1. HOME
  2. ブログ
  3. 購入に関する調査!若い年代ほど販売を意識

購入に関する調査!若い年代ほど販売を意識

みなさんこんにちは。

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト運営での黒字化を支援する

もなか」です。

お盆休みがあったこともあってかあっという間に8月が終わり、
9月がスタートしましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?
秋は個人的にイベントが多い季節なので今から準備に忙しいです。

今回は「購入」という行為における最近の傾向についてお伝えしますね。


株式会社ジャネットシステムのマーケティングリサーチに関する情報サイト
「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」にて
「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(19年7月度)」について発表されました。

17~69歳の男女1100人を対象にインターネットで調査が行われました。

この調査で注目すべき点が10~30代の4割が、
【商品購入時に中古品として売却することを意識している】と回答しました。
結構衝撃な数字のように感じましたが、
メルカリやラクマなどのCtoCが発達した現代ならではといったところでしょうか。

売却を意識

売却を視野にいれて商品を購入することがあるのか調査したところ、
・よくある…9.2%と ・ときどきある…25.3%の合計で、
34.5%が「売却を意識する」と回答しました。

更に年代別で見てみると、
・10代…46% ・20代…47% ・30代…45.5%
・40代…36% ・50代…24% ・60代…14%となってます。

30代までの層は売却を意識する傾向があることが判明しました。

値段が高いもの程売却を意識

売却を意識して購入することがあると回答した人の中でも、
「意識した場合は意識しなかった場合に比べて購入単価が高い」と答えた人は50.4%
年代別でみると、
・10代…58.7% ・20代…58.5% ・30代…52.8%
・40代…38.8% ・50代…47.9% ・60代…35.7%といった結果になりました。

SNS映えを意識

他の質問項目では、
「SNS映えを意識して、商品を購入することがあるか」という質問に対して
意識して購入することがよくある」「意識して購入することがときどきある」との合計で
15.7%が「意識する」と回答。
年代別に見てみると、
・10代…30% ・20代…30.5% ・30代…18.5%
・40代…9.5% ・50代…7.5% ・60代…5%となり、若年層では約3割を占めました。

またSNSを意識した時は意識しなかった場合に比べて
購入金額が高くなる人の割合(購入単価が高いことが多い・購入単価が高いことがある)が
78.5%という結果になりました。

さらにSNSを意識して購入した商品は
・汚さないようにしようしている…48.1% ・箱などの付属品も残している…42.9%
・手入れをこまめにしている…40.3%など
他の商品に比べて丁寧に取り扱っている傾向があるそうです。


SNS映えを意識すると購入単価が高くなる傾向があるというのは
長持ちする商品だけではなく消耗品でも納得するところがありますね。

近年のブームであるタピオカドリンクも600円前後とお高めです。
写真に映えることが最優先事項となっていたら多少単価が高くても
手を出しやすいという事でしょうか。
今回の調査ではCtoCに関するものでしたが、
別の捉え方をすればターゲット層に合わせた商品の単価やブランディングにおいて
使える資料となり得るかもしれませんね。

それでは、また。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30