1. HOME
  2. ブログ
  3. ネットショップの受注作業の課題ー注文金額修正

ネットショップの受注作業の課題ー注文金額修正

受注処理がパンク

こんにちわ。ネットショップ運営の活性化と、
EC事業の黒字化を支援する、田中です。

昨日は、受注処理は伴うが、
客単価や転換率が改善される販促商品の作り方の
お話をしていました。

しかしこういった企画販売は、
売れそうな気がするが、
大きな課題があって、
販売に踏み切れないショップが多々ありました。

その課題とは何か?

こういった企画販売は、注文処理作業が増えるからやりたくない。

ということでした。

ネットショップの受注作業の課題ー注文金額修正

例えば、
2本セットの商品を販売しているにも関わらず、
お客様が単品商品を2個購入されたとき、
割引処理をするかどうか?
自社ではいかがでしょうか??

お客様が気付かれてお問い合わせがあれば
もちろん、割引処理をする。
しかし、お客様が気付かれなく、
そのままお問い合わせががなかったら、、、

そのままの金額で購入してもらう。
こういったショップが多いことは間違いないです。

でも、もしお客様の立場であれば、
このショップの対応どう思いますか??

いちいちそこまで見てられない。とか、
見つけられなかったお客様が悪い。とか、
大切な顧客対応をショップ都合の対応している
ケースがよくあります。

私も「その課題は改善をしたほうがいいですよ!」って
アドバイスを何度か試みたいこともありますが、
事務処理が増えて大変になるから、今はできないです。

とバッサリ切られることも多かったのです。

おもてなし接客が大切で、
せっかく獲得したお客様を顧客化していくのであれば
絶対的に、こういった細やかな対応は出来たほうがいいかと思います。

こういった細やかな対応が、
大規模ショップではなかなかできない
顧客対応の差別化を図れるところです。

課題解決されているネットショップはどうしているのか??

全てのショップがそうかというと、
それはもちろん違うわけで、
売れてる店だから「コストをかけれるんですよ!」
って、思われがちですが、そんなことは全くありません。

売れる前から、そういった対応をしていた結果
「今、売れるお店になっている」

というところのほうが多いです。
では、どうやっているのか??
最初は、人海戦術で何とかやっていました。

もちろん、SALE時期はパートナー会社を使ってでも、
きっちり対応しているショップもありました。

「出来ない」といって、決めるけるのではなく
何とかチャレンジする会社もあるということです。

楽々通販2でも受注処理機能の中で対応可能です。

直近では、弊社が開発している楽々通販2のような
一元管理システムもあって、
オプション対応の金額修正を
自動処理をすることも可能となってきました。

楽々通販2-受注管理(オプション料金自動計算機能)

こういった単純作業をシステム化し、
顧客対応力を上げ、販促企画の幅が大きくなる。
そうすることで、EC事業が黒字化していくことが目的で
システム構築してきました。

是非、参考にしてください。

本日もありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年1月
    4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ一覧