1. HOME
  2. ブログ
  3. SNSで無料宣伝!特徴を活かした使い方

SNSで無料宣伝!特徴を活かした使い方

みなさんこんにちは。

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト運営での黒字化を支援する

もなか」です。

今年も暑くなるみたいなので夏本番がやってくる前に
夏バテ防止策としてまずは食べるものから改善を始めました。
酸味のあるものとビタミンをしっかりとるよう心がけています…!

本日はちょっと息抜きなSNSに関するお話しです。
以前4回にわたりSNSについてご紹介しました。




その記事の中で
企業ソーシャル・パワーランキングについて
ちょこっとご紹介したのを覚えていますでしょうか?

企業ソーシャル・パワーランキングでは
各企業のSNSのソーシャルパワーをランキング形式で掲載しています。
こちらでは全てではありませんが、
SNSを利用している企業の動きを見ることができます。
登録者数エンゲージメント率投稿数などを見ることができます。

SNSごとに利用者層が違うので
それぞれに合った内容を書くように心がけましょうとお伝えしましたが、
改めてこちらのサイトで眺めてみるとなかなか面白い結果になっていました。


まずこちら北欧家具で有名なIKEA。
商品を組み合わせたイメージ写真とともにピクニックグッズの紹介をしています。

FacebookとInstagramの一番人気の投稿は同じ内容です。
しかしよく詳細を見るとFacebookではちょっとお固めな紹介をしていて、
Instagramではビジュアルに観点を置いた内容で紹介しています。
これだけでもSNSによって同じことでも
内容を変えていることが分かりますよね。


こちらはユニクロ
それぞれの媒体で一番人気の投稿が異なります。

Facebookは今年の夏の着こなしについての内容で
Twitterは某眼鏡探偵とのコラボ、
Instagramはワイドパンツの紹介の投稿です。
「各SNSで利用者層が違うから人気投稿も違うのかな?」と思ったのですが
実はそうではないのです。

ユニクロはそれぞれの媒体で全く違う内容を投稿しているのです…!

Facebookでは商品の紹介の他に「気づきの扉」という番組の紹介をしています。
この番組はユニクロの一社提供で、
「何かを生み出し、時に人を成長させる“気づき”のストーリー」を紹介しています。
番組に提供しているにもかかわらず、Facebookでしか
マメにその情報を公開していません。
また、季節に合わせたコーディネートの特集はここでしかやっていません。

TwitterではFacebookに投稿されるような内容の商品紹介もありますが、
キャラクターコラボの特集が多くみられセールやイベントの告知も頻繁にあります。
また「〇〇の日」などの旬なワードに敏感な投稿も行っています。

Instagramは写真に特化した媒体ですので
日々投稿される内容も写真を活かしたものになっています。
他二種類の投稿と違い、スタイリッシュで統一性のある写真の投稿になっています。

各SNSのユーザー層に合わせて
内容を変えていくというのは中々一筋縄ではいかないものです…
こうして見比べることで企業努力が伺えますね。


ではここで改めて各SNSの利用者層の復習をしましょう。

Facebookは20代30代利用率が高いですが、
他のSNSと比較すると40~60代の利用率が高い点が特徴です。
ですのでFacebookを活用している企業やショップも
大人向けな戦略が立てられているように思えます。

Twitterの利用率は10代20代が多いので、
親近感が沸くツイートで心の距離を縮めているのが特徴です。
ラフな文体でも許されるのがTwitterの利点だと思います。

InstagramはFacebookと変わらない普及率ですが、
10代20代のおしゃれに敏感な層が多く、
最も重要なのがブランドコンセプトです。
他のSNSと違い写真が最重要事項ですので
統一感が求められます。


それぞれどんな使われ方をしているのかが見えて面白いですよね。
無料だからこそ活用の幅が広い各SNSに合わせた戦略を立ててみてください。

それでは、また。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930