1. HOME
  2. ブログ
  3. 最近流行り?!インフルエンサー・マーケティングとは?~相性のいいSNS~

最近流行り?!インフルエンサー・マーケティングとは?~相性のいいSNS~

皆さんこんにちははじめまして

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

「さとう」です。


前回は「インフルエンサー」「インフルエンサー・マーケティング」について
紹介させていただきました。

↓前回の記事はこちら↓

SNSといえば、「Instagram」「Twitter」「YouTube」が筆頭かと思います。

それぞれ「拡散」する力はありますが、投稿の仕方・拡散のされ方など
違いがあります。

利用するSNSと宣伝したい商品・サービスとの相性を考えなければ、
思ったような効果は出ません…

インフルエンサー・マーケティングを始める前に、
それぞれのSNSの特徴を把握しておきましょう!

今回は「SNSごとに相性の良い商品・サービス」について
ご紹介していきます。

-目次-
1.Instagram
2.Twitter
3.YouTube

1.Instagram

「インスタ映え」という言葉からもわかるように、
Instagramは写真の投稿がメインとなるSNSです。
写真映えした商品やサービスが向いています。

また、メインのユーザーは10~30代の女性が多いので、
その年代の女性が興味を持つようなファッションやコスメ、
グルメや旅行などのコンテンツはInstagramと相性が
いいでしょう。

ただ、InstagramはURLは記載できますが、
そのURLから直接サイトへ遷移ができませんので、
他のSNSより拡散性が低い点に注意が必要です。

ユーザーに直接サイトへ来てもらう、などの行動を促すよりも、
「こういう商品・サービスを行っている」という
認知度UPを狙う・イメージ向上を目的に投稿するのもいいかと思います。

2.Twitter

Twitterの大きな特徴は「拡散性の高さ」です。

投稿に対して「いいね機能」の他に、
Twitterには「リツイート機能」があるので、多くのユーザーに
情報が届きやすい特性があります。

動画や画像の埋め込み、URLのリンクもできるので、幅広いコンテンツの
宣伝が可能です。
そのため、キャンペーンやイベントなどの認知度UPとも相性がいいです。
(よく大手コンビニや飲食店がTwitterをつかってキャンペーンなどを
していますね)

ただ、拡散性が高いので、炎上などのトラブルを起こさないよう
注意しましょう。

3.YouTube

続いては「YouTube」です。
YouTubeは様々な世代が視聴できる世界最大の投稿サイトです。

YouTubeで起用されるインフルエンサーは、
「YouTuber」として活躍している人たちが一般的ですね。

他のSNSとは異なり、映像や音声に特化しています。
そのため、商品・サービスの魅力、情報を余すところなく伝えることができるので、
様々なコンテンツと相性がいいです。

コスメやゲームなどは、実際にインフルエンサーが使用している
映像を見てもらう事で、より購入後のイメージが持ってもらいやすく、
ユーザーの購買意欲を高めてくれます。


インフルエンサー・マーケティングでは、

●商品イメージにあったインフルエンサー
●商品にあうSNS
●PRする商品

が大事となっていきます。

商品のイメージとPRするインフルエンサーにイメージの差がある場合、
ユーザーは違和感を抱いてしまいます。
「この人こんな商品(サービス)いつもは紹介しないのになぜ‥?」
「この商品紹介してるけど、ヤラセなのかな‥?」
企業自体にもあまりいいイメージを持ってもらえなくなります。

利用するSNSも、ターゲットにするユーザー層が多いSNS、
商品・サービスにあったSNSをうまく利用していきましょう。

参考になりましたら幸いです。

それではまた( ´∀` )ノ

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031