1. HOME
  2. ブログ
  3. 予測して先回り! BEAFの法則ー1ー

予測して先回り! BEAFの法則ー1ー

皆さんこんにちははじめまして

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

「さとう」です。

先週、数カ月ぶりに映画館で映画を観てきました。
やはり大きな画面でみると迫力があってよいですね。
(ちなみにプロメア見てきました。後日談が欲しいです。)

今まで「いずれレンタル出るし別に映画館で観なくてもいいかな」と
思っていたのですが、突然「映画館で観たい」という頭になってきました。

7月~8月にかけても面白そうな映画が上映されるので、
前売り券買おうか考えています(^-^)


以前、「AIDMAの法則」「AISASの法則」をご紹介いたしました。

今回は「BEAF(ビーフ)の法則」についてご紹介していきます!

↓過去の記事は下記のリンクからどうぞ↓



 

-目次-
1.先回りして商品紹介!
2.「BEAFの法則」とは

1.先回りして商品紹介!

買い物する時、まず
「この商品ってどんなものだろう」と商品の詳細について知ろうとしませんか?

似たような商品が数種類目の前にあったとして、
「この中で特に優れている点」がある商品を買いませんか?

実際の店舗での買い物だったら、気になることがあったら、
そこにいる店員さんにすぐに聞けますが、ECショップではなかなかそうはいかないです。

けどもしできたら?

購入者が気になっていることや疑問に対する答えが
先回りしてページに記載されていたら、
購入者の疑問も晴れて、「買おうかな!」という
気持ちが湧き上がってくるかもしれません。

「BEAFの法則」を使うとこんな
「購入者が考えていること」に対し、先回りして情報を伝えることができます。

2.「BEAFの法則」とは

「BEAF(ビーフ)の法則」と言っても牛ではありません。
(牛は「beef」ですね)

「BEAFの法則」とは、縦長の商品ページを作る際に使える法則です!

B enefit(購入メリット) :商品購入後のイメージを伝える
E vidence(論拠)     :人気の商品・サービスという事を伝える
A dvantage(競合優位性) :自社商品の方が良いことを伝える
F eature(様々な特徴)  :背中を後押する

この4つの要素の頭文字をとって、「BEAFの法則」と呼ばれています。

上記でも紹介した通り、「BEAFの法則」は
「購買者が考えていること」に対して「先回りして情報を伝える」ことができます。

「BEAFの法則」の構成ポイント

Benefit(購入メリット)
購入するメリットを伝えましょう!
購入者によって、その商品を購入する理由は違います。
その商品が購入者にどのようなメリットを与えるのかを想像してみましょう。
想像できたら、それを一目で瞬間的にわかるように、
写真やキャッチコピーなどを使って表しましょう!

Evidence(証拠)
次に証拠です。
「この商品て本当にそんなにいいのかな‥?」そういった
疑問を先回りして解決しておきましょう。
口コミや実際その商品を購入した方のレヴュー、ランキングなどの
入賞実績などを表示してみましょう。
また、「これだけの人が買っています!」など購入者の数を示して、
「こんなにたくさんの人が買っているんだ」と
商品に対しての安心感を伝えるのもいいですね。

Advantage(競合優位性)
「けど他にも似たような商品てあるからなぁ…」
そう思う購入者もいます。
類似品に対して優位な点を探しましょう。
もし、類似品との差異が見つからない場合などは、
「期間限定!」「先着何名」など、紹介する商品に対して
特別を演出するのもいいかもしれません。

Feature(様々な特徴)
ここまできたらあとは購入者の背中を押すだけです。
商品の特徴やサイズや素材、細かい情報や、
その商品のポイントとなるような情報を表示していきます。

実際の店舗では、店員に聞けば済むようなことも、
ECショップではそうはいきませんので、細かく情報を
伝えましょう。


この様に、購入者が求めている答えを先回りして解決していけば、
購入者も求めている答えが得られて、安心して購入まで進みます。

参考になりましたら幸いです。

それではまた( ´∀` )ノ

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ一覧