1. HOME
  2. ブログ
  3. リピーターが増える?UX・UIとは何か?ー1ー

リピーターが増える?UX・UIとは何か?ー1ー

皆さんこんにちははじめまして

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト経営での黒字化を支援する

ミュージカルや舞台にどっぷりはまっている
「さとう」です。
この前初めて行った幕張メッセでのミュージカルの映像がネット配信販売されるようになり、
観なければならない…という使命感が生まれています。

今回私が紹介させていただくのはこちら
「UX(ユーザーエクスペリエンス)」
「UI(ユーザーインターフェイス)」
です。
この二つは、ECショップにおいてシステムやデバイス、
デザインだけの話ではなく、実際にECショップに関わる運営者等
各方面から注目されているキーワードです。


 

-目次-
1.UX・UIとは何か?
2.UX・UIをどう使えばいいのか?

1.UX・UIとは?

そもそも「UX」「UI」とはなんだろうか…?と
思う方も多いかもしれません。

「UX」とは
正式名称「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」、
「UI」とは
正式名称「User Interface(ユーザーインターフェイス)」
と言います。

UX利用者(ユーザー)が商品やサービスを通じて得られる「体験」を、
UI利用者(ユーザー)とコンピュータとの間で情報を
やり取りするための「操作方法・接点」
のことを指します。

この二つ、簡単に言ってしまえば
UXは購入者が感じる「使いやすさ」や「楽しさ」などの感情
UIは購入者が操作する際に目に触れる部分、使用する部分ということです。

2.UX・UIをどう使えばいいのか?

UXはユーザーが得る「体験」、
UIはユーザーとコンピュータとの「操作方法・接点」ということは
ご説明しました。

では、このUX・UIはECショップではどう使えばいいのか?

・ECショップにおいてのUXとは

「商品が探しやすい」「決済がしやすい」
「問い合わせの返信が早い」などが挙げられます。

ユーザーが商品が探しやすいようにしたいなら、
検索バーなどをページの目立つところに配置。
決済がしやすいようにしたいなら、
クレジットカードや代金引換などの他の決済方法を利用してみる。
問い合わせに対して返信を早くしてみる。
などしてみたら、ユーザーにとってのUXは高まると思います。

また、広告バナーなどを利用して
ユーザーに思いもしない商品との出会いを演出するのも
ありかと思います(^^)

・ECショップにおいてのUIとは

「どこでも誰でも操作できる」が挙げられるかと思います。
最近では、スマートフォンから商品を購入する人が増えてきたといいます。
そういったユーザーのためにも、
どのデバイスでも(スマートフォンでもPCでも)閲覧できるようにサイトを
編集したりしてみるのもいいかと思います。

また、「誰でも操作しやすい」点を考慮したら、
子供用の商品を取扱っている場合、小さな子供にもわかりやすい言葉、
ひらがなを利用して、親と子の両方が商品を確認できるような工夫をしたり、
小さくて画質が粗い画像などを使用しない、
などしてみたりするのもありですね。

(明確なターゲット(購入者)がよくわからない、
わからなくなってきた、という方は↓↓をクリック)


ECショップにおいてのUX・UIは、
単にデザインなどの見た目だけでなく、
「購入者がそのECショップに対してどう感じるか、満足したか」を
考える事が大事かと思います。

購入者の立場になって、UX・UIを考えていくことで、
リピーターが増えていくECショップになれるかと思います。

参考になりましたら幸いです。
UX・UIについて、またそれぞれ深堀させていただきます。

それではまた( ´∀` )ノ

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ一覧