1. HOME
  2. ブログ
  3. ECショップの繁栄に不可欠な『LTV』とは?

ECショップの繁栄に不可欠な『LTV』とは?

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『おかもと』です。

先日は七夕でしたね(^^)

百貨店やスーパーなどでも
笹飾りが素敵にしてあり
短冊に願い事を自由に書けるように
設置されているところも多いですね!

私もバッチリ願いごとを書きましたが
みなさまはお願いごとされましたでしょうか?


先日『顧客ロイヤルティ』について
ご紹介した際に【 LTV 】というワードを
あげさせていただきました!

『顧客ロイヤルティ』についてはコチラをどうぞ


その際にポイントとしてLTVから考える
とあげておりましたが
本日はその【 LTV 】について
わかりやすく簡単にご紹介させていただきます。

-目次-
1.LTVとは??
2.LTVの計算方法
3.LTVを高めるためにはどうしたらいいのか??

1.LTVとは??

【 LTV(ライフタイムバリュー) 】とは
日本語にすると顧客生涯価値と呼び
1人の顧客が取引期間を通して
企業にもたらす利益(価値)を合計したものを指します。

わかりやすく言いますと
「お客様がお店のサービス、商品を利用することでお店に入ってくる売上」
ということです。

 

 

 

 

 

新規顧客を獲得も大切な販促ですが
新規顧客獲得には広告などのコストが非常に大きくかかります。
このコストをかけてもなかなかリピートに繋がらない
とすればこのコストはどうやって回収すればいいのでしょうか??

それは【 LTV 】を高めることです。

繰り返し購入してくれるリピーターを増やし
リピート率をあげていくことがEC運営を成功させるポイントになります。

2.LTVの計算方法

では、LTVはどのように算出するのでしょうか?

LTV=平均顧客単価×粗利率×年間利用回数×平均利用年数

EX)
平均顧客単価 3000円
粗利率 90%
年間利用回数 5回
平均利用年数 2年

3000×0.9×5×2=27000


例えば上記の場合ですと
1人の顧客を獲得できれば
27000円の収益が見込めることがわかります。

LTVを意識することで
将来の店舗の利益がある程度明確にできるため
CPA(新規顧客コスト)も考えやすくなります。

3.LTVを高めるためにはどうしたらいいのか??

ではLTVを高めるためのポイントをご紹介します。

顧客1人あたりの単価をあげる

1.商品のセット買い、ついで買い
2.よりグレードアップした商品のおすすめ

例えば、あと何円で送料無料などと
顧客に送料のお得感を伝えるのも1つの手法です!

リピート率をあげる

1.商品に付加価値をつける
2.充実した内容のステップメールやアフターフォローメールでお店の信頼感を築く

ただ商品が良いだけではECショップ自体の印象は残りにくいです。
次もこのお店で買いたいと思わせることを意識した接客が大事です!

それぞれの顧客に合った対応をする

1.メールの内容を変える

ECショップで特別感を出すのに
1番ユーザーに感じていただける場所と言えば
メールの対応になるかと思います。

例えば、リピーターの方には
「またのご購入誠に嬉しいです!ありがとうございます」などと
一文添えるだけでも、受け手側は「覚えていてくれたんだ!」と感じ
お店の対応に気持ち良さを感じられます。
そういった細かな対応がリピート獲得に大きく繋がっていきます。


LTVについて、理解いただけましたでしょうか?(^^)
LTVを高めることで
新規顧客獲得のCPAも考えやすくなるので
お店の利益計算がしやすくなります。
ぜひ一度、LTV の計算をしていただき
今後のお店の繁栄に繋げていただけると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ一覧