooのプロモーション広告内から出稿が可能です。
広告費用は表示されたツイート広告が
クリックされた場合にのみ
費用が発生するクリック課金方式です。

ツイート広告の表示そのものには
料金が発生しないため
ムダな費用がかかりません

Twitter世代が
ターゲットのショップは効果が高まりそうですね。

LINE広告

SNSの中で1番
利用率が高いのがLINEです。

LINE関連の様々なコンテンツに広
告配信をすることが出来ます。

SNS広告は、サイトへのCVだけでなく
アカウントの“フォロー数”や”いいね!”を増やすこともでき
他の広告よりもユーザーとより親交の深い
繋がりを築くことができます。

『SNS』の記事についてはコチラ▼




 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

広告 】と言っても、様々な種類がありますので
自店に合う広告を活用して
集客アップを目指してみてください(^^)/

それでは次回また★

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30