1. HOME
  2. ブログ
  3. ショップのブランディング戦略~梱包に一工夫を~

ショップのブランディング戦略~梱包に一工夫を~

みなさま、こんにちは!

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

『おかもと』です。

ECショップでお買い物をされたことのある方は
たくさんいらっしゃるかと思いますが
みなさんは印象に残っている梱包ってありますか??

私は以前、楽天市場のお店で猫の首輪を自宅用に購入しました。

購入の際に、特にラッピングなどもお願いしていなかったのですが
ギフトのような丁寧な可愛い梱包と中に
可愛い猫のハガキに手書きの添え文が入って届いたことがあり
とてもほっこりさせていただいたことがあります(^^)
これぞ『 心のこもった接客だ 』と感じました。
商品も満足でしたが、それ以上にお店の対応に大満足し
2回目もリピート購入させていただきました!

恐らくほとんどのショップが
梱包は茶系のダンボールや袋に
納品書や返品交換シートと一緒に
商品は緩衝材などに包まれて傷まないように同封されている
というかたちかと思います。

商品が気に入ればそれはそれで満足なのですが
果たしてお店の印象は残りますか??

答えは『 No 』の方が圧倒的に多いでしょう。

これは、店舗側はリピーター獲得の
チャンスを大きく逃していることになり
非常に勿体ないことをしてしまっています。

そこで今回は他者との差別化がはかれる1つの手法として
梱包に着目してみましょう。


 

-目次-
1.梱包でなぜリピーター獲得に繋がるのか??
2.梱包のポイントとは??

1.梱包でなぜリピーター獲得に繋がるのか??

ECショップはリアルショップとは違い
お客様がweb上で商品を検索し購入されます。
購入後はモールやお店からサンクスメールから始まり
すべての接客対応がよほどのことがない限り
メールでのコンタクトとなりますよね。

実際にお客様が直接手に取り
目にするのは商品受け取り時
となりここが1番商品購入をリアルに実感できるタイミングです。

直接手で触れたり目で見たりする印象というのは
人間の心理的にとても強く残ります。
そのタイミングでお店のブランディングのアピールをできるのが梱包となります。

ですので、ここで他者との差別化がはかれるポイントとなります。

では次に梱包のポイントをお伝えさせていただきますね。

2.梱包のポイントとは??

お店のオリジナル溢れる温かみのある梱包は
実際、私が体感したようにきっと届いたお客様の心にも響くはずです。

では印象の残る梱包の工夫ポイントとはどのようなものでしょうか??

ショップのオリジナルダンボール

清潔感のあるホワイトカラーのダンボールに
ショップロゴが入るなどすると好印象です。

これだとショップ名も目で確認ができるので
お客様にもショップの印象づけができます。

テープ止めの配慮

配送途中に開かないように、とキッチリと止めてあるテープ。
でもいざ開けるときに簡単に開かずに
ハサミやカッターを用意することはよくあることです。

横着な私は中の商品にまでハサミを入れてしまった経験もあります。
ものすごく凹みました。笑

特に女性はネイルをされていたりする方も多いので
開けやすいように端を少し折っておいたり
キリトリ線のあるダンボールなどもいいかもしれませんね(*’▽’)

同梱物でひと工夫

お店のおすすめ商品をまとめたチラシや
購入商品のおすすめの使い方などのパンフレットなどが
一緒に入っているとお店の信頼感や商品の回遊性アップに繋がったりもします。

手書きのメッセージを添える

お客様が直接手に取る初めての機会が商品受け取り時になります。
中を開けて手書きの添え文が入っていると
お店とお客様の距離感が縮まりますよ。
手書きは人の温かみを感じられるので
好印象を与えてくれます。


いかがでしたでしょうか?

梱包もれっきとした一種の販売戦略となり
リピーター獲得に大きく繋がります。

ぜひ自店の梱包を今一度見直してみるのもいいかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031