1. HOME
  2. ブログ
  3. 自分と向き合うことで「なぜ?」を発見。なぜ?から考えるゴールデンサークル理論

自分と向き合うことで「なぜ?」を発見。なぜ?から考えるゴールデンサークル理論

サイモンシネック-優れたリーダーはどうやって行動を促すのか

こんにちわ
ネットショップ運営が活性化し、
EC事業の黒字化を実現する、田中です。

長かったGW
結婚式に参列し、
平成が令和になり、
少し遅めの厄払いに出かけ、

後半は、
研修・海外視察。

まぁ、ゆっくりする時間も
あんまり取れなかったわけですが、、、

気持ちを切り替えて、
仕事モードで進めていこうと思います。

常に振り返りを行い、いまの自分と向き合う。

ここ数か月の間、
いいことも悪いことも含め、
自分と向き合う時間をたくさん作るきっかけができました。

その中で、
普段の生活で、だんだん向き合うことが少なくなっている「会社」とも
向き合うきっかけがたくさんありました。

究極は、
「なぜ、会社(法人)を立ち上げたのか??」
「なぜ、人を採用したのか??」
というところまで至ってしまった。

今、振返ってみると、
起業当初は、
この「なぜ」を明確に持っていなかった気がします。

「なんとなく、法人のほうが良いっていう話を聞くから!」とか
「なんとなく、仕事が回らないからそろそろ採用しないと」
こんな形の成り行きで仕事を進めていた気がします。

起業当初は、テレビショッピングとグラフィックデザインとの融合した
WEBページ制作(当時は勝負ページといった)でとてつもなく忙しくなり
人材採用を行うことに。

はじめは、
「立ち上げたばかりの不安定な会社に来てもらってありがとう!」と思いながら、
面接をしていた為、まともな選考もしてなかったのではないか?と、
振り返れば感じることが多々あった。

もちろん、求職者には「なぜ、この仕事をやっている」という明確なものを
伝えることもなく、仕事の内容ばかりを話して採用を行っていた気がします。

WHY?なぜ?から考える、ゴールデンサークル理論

「なぜ、この仕事をするのか?」という
ビジョンやコンセプト(理念)を
明確にすること、
しっかり伝えること、
ビジョンやコンセプトに対し、共感を得ること、
これこそが、
会社がお客様に対して、
リーダーが部下に対して、
やっていかなければならないこと。

ゴールデンサークル理論

サイモン・シネック「優れたリーダーはどうやって行動を促すのか」
ゴールデンサークル理論とは、2009年にサイモン・シネック(Simon Sinek)氏が
「TED Talks」でプレゼンした「優れたリーダーはどうやって行動を促すのか」で提唱した理論で
Why→How→Whatの順番で物事を考えるというフレームです。

ゴールデンサークル-

多くの人々は皆、
ゴールデンサークルの外側から物事を伝える。
What→How→Why

What:何を    私は会社員です。
How:どうやって  エンジニアとして自社サービスの開発をしていますか?
Why:なぜ     ・・・・

What:何を    素晴らしいスペックのパソコンが誕生しました。
How:どうやって  美しいデザイン、動画編集をしてもサクサク動く素晴らしいスペックです。
Why:なぜ     ・・・・

Appleに熱狂的ファンが多い理由とは?

ゴールデンサークルの内側から物事を伝える。
多くの人々は、なぜ(Why)に心が動かされる。
Why→How→What

Why:なぜ     我々のすることは全て、世界を変えるという信念で行っています。異なる考え方に価値があると信じています
How:どうやって  私たちが世界を変える手段は、美しくデザインされ、簡単に使え、親しみやすい製品です
What:何を    こうして素晴らしいコンピュータが出来上がりました。一ついかがですか?

会社をよくしていく、部下との関係性をしたい。
そういった思いがあるなら、
まずは、徹底的に時間をかけて、
「Why?なぜ」を考え、伝える準備をしましょう!

本日もありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ一覧