1. HOME
  2. ブログ
  3. メルマガ配信で気を付けるべきこと

メルマガ配信で気を付けるべきこと

みなさんこんにちは。

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト運営での黒字化を支援する

もなか」です。
突然ですがみなさん「メルマガ」って配信されてますか?
ネームバリューを広げて新規のお客様をゲットしたり、
既存のお客様に情報を提供するのに便利なメルマガですが、
配信をするにあたって気を付けなければならないことをまとめていきますね。

-目次-
1.オプトイン・オプトアウト
2.迷惑メール防止法
3.メルマガの配信方法

1.オプトイン・オプトアウト

まずみなさん「オプトイン・オプトアウト」という言葉はご存知でしょうか?

英語でそれぞれ「opt in」「opt out」となります。
opt」の意味は、選ぶ、選択する、決める などです。

オプトインとは、
企業が電子メールを使ったダイレクト・メールを送る際に、事前にユーザーの承諾を得ることを指します。
つまりメールを受け取る側が同意をしていることを意味します。
日本では、「迷惑メール防止法」によって
オプトイン規制が導入されており、受信者の承諾を得ずに広告・宣伝メールを送ることが禁止されてます。

オプトアウトとは、
「メール配信を停止してほしい」と申し出があった場合、その相手に対しての
メール配信を停止・解除を行うことを指します。
配信側はメール配信停止・解除方法や送信元の情報など、
特定事項をメール本文に記載する義務があります。
ユーザーから解除してほしいと申請があった場合は、以降配信を原則行ってはいけません。

また、メールを配信する前に相手の意思を確認することを「オプトイン方式」といって、
メールを配信した後にユーザーの意思で受信拒否をしてもらうことを「オプトアウト方式」といいます。

2.迷惑メール防止法

前に少し述べましたが、2008年に
迷惑メール防止法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)」が改正され、
これまではオプトアウトメールでも、
件名に「未承諾広告※」と書けば違法とはなりませんでした。

これにより原則として広告・宣伝のメールは、
オプトインしたユーザーにしか送ってはいけない決まりとなりました。
ちなみに、改正迷惑メール防止法に違反した場合、
1年以下の懲役または100万円以下の罰金(法人の場合3000万円以下の罰金)
課せられることがあります。

3.メルマガの配信方法

ではこの法律を考えたうえで、メルマガを配信していくためにはどうしたらいいでしょうか?

メルマガ配信を希望するか否かの選択ができる項目を設置しておくことが吉でしょう。
初めから「受信する」にチェックを入れておく仕様にできますが、
ユーザーの意思で解除できるようにする、また「すべてのチェックを解除する」などの選択肢は
残しておく必要があります。

また、お問合せフォームなどにメール配信の同意を含めた個人情報の取り扱い項目を
設ける事が一般的でしょう。

オプトアウトのやり方としては、メールの文末に配信停止用のリンクを設けましょう。
配信停止機能が無いのであれば配信停止を申し出ることのできるように
メーラーを立ち上げるようにしておくことでも同じ効果があります。


善意のメールが迷惑メールとならないように気を付けましょうね。

それでは、また。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031