1. HOME
  2. ブログ
  3. 初詣で気付く、ネットショップ黒字化への大きな第一歩

初詣で気付く、ネットショップ黒字化への大きな第一歩

先ず感謝、次に誓願

新年あけましておめでとうございます。

ネットショップ運営が活性化し、
EC事業の黒字化を願う、田中です。

年末年始は、沖縄で過ごしました。
琉球八社の一つ波上宮
初詣は琉球八社の一つ「波上宮」へ
参拝者の行列

決して大きな神社ではないからか、
とてつもない参拝者の行列に驚きました。

EC業界の更なる発展を祈願

ここで、2019年がEC業界にとってよい年になるよう、
しっかり祈願する予定でしたが、、、、

先ず感謝、次に誓願

「先ず感謝・次に誓願」

初詣は、お祈り「祈願」しに行くものだと、
40年間、思い込みしていた私は、大きな気付きを得ました。

先ず感謝・次に誓願

神様も頼るだけではなく、
「必ず成し遂げようと定めた誓い」を述べる。
要するに他力ではなく
自力で進めないといけないと深々感じました。

EC業界の更なる発展を神様にお願いするのではなく、
EC業界の更なる発展のために尽力します。ということを
神様の前で誓うんだということを知りました。

ネットショップ運営でも同じことが言えてませんか?

特にショップ運営の一部を業務委託している会社にありがち。
コンサルティングやページデザインやコールセンター、出荷代行
など、EC事業の業務支援をする会社はたくさんあります。

私も、13年間ネットショップ支援をして来ました。
ページデザインから商品企画、販促企画、広告出稿まで
ネットショップのフロント業務はたくさん経験してきました。

その経験の中で、
お客様(店舗運営者)には大きな差があることがわかりました。

「売れる」ネットショップと「売れない」ネットショップの明らかな違い

「支援企業に任せきりになっていませんか??」

もちろん、知識や経験は豊富な支援企業の
アドバイスを聞くことは大切です。
ただ、そこに完全に依存している店舗と
「自力で店舗は作りたい。」って思い、
運営している店舗は明らかに違います。

どんなショップにしたいのか??
どういったお客様とビジネスをしたいのか?
ショップのお客様にはどうなってもらいたいのか??

当たり前のことですが、
ショップを作っているのは、支援企業ではありません。
店舗運営者自身です。

ですから、
支援企業に「わからない」「出来ない」から
お願いしているんです。
みたいな、「依存」スタンスではなくて、
わからない、出来ないことは、学び続け、
自分たちの力に変え、
「自立・自律」スタンスで
店舗運営を進めていただければと思います。

是非、ネットショップ黒字ラボをご活用ください

私が14年間、ネットショップ支援を経験し
その中で学んだこと、培ってきたことを、
包み隠さず、どんどんアウトプットします。

2019年 EC業界にとって良い年になることを
誓願して!

ありがとうございました。

関連記事

おすすめの虎の巻

最近の虎の巻

カレンダー

2019年1月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ一覧

月を選択