1. HOME
  2. ブログ
  3. 簡単!アイキャッチ画像作りのコツ

簡単!アイキャッチ画像作りのコツ

20190418_monaka_アイキャッチ

みなさんこんにちは。

ネットショップの活性化を目指し、
ECサイト運営での黒字化を支援する

もなか」です。

前回の記事で

大変そうに感じるアイキャッチ画像も
基本を知ることで簡単に作ることができましたよね。

今回は基本の作り方から発展をして
アイキャッチ作りのコツをご紹介します。

-目次-
1.記事の内容にあったアイキャッチ画像にしよう
2.SNSを意識しよう
3.明るい色でまとめよう
4.フォントを変えてみよう

1.記事の内容にあったアイキャッチ画像にしよう

アイキャッチ画像と記事の内容が全く関係のないものだと
せっかく足を運んでもらってもすぐに離れちゃいます。

記事の内容にあった画像選びが大切です。
初めて書いた記事で使用したこのアイキャッチ画像も


「桜」を例題で取り上げているので
背景に桜の写真を使いました。(ちなみに今年の春に撮影した桜です)

2.SNSを意識しよう

記事ではバッチリ見えるアイキャッチ画像も

TwitterやFacebookでシェアされた時には
大切な部分が切れちゃう可能性があります。

このブログ内でも正方形に切り取られちゃっていますよね。

「重要な内容は中心に配置する」


こちらを意識してみましょう。

3.明るい色でまとめよう

背景がごちゃごちゃしていたり全体的に暗かったりすると
「何を伝えたいのか」がパッと見た時に分かりませんよね。

悩んだ時は

「白」

を意識してみるといいかもしれません。

過去に私が作ったアイキャッチ画像は
全て白を意識して作成しています。

イメージに合った画像が暗くて文字が見えにくい時は
加工をしてみましょう。

例えばこちらの画像を使いたい時、

そのままだとちょっと暗いですよね。

実際に加工をしてみましょう。

まず写真の上に図形の四角を置きます。


色を白に変更して右上の透明度を下げます。

これだけで印象が随分変わったと思いませんか?

また、色身を変えたい時はグラデーションを置いてみるといいですよ。

以前の競合調査の記事で使用したアイキャッチ画像では
白とピンクのグラデーションを使用しました。


上が加工前で下が加工後です。
加工の仕方によっても印象が変わります。

4.フォントを変えてみよう

せっかく文字を入れても読みにくかったら意味がないですよね。
パッと見た時に分かるようにする必要があります。

背景の色に合わせて文字の色を変えてみたり、
フォントの大きさや種類を変えてみたり……

私は【Round M+ 1p Black】 や 【M+ Heavy】 【チェックポイント】などの
太めのフォントを好んで使っています。

ちなみにネットショップの集客に繋がるキーワードのアイキャッチ画像では
主張したいワードは大きくして平仮名は小さくするなど
フォントのサイズをワードごとで変えています。


上がデフォルトで下がサイズをそれぞれ変更した後です。

少々面倒ではありますがちょっと手を加えるだけで
印象はガラッと変わりますよ。

ほんの少し意識するだけでアイキャッチ画像のクオリティが
グッと上がりますのでみなさんどうぞお試しあれ。

それではまた。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年4月
« 1月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ一覧