1. HOME
  2. ブログ
  3. 検索上位になる為に。サイト作りで気を付けるべき対策一覧!-その2-

検索上位になる為に。サイト作りで気を付けるべき対策一覧!-その2-

みなさんこんにちは。

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト運営での黒字化を支援する

もなか」です。

先日に引き続き検索上位になる為に欠かせない、サイト作りで気を付けるべき点、
つまりGoogleの検索アルゴリズムについてまとめていきますよ。

本日は検索上位になるために気を付けるべき事柄をまとめていきますよ。

-目次-
1.検索上位の仕組み
2.ページで意識するべき要素

1.検索上位の仕組み

大切な事なので何度も掲載していきますね。

皆さんもご存じのGoogleでは
ユーザーファーストを掲げており、
検索のランキングは
信憑性の高さ(そのサイトを信用してもよい度合い)と、
検索キーワード(ユーザーの疑問に対して求めている情報を提供できているか)
を評価の一つとしていると言われています。

日本国内で使っている人が多い検索エンジンである
Yahoo!はGoogleの検索技術を利用しています。
検索エンジンとは
インターネット上で情報を探すときに使用するシステムのことです。

つまり、GoogleとYahoo!の検索結果はほぼ同じになります。

「ほぼ同じ」ですから違う点もいくつかあります。

Googleは先ほど述べたようにユーザーファーストですので
パーソナライズ検索」と言って
過去に閲覧したサイトやユーザーの位置情報によって
検索結果を変えています。

Yahoo!ではYahoo!が提供しているサービスにより接触してもらうために
上位にYahoo!ニュースやヤフオクといったものを表示しています。

これらのことを踏まえて大まかに言えば
Googleで検索上位になれば
必然的にYahoo!でも上位になります。

2.ページで意識するべき要素

ページを作成する時に意識した方が良いなぁという点をまとめていきますね

・タイトルにキーワードを

タイトルに含まれるキーワードは大変重要な役割を果たします。
内部検索において最も優先度が高いと言ってもいいくらいの要素です!
適切なキーワードを選択することが重要です。

キーワード選びについてはこちらの記事もご参考ください

・タイトルの先頭あたりにキーワード

タイトルを決めるときにキーワードを盛り込むことが重要ですが、
特に先頭付近に盛り込むと効果的です。
また検索結果を見たユーザーがクリックしやすくなる傾向もあります。

・H1タグ

H1タグにはタイトルを入れましょう。
タグの大きさによって内容の重要度が決まる傾向があります。
かといってあまり大きなタグを乱用すると信頼性に欠けると
判断される可能性もあるので、H1タグはタイトルのみに使用しましょう。

・H2,H3,H4タグ

H2・H3・H4、これらのタグにはキーワードを入れましょう。
H1タグほどではありませんはこれらも関連性を示す要因となります。

・コンテンツ

コンテンツ内にキーワードを散りばめる、かつ、
コンテンツの先頭から200文字以内にキーワードを含ませることが効果的だとされています。

・画像・動画

画像や動画などのコンテンツはサイトの質を高める要因になります。
また、画像のファイル名、alt属性、画像周辺の文章を
整えることが重要です。

・類似コンテンツ

サイト内に似た内容のコンテンツが複数あるとサイトの評価が下がってしまう可能性があります。
対処方法としては rel=”canonical”で正規化すると良いです。

・キーワード

キーワードの順番(語順)は完全に一致している方が関連性が高いと判断されます。
またキーワードの密度はランキングに影響はありませんが、
あまりに不自然に詰め込みすぎるとマイナス要素になる可能性があります。

また、メタディスクリプションを空白にしない、
キーワードを盛り込むことも大切な要素です。

・量

コンテンツの量が多いほど上位になりやすい傾向があるみたいです。
日本語の場合は4,000文字以上が目安です。

・人が編集する

一見「ん?」となる内容ですが、
Googleでは自動生成コンテンツやスクレイピングなどのコンテンツファーム対策を行っています。
人の手によって編集されたかどうかを判断することができるようです。
検索順位に関係するか否かは定かではありませんが、
頭の片隅に入れておくといいでしょう。

・リンク

「質の高いサイトは質の高いサイトへリンクする」という考えの元、
質の高いサイトへのリンクを貼ることは信頼性を高める要因となる可能性があります。
ですがリンクが多すぎるとページランクの流出やユーザー体験の低下などの悪影響がありますし、
貼るリンク先の内容は関連性のある内容にする必要があります。

・URL

URLの中にあるキーワードはランキングに影響します。
ちなみに日本語ドメインのキーワードもプラスに影響するようです。

またURLの長さは直接的にランキングには影響しませんが、
あまりに長いと検索結果でのクリック率が低くなる可能性がありますので
間接的に影響があります

・タイムリーな話題

最新の情報ほど上位に表示されやすくなる傾向があります。
「最近の出来事や注目のトピック」「定期的に発生するイベント」「繰り返し更新されるもの」
の3点のケースがあります。
毎日更新できるものはコツコツ更新していきましょう。


本日はここまで。
まだまだ要素がありますので引き続きまとめていきますね。

それでは、また。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ一覧